16, Sep 2017

東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」:アーティストインタビュー後半
インタビュー:花岡伸宏、ヒョンギョン、ルー・ヤン

現在開催中の、日中韓アーティスト25組を紹介する現代美術展「アジア回廊 現代美術展」。AMeeTではその参加アーティストの中でも比較的若い3人、花岡伸宏、ヒョンギョン、ルー・ヤンへのインタビューを前後半に分けて掲載する。全編を通して3人を対比することで、芸術の多様性が浮き彫りになっている。その多様性は、そのまま「個人と社会との関係における多様性」であると捉えることができる。

聞き手・編集:中本真生(UNGLOBAL STUDIO KYOTO)

インタビュー撮影:表恒匡

翻訳:チェ・シ[車実](東アジア文化都市2017京都現代美術部門運営委員会 インターン)

協力:東アジア文化都市2017京都現代美術部門運営委員会

夜の京都にて(左からルー・ヤン、ヒョンギョン、花岡伸宏)

夜の京都にて(左からルー・ヤン、ヒョンギョン、花岡伸宏)

「東アジア文化都市2017 京都」(※1)のメインプログラムとして現在開催中の、日中韓アーティスト25組を紹介する現代美術展「アジア回廊 現代美術展」(※2)(10月15日まで開催)。AMeeTではその参加アーティストの中でも比較的若い3人、花岡伸宏、ヒョンギョン、ルー・ヤンへのインタビューを前後半に分けて掲載する。

全9章のうち、前半には1~5章を掲載したが※3)、後半には6~9章を掲載。それぞれのアーティストの考え・作家性の特徴を明らかにするだけでなく、全編を通してそれらを対比することで導き出された差異と共通点から、芸術の多様性が浮き彫りになっている。その多様性は、そのまま「個人と社会との関係における多様性」であると捉えることができる。

前半では主にアーティストと作品・制作行為・素材やモチーフの関係を掘り下げたが、後半では作品と鑑賞者の関係にフォーカスを当てることで、それが具体化されている。

※1)「「東アジア文化都市」とは、日本・中国・韓国の各国政府から選定された都市が、文化の力で東アジアの相互理解を促進し、開催都市の更なる発展を目指す事業で、1年を通して文化芸術のイベントや交流が行われます。2017年は京都市が中国・長沙市、韓国・大邱広域市とともに開催都市に選ばれ、伝統的な文化芸術、現代美術、舞台芸術、音楽、マンガ・アニメなど、多様なイベントを開催。」(”概要”.東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」WEBサイト.参照2017-08-27.)

※2記事末尾に展覧会情報を掲載。

目次

  1. ヒョンギョン:作品と鑑賞者の関係 「私のことを表現すれば、結局それはあなたのこと」
  2. 花岡伸宏:作品と鑑賞者の関係 「意味やつながりを把握できないもの」
  3. ルー・ヤン:作品と鑑賞者の関係
    「自分の作品が極端だからこそ、私の感覚と近い人に強く共感してもらえる」
  4. 終わりに

展覧会情報


花岡伸宏 HANAOKA Nobuhiro
花岡伸宏 HANAOKA Nobuhiro

1980年広島生まれ。京都在住。2006年に京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程修了。近年の主なグループ展に「still moving @KCUA」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、2015年)、「ユーモアと飛躍 そこに触れる」(岡崎市美術博物館、愛知、2013年)などがある。VOCA2016ノミネートアーティスト、「第12回岡本太郎現代芸術賞展」特別賞(2009年)、「2006 JEANS FACTORY ART AWARD」優秀賞。

花岡伸宏 公式サイト
http://hanaoka.p2.weblife.me/


ヒョンギョン Hyon Gyon
ヒョンギョン Hyon Gyon

1979年唐津市(韓国)生まれ、ニューヨーク在住。Mokwon大学(韓国)で西洋画を学んだ後、京都へ留学生として来日。2011年京都市立芸術大学大学院博士課程修了。2014年に京都からニューヨークに拠点を移して以降、精力的な活動を続けている。近年の主な展覧会に「Art for Art’s Sake」(カーネギー美術館、カリフォルニア、2016年)、「Emotional Drought」(Shin Gallery、ニューヨーク、2016年)、「Hyon Gyon and the Factory」(Chashama、ニューヨーク、2015年)、「Phantom of Asia」(サンフランシスコアジア美術館、2012年)など。2012年度京都市芸術文化特別奨励者。2013年度京都市芸術新人賞受賞。

撮影: Sarah malmude

Shin Gallery WEBサイト
ヒョンギョン Artistsページ
http://www.shin-gallery.com/Artist/
ArtistsView.aspx?ArtistCd=20


