19, Apr 2018

連載「都市空間と自律的文化へのアプローチ
――マンチェスター・ジン・シーン・レポート」(全4回)
第4回:ソーシャル・スペース〈パルチザン〉から見るジンとスペースの潜在力

村上 潔(女性史研究者)

〔トム・ガレスピー:〕私は、〈パルチザン〉を都市のコモンズ(共有地)の一例として理解することが可能だと考える。なぜならそこは、都市のなかに存在する、すべての人によって所有されるスペースだからだ。誰もがそこに来て、参加して、スペースを形づくることができる。そして自分たちが望むものへと変貌させることができる。〈パルチザン〉は、マンチェスターにいるあらゆる人のものだ。それゆえ、たくさんのスペースが商品化され、私有化され、どんどん地価が高騰して富裕層向けの排他的な空間となっている一つの都市(マンチェスター)の状況にあって、その存在はきわめて重要だと私は考える。(Illingworth 2018)

連載第4回(最終回)となる今回は、前回(本連載第3回)紹介した《ジン・クラブ[Zine Club]》の会場であるソーシャル・スペース〈パルチザン[Partisan]〉に焦点を当てる。その活動形態・理念や存在意義を確認することを通して、以下の2点を明らかにしたいと思う。

①都市における空間(スペース)の構築と、ジンに代表される自律的文化の実践は、どのように結びついているのか。②その結びつきにはどのような必然性があり、そこにはいかなる可能性・潜在力が見出せるのか。

この作業は、本連載を通して見てきた諸事例がもつ意味を、マンチェスターという都市の枠を越えた普遍性をもつものとして位置づける試みでもある。その成果は、京都で活動する私たちが実践的に参照しうるものとして、役立ってくれるはずだ。


村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi
村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

1976年、横浜市生まれ。湘南経由、町田市育ち。
2002年から2005年まで、『remix』誌(アウトバーン)に、主に映画・音楽に関する記事を寄稿。その後、『音の力 〈ストリート〉占拠編』(インパクト出版会)、『VOL』誌(以文社)などに寄稿。
2009年、立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。現在、立命館大学衣笠総合研究機構(生存学研究センター)客員研究員、神戸市外国語大学非常勤講師、立命館大学産業社会学部非常勤講師。専門は、現代女性思想・運動史。
著書に『主婦と労働のもつれ――その争点と運動』(洛北出版、2012年)など。現在の主たる研究テーマは、フェミニスト・アーカイブ活動(Feminist Archive Action)、フェミニスト・ジン・シーン(Feminist Zine Scene)、ジェントリフィケーションと女性コミュニティ(Gentrification and Women's Community)。

著者紹介ページ

村上潔
(arsvi.com:立命館大学生存学研究センター)
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm

AMeeT Column

「京都の女性運動と「文化」 第1回(全3回):序論――女のスペース〈シャンバラ〉の活動から」
http://www.ameet.jp/column/column_20140505/

「京都の女性運動と「文化」 第2回(全3回)――〈シャンバラ〉以後、1980年代のリブ運動」
http://www.ameet.jp/column/column_20140708/

「京都の女性運動と「文化」 第3回(全3回)――1990年代、リブとして生き続けることの模索」
http://www.ameet.jp/column/column_20140926/

連載「都市空間と自律的文化へのアプローチ――マンチェスター・ジン・シーン・レポート」(全4回) 第1回:サルフォード・ジン・ライブラリー
http://www.ameet.jp/column/1380/#page_tabs=0

連載「都市空間と自律的文化へのアプローチ――マンチェスター・ジン・シーン・レポート」(全4回) 第2回:ワークショップ《メイク・スタッフ》が示す可能性
http://www.ameet.jp/column/1464/#page_tabs=0

連載「都市空間と自律的文化へのアプローチ――マンチェスター・ジン・シーン・レポート」(全4回) 第3回:創造の「スペース」としての《ジン・クラブ》
http://www.ameet.jp/column/1507/#page_tabs=0


