09, Aug 2010

rep×Super Window Project
鈴木崇 TAKASHI SUZUKI / BAU

会 期: 2010年6月25日~7月25日
会 場: radlab.
京都市中京区恵比須町531-13-3F

http://exhibition.radlab.info

本展は、repと北山にあるコンテンポラリーアートギャラリーSuper Window Projectとの共同プロジェクト。
オルタナティヴラボradlab.を拠点とする建築ギャラリープロジェクトrep - radlab. exhibitio projectは、他の建築ギャラリーと異なり、独立した組織であるとともに、展示作品を建築の資料としてでは無く、それ自体を作品として提示することを目指している。「建築をとりまく経済状況や政治的状況が変化する中で、私たちは建築ギャラリーという活動を通じて、建築の側から、建築が持つ豊かな表現や価値を、提示していきたいと思います。」

「BAU」展示の様子01

Takashi Suzuki,
Bau (exhibition views at REP, Kyoto), 2010,
first series of 100 photographs,
C-print, 8,5 x 11 cm. Edition of 3 + 2AP.
Courtesy Super Window Project, Kyoto.

鈴木崇は、ボストンやデュッセルドルフで写真を学び、帰国後の2000年代から、国内外で精力的に作品発表する写真家である。
今回の個展BAUは、<見る行為とはどういうことなのか?>をテーマとする鈴木が、国内で入手した多種多様なスポンジによって構築した立体の記録写真群による。それらは、あたかも2次元のアンビルトな建築CGと見まがう。真っ黒なバックの中で、色とりどり、そして本来の用途がさまざまであるため形状も驚くほど多用なスポンジたちは、いつかどこかで見たような建築物のような存在となって、私たちに不思議な関わりを求めてくるのである。
が、実際に、鈴木の写真は、建築を主眼とするものではない。


展覧会の面白さは、ふたとおりあった。
ひとつは、スポンジが、造形の素材として非常に雄弁で魅力的であるということ。そもそも人工物であるスポンジは、社会的な営みのありとあらゆる<洗浄>という隙間で、人知れず進化してきたらしい。いまだかつて見たことのない、たとえば複雑な機械の形状に合わせた凹凸や色、大きさなど、実にさまざまなスポンジたちである。また、軽量であるため、積み重なったスポンジ同士が重みで変形したり、上を支えきれないということがない。本来立体造形にあるべき制作上ストレスが全く無いのである。が、鈴木が写すそれらの構築物は、あたかも重量や高さや奥行きが伴って、<内部>があることを表現するように見える。また、とてつもなく大きなもの、あるいは、まったくサイズに関する感覚を失わせる構造物にも見えるのである。そして、日用品が有機的な増殖の手がかりとなりつつも、鈴木の場合は、どこかに禁欲的な独自のルールによって、スポンジはひとつの構築物となっているのだった。

「BAU」展示の様子02

Takashi Suzuki,
Bau (exhibition views at REP, Kyoto), 2010,
first series of 100 photographs,
C-print, 8,5 x 11 cm. Edition of 3 + 2AP.
Courtesy Super Window Project, Kyoto.

もうひとつは、鈴木自身が語るように、しかし、彼は建築への関心のみによってこれらの造形をしたわけではないという点だ。私たちが記憶の底から、鈴木の写真の中にある造形物との比較対象物を探し求めたら、それは建築物に近いということなのである。鈴木の関心事である<見る>は、同音異義語に看る、観る、視る、診るなどがある。みるという行為自体が、実際には、身体的行為を伴わず、非常に精神的な場合もあるということだ。


今回の展示では、スポンジがほぼ現実的なサイズになるようにプリントされていた。大きく引き延ばすことはないとのことだが、確かに、現実のスポンジサイズであるほうが、想像力をかきたてられ、まるでその構築物を見上げているような錯覚に陥るのだった。
(松尾 惠 VOICE GALLERY pfs/w)

作品 Bau 0894

Bau 0894, 2009, C-print, 8.5 x 11cm, 3+2AP. 2010 © Takashi Suzuki. Courtesy Super Window Project, Kyoto.

作品 Bau 1926

Bau 1926, 2009, C-print, 8.5 x 11cm, 3+2AP. 2010 © Takashi Suzuki. Courtesy Super Window Project, Kyoto.

作品 Bau 1141

Bau 1141, 2009, C-print, 8.5 x 11cm, 3+2AP. 2010 © Takashi Suzuki. Courtesy Super Window Project, Kyoto.


rep×Super Window Project
鈴木崇 TAKASHI SUZUKI / BAU

Category: Events





PAGE TOP