1. ソーシャル・スペース〈パルチザン〉

はじめに、〈パルチザン〉について確認していこう。〈パルチザン〉を最も簡潔に規定すると、「マンチェスターの協同型アート/ソーシャル・スペース」(※1)となる。基本的な概要は①Partisan(n.d.=2018)、②Salford Zine Library(2016=2018)を参照してほしいが、その要点をまとめると以下のようになる。

2017年7月にオープンした〈パルチザン〉は、インディペンデントかつコミュニティ主導による、DIYの、文化を基盤とする諸プロジェクトが活動するためのスペースである。〈パルチザン〉は、共同体(コレクティヴ)として、また協同組合として、スペースを使い活動する人々によって民主的に所有され、管理されている。会員として登録することで、誰でもこのコレクティヴの一員となることができる。スペースは、地階のイベント・スペースと上階の広いソーシャル・スペースからなり、いずれも、地域のインディペンデントな文化的集団が、ミーティング/展示/映画上映/出版イベント/パーティ/音楽演奏のために使用することができる。会員費や賃料、イベント/カフェバーによる収入は、スペースを必要とする人たちが無料もしくは手頃な価格で使用できるようにするための補助に回される。〈パルチザン〉は、そのスペースを、利用しやすく子連れで来やすい場所に、そして、消費したり飲食物を買ったりしなければというプレッシャーなしに人と交流できる空間にすることを目指してきた。このスペースは、マンチェスターで活動する諸集団をまとめ、この街にあるオルタナティヴ・スペースのネットワークを構築するための共有資源となることが期待されている。

以上のように、〈パルチザン〉がその存在・活動理念として、純粋なDIY精神と協同性をベースに置いていることは、強く意識されるべきだろう。したがって、このスペースで、DIYカルチャーであるジンに関する取り組みが活発に展開していることには、十分な必然性がある。

※1)〈パルチザン〉のロゴマークの下のキャプション(http://partisancollective.net/)。

画像3

【画像3】ソーシャル・スペースのバー・カウンター
出典:https://twitter.com/PartisanCollect/
status/978714556926251010

画像4

【画像4】夜のソーシャル・スペースのフロア
出典:https://twitter.com/PartisanCollect/
status/973291361985335298

【画像1~4】
画像提供:Partisan Collective(@PartisanCollect)


本連載第2回で触れたように、ジンを含む印刷文化のワークショップ・シリーズ《メイク・スタッフ[MAKE STUFF]》は、現在(2018年1月~)ここを拠点会場としており、開催にあたって主催の〈テンダー・ハンズ・プレス[Tender Hands Press]〉から参加者に対して、〈パルチザン〉の運営への積極的参与が呼びかけられている(村上 2018b)。また、本連載第3回で取り上げた〈ペン・ファイト・ディストロ[Pen Fight Distro]〉の運営者ヴィッキー[Vicky Stevenson]は、〈パルチザン〉の運営に中心的に関わっている。

〈パルチザン〉には常設のリソグラフ(簡易印刷機)があり、ジン関係の企画で活用されるほか、初心者向けのリソグラフ印刷ワークショップも定期的に実施されている(※2)。また、ジンや印刷に関する活動以外に、音楽のライヴ・イベント、DJやダンスのワークショップ、ヨガのクラス、社会運動グループのミーティングなど、毎日のように何らかの創造的な活動が行なわれている(※3)。

〈パルチザン〉の実質的な運営は、様々なカテゴリーの運営グループの活動によって支えられている。現在は、「アクセシビリティ&アカウンタビリティ」・「コミュニティ・アウトリーチ」・「デザイン」など、9つの運営グループが活動しており(※4)、定期的に各運営グループのミーティングが開かれている。また、それとは別に、メンバー全員を対象とした「全体ミーティング」が毎月設定されており、個々のグループによる着実な自主管理という土台の上に、コレクティヴ・レベルでの議論と方針の共有がなされる。さらに〈パルチザン〉では、メンバー以外の人々も自由に参加できる《オープン・ハウス[Partisan Open House]》(※5)・《コミュニティ・オープン・デイ・アンド・ソーシャル[Community Open Day and Social]》(※6)といった企画も開催されている(※7)。スペースをオープンにし、メンバーと幅広い人々との交流の場とすることは、スペースのありかたに関する問題意識を広く一般に共有する機会となり、メンバーの増加と協同関係の強化にもつながる。以上から、〈パルチザン〉の運営の重層的な展開形態が確認できるだろう。

※2)〈ティーム・トライデント・プレス[Team Trident Press]〉の主催で、2018年2月17日に《DIY RISO Beginner's Course》が、3月17日にはその第2回が開催された。

※3)以下のページ(http://partisancollective.net/events/)で確認することができる。

※4)以下のページを参照(http://partisancollective.net/working-groups/)。

※5)アンビエント・ミュージックのイベント《マイクロドージング[Microdosing]》を手がけるDJたちが中心となって運営する企画。音楽を介してスペースにリラックスした雰囲気を作り、そこでのメンバーと新規参加者との出会い・交流を促進することを目的として開催されている。注7参照。

※6)地域で活動するアクティヴィストや、社会正義の活動への参加に興味をもつ人々を対象に開催される公開企画。「コミュニティ・アウトリーチ」の運営グループのメンバーが担当している。スペースのガイド・ツアーや〈パルチザン〉の活動紹介、地域のグループとの関係構築に関する説明などを行なう。

※7)筆者は、2017年12月17日の《Partisan Open House #2》に参加したが、非常に洗練された緩やかな雰囲気のなか、刺激的な交流を楽しむことができた。その感想を記したツイートが以下(https://twitter.com/travelinswallow/status/942523013496557568)。

画像5

【画像5】2018年3月のイベントリスト
出典:https://twitter.com/PartisanCollect/
status/969599467694559232

画像6

【画像6】〈パルチザン〉紹介リーフレット(A5版/p.4/p.1)

画像7

【画像7】〈パルチザン〉紹介リーフレット(A5版/p.2/p.3)

画像8

【画像8】〈パルチザン〉制作の“Support Community Spaces”バッジ
出典:https://twitter.com/PartisanCollect/
status/944162586479808513

【画像5、8】画像提供:Partisan Collective(@PartisanCollect)


ここで〈パルチザン〉のアクセシビリティ(利用のしやすさ)と、それに関する取り組みについて触れておきたい。〈パルチザン〉は、公式サイト内に設けた「アクセシビリティ」ページの冒頭で、「コミュニティに対してインクルーシヴ(包摂的)でアクセシブルな場であることを目指す」と宣言している(※8)。建物の構造的な面では、現時点で、車いす利用者はスペースにアクセスできない。できる限り早くアクセス可能な環境を作れるように尽力を続けている状況だ。その環境が整う前にスペースをオープンさせた理由は、車いす用のスロープやリフトの設置に必要な資金調達を始めるため、またこうした変更の建築許可が下りるのを待つためだったと説明されている(※9)。現実には様々な(制度的・経済的)障壁があり、この問題を一気に解決することは難しいだろうが、アクセシビリティに関する長期的・継続的な構想をもち、課題解決に向けたプランを進行させている点は注目すべきだろう。

車いす以外のアクセシビリティに関しては、(1)トイレはすべてジェンダー・ニュートラル・トイレとなっていること、(2)イベントの入場料はスライディング・スケール制(※10)になっていること、が注目される(※11)。また、2018年1月21日に開かれた《Partisan Accessibility and Accountability working group meeting》では、主に「セーファー・スペース・ポリシー[Safer Space Policy]」(※12)に関する検討がなされたようだ(※13)。なお、「セーファー・スペース」に関する取り組みはアナキズムの運動から一般化していった側面があるが、2017年12月2日に、《マンチェスター&サルフォード・アナキスト・ブックフェア 2017[Manchester & Salford Anarchist Bookfair 2017]》が〈パルチザン〉で開催されている【画像9・10】。2018年は12月1日に、同じく〈パルチザン〉で開催される予定だ(※14)。

このように、できる限り多様な人々が自由に、安全に、障害なく集えるスペースを構築するため、〈パルチザン〉のメンバーたちは様々な知恵と方法論を駆使してたゆまぬ努力を続けている。

※8)以下のページを参照(http://partisancollective.net/accessibility/)。

※9)以下のイベント・ページ(https://www.facebook.com/events/745549268979333/)の記載より。

※10)各自が自らの収入に応じて支払う料金を選択できる料金体系。低収入の人を排除しないシステムとして、各種オルタナティヴ・スペースで採用されている。

※11)以下のページを参照(http://partisancollective.net/accessibility/)。

※12)差別・ハラスメント・暴行といった脅威のない、支援的な環境を構築するために共有される方針。海外の一定規模以上のジン/DIYに関するイベントではほぼ必須のものとして作成・掲示される。

※13)以下のイベント・ページを参照(https://www.facebook.com/events/1857168211240305/)。

※14)以下のサイト(https://bookfair.org.uk/)を参照。

画像9

【画像9】《マンチェスター&サルフォード・アナキスト・ブックフェア 2017》フライヤー表

画像10

【画像10】《マンチェスター&サルフォード・アナキスト・ブックフェア 2017》フライヤー裏


2. 都市空間と自律的文化の展開

ここからは、「都市空間」と「自律的文化」の「あいだ」にある関係性について検討することで、今回の、そしてこの連載全体の総括を試みたい。

この4回の連載を通して見えてきたこと、それは以下のように言い表せるだろう。「ジンをみんなで作ったり、読んだりする、そうした行為を促進する」ことと、そのための「空間(スペース)を構築する」ことは、切っても切り離せない一体の活動である、と。つまり両者は、同じ精神で/同じ理念のもとに、並行して/連動してなされる営みである、と。そしてそれは草の根のアクティヴィズムとして、コミュニティの/における実践として、位置づけられ、評価されるべきものである、ということだ。

このことをさらに大きな視座から捉えるため、一つの概念を引き出してみたい。それは、「サード・スペース」という概念(「第三の空間」あるいは「第三空間」と訳される)である。「サード・スペース」とは、「場所や政策、多様なアイデンティティーのみならず、現実、イメージ、シンボルなどさまざまな要素が絡み合ってつくられたメタファー」としての、「中心でもなく周辺でもない空間」を意味する。それは、「多様な、異種のものの混交から構成される象徴的な空間であり、等質な空間とは根本的にまったく異なる」(吉田 1996: 248)(※15)、多元的という特徴をもったオルタナティヴな空間である(※16)。

ジェンダー研究者のアデーラ・C・リコーナ[Adela C. Licona]は、自身の著書(Licona 2012)において、ドリーン・マッシー[Doreen Massey]らのフェミニスト地理学・批判地理学の成果を援用しつつ、サード・スペースとジンを結びつけて論じるユニークな視角を提示した。リコーナは、ジンを「物質化したサード・スペースとしての役割を果たす」(Licona 2012: 132)ものとして、また「サード・スペースの生産性を証明する、力強い重要な証拠」(Licona 2012: 136)として評価し、「ジンは、理論と実践のあいだのギャップを橋渡しする、再編的・戦略的な可能性をもたらす」(Licona 2012: 15)ものだと説く。そして一方では、サード・スペース理論は創造的な抵抗活動を説明したり、コミュニティのアクティヴィズムを理解したりするのに役立つものだ、と指摘している(Licona 2012: 136)。これはまさに、自律的な空間で展開するジンに関する活動を評価する、という本連載の趣旨に適応されるものだ。

ジン・カルチャーは、①物質としての創作物を生み出すだけでなく、②創作・共有によって作り手/読み手が自らのアイデンティティやイメージを構築・補完する実践であり、そして③創作過程における協同や創作物の共有・流通・保存を通して現実の空間(スペース)を構築する実践でもある。以上の点から、ジンが/ジン・カルチャーが、サード・スペースという概念と密接な関係にあることは十分に理解できるだろう。

こうした視座を軸に置けば、〈サルフォード・ジン・ライブラリー〉(本連載第1回参照)や〈パルチザン〉などで展開されるジンに関する取り組みは、サード・スペースを構築・展開していくための自律的・創造的な活動――それは、創作物のみならず、それと不可分な「空間」をクリティカルに創造していく――として位置づけられるのではないか。また、本連載第3回で確認したように、〈ペン・ファイト・ディストロ〉は《ジン・クラブ》を(ワークショップではなく)「スペース」と規定していた。それはまさにこの図式を象徴する、示唆的な言辞であるといえる。このように、サード・スペースという概念の導入によって、①ジンと都市空間における実践とを連動する一体のものとして捉えるイメージと、②その作用や意味を評価する普遍性をもった視座を獲得することが可能となる。あとはそれを応用的に展開していくことだ。

冒頭の引用で見たように、トム・ガレスピー[Tom Gillespie](都市地理学の研究者)は、〈パルチザン〉を、空間が商品化されていく都市の現状に対抗する潜在力をもつ存在として位置づけている。ジンもまた、反商品化という志向をもち、消費主義・商業主義に対抗するメディアである。そして両者は、自律性・共有性・協同性・包括性という性質において共通している。つまり、〈パルチザン〉という空間とジンとのつながりからは、「都市空間」と「自律的文化」をイコールで結ぶ関係性を見出すことができるのだ。

※15)以上は人文地理学の研究者スティーヴ・パイル[Steve Pile]による規定。

※16)サード・スペースを理論化してきた代表的な研究者として、ホミ・K・バーバ[Homi K. Bhabha](ポスト・コロニアル理論)とエドワード・W・ソジャ[Edward W. Soja](都市社会学・批判地理学)が挙げられる。


最後に言及しておきたいのは、今年の《ノースウェスト・ジンフェスト[Northwest Zinefest]》(本連載第3回注6参照)の取り組みに関することだ。今年の同フェストは〈パルチザン〉を会場として開催されるが、それに先立ってある試みが実施された。それは、POC(People of Color)/クィア/ノンバイナリー/トランス/障害者のジンスタたちにテーブル(ブース)確保の資金を提供する「ペイ・イット・フォワード[Pay It Forward]」の試みだ(詳しくは村上〔2018a〕を参照してほしい)。これは、ジンに関する活動空間を、より公正な/アクセシブルな/包括性の高い場として、自律的に/共助のもとに構築していこうとする意志が実践へと移された成果で、画期的な取り組みとして評価できる。ジンは、社会正義の理念/理想に基づき社会変革を追求する実践でもある(Licona 2012: 133)が、ここではジンにまつわる場=空間に対してその追求がなされているのだ。このことは、先に見た〈パルチザン〉のアクセシビリティに関する取り組みとあわせて認識しておきたい。ジンとスペースは、連動して状況を変革していく潜在力を備えている。その力を引き出し、発揮させるのは、その両方に関わる活動をしている人たちの意識と行動力だ。

本連載ではマンチェスターという都市におけるジン・シーンの様相を確認し、そのなかにある可能性・潜在力について論じてきたが、その可能性・潜在力は決して限定的な、特殊なものではなく、普遍性をもつものであると筆者は信じる。私たちジンスタの意識と理解と志と行動力によって、またそれを後押しするコミュニティの力によって、日本のどこであっても、自律的な創造空間は構築できると信じる。時間はかかるかもしれないが、それが実現した報告を、いつかマンチェスターのジンスタたちに届けたい。そう考えている。


参考文献・参照リンク


連載「都市空間と自律的文化へのアプローチ
――マンチェスター・ジン・シーン・レポート」(全4回)
第4回:ソーシャル・スペース〈パルチザン〉から見るジンとスペースの潜在力

Category: Column





PAGE TOP