ルー・ヤン[陸揚] Lu Yang
ルー・ヤン[陸揚] Lu Yang

1984年上海生まれ、在住。2010年中国美術学院修了。実写映像、アニメーション、デジタルペインティング、インスタレーション、音楽等を自由に組み合わせ、科学から宗教、心理学、医学、ゲーム、ポップカルチャーといった幅広い分野から着想を得た映像作品を制作する。近年の主な個展に「ポート・ジャーニー・プロジェクト 横浜⇆上海 ルー・ヤン展」(象の鼻テラス、神奈川、2016年)、「LU YANG Screening Program」(アーツ千代田3331、東京、2013年)。グループ展にヴェネツィア・ビエンナーレ(2015年)、福岡アジア美術トリエンナーレ(2014年)、「A Shaded View on Fashion Film」(ポンピドゥーセンター、パリ、2013年)がある。

ルー・ヤン 公式サイト
http://luyang.asia/


6. ヒョンギョン:作品と鑑賞者の関係
「私のことを表現すれば、結局それはあなたのこと」

――例えばヒョンギョンさんは、以前インタビューで、「人の心の中にあるどうしたらいいかわからない感情が転換していく過程を絵に表現できないかという気持ちが芽生えて、自分の作品も見る人がそういった気持ちになる空間、場所にしたいと思った」(※4)と話しています。先ほども「その人の感情になりきる」というお話をされていましたし、私自身今回の作品を観て、改めてヒョンギョンさんの作品は、強い、エモーショナルな共感を生む可能性を秘めていると感じました。自分の作品に誰かが感情や想いを重ねるということについて、ご自身ではどのように捉えていますか。

(ヒョンギョン)
ニューヨークへ移る前、ニューヨークで展覧会を開催した時に、ある黒人の方が私の作品を観ていていきなり泣き出したんです。作品の説明をしたわけでもない。でも作品を観て泣くんです。本当のことは誰にもわからないけど、きっとその人の心の中にある何かにタッチしたんじゃないかなと思ってる。その時に、私が「何を思って作品を作ったのか」ということは重要じゃない。
つい何か月か前に別の作品を展示した時にも、アジア人の男の子が私の作品を観て跪いて泣いたんですよ。その時に展示したのは、私が着ていた服とか今まで使っていたものをベッドに貼り付けた作品でした。そこから時間の経過が見えてくるような作品だったのですが、たぶんその人の人生に起こった出来事が、たまたまリンクしたんだと思います。

ヒョンギョン 『Self-Portrait』 2016 Shin Gallery(New York)

ヒョンギョン 『Self-Portrait』 2016 Shin Gallery(New York)
展覧会「She's A Riot」での展示風景
Courtesy: Shin Gallery
※東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」の展示作品ではありません。

(ヒョンギョン)
そうやって全く異なるバックグラウンドの人が、私の作品を観て涙を流す様子を目の当たりにすると、責任を感じます。こういう原始的なことが、私がやりたいアートの本質でもあって、それは作品に望む気持ちとして昔から変わらない部分です。

――そういう話を聞くと、ヒョンギョンさん自身が媒体になるという感覚はすごく納得できます。

(ヒョンギョン)
体験してきた出来事は違うかもしれないけど、たぶん結局同じなんだよね。生まれて生きて死んでいく、その中で結婚したり子供が生まれたり。それは私だけの問題じゃない。個人の問題は社会の問題だから、そういった意味では全部がつながってる。私のことを表現すれば、結局それはあなたのことであったり、みんなが共感できる部分はあると思う。すごく根本的なこと...「生きて死ぬ」という根本的なことにフォーカスを当てている。

※4)いしいよしゆき 取材・文[2010].“2010年11月号 ヒョンギョン インタビュー「この世界の化身」”.美術手帖 アクリリックスワールド.ターナー色彩株式会社WEBサイト.参照2017-08-27.

インタビュー風景
インタビュー風景

7. 花岡伸宏:作品と鑑賞者の関係
「意味やつながりを把握できないもの」

――作品と鑑賞者とのコミュニケーションについては、花岡さん、ルー・ヤンさんにも伺いたいと思います。
花岡さんは以前私が行ったインタビュー(※5)の中で「現在のような作品の見せ方になった経緯」について、このように回答しています。「『これは一体どんな脈絡があんだろう(笑)』というように、意味やつながりを把握できないものにすごくグッとくるんです。人ってそういうものを見た時に、頭の中で色々な文脈を持ってきて、理解しようとするじゃないですか。『それが通用しないもの』というのは自分でも意識して作っている」。
今回の展覧会の花岡さんの紹介文に「様々なものを組み合わせることで、新たな意味を生成しようとする」(※6)というようなことが書かれていますが、私自身は「新しい何かを生成する」というよりは、「わからないもの、把握できないものを存在させる」こと自体が非常に重要だと考えています。
今や芸術の役割も、芸術に求められているものも多様で、一言ではいい表せないですが、「生産性が求められる分野においては存在させにくい」という意味においても、芸術の役割として「わからないもの、把握できないものを存在させる」ことは重要です。
なぜそのような意識が芽生えたかということを伺えますか。

(花岡)
それは作品の成立の仕方に関わる話です。僕は昔作品を作る時に、「ビジュアルのイメージが先立って、鑑賞者にすぐに、直感的に伝わる」という鑑賞体験を意識していて、そういったモチーフや素材の組み合わせを選択していました。でも自分の作品についてどこが成立のゴールなのか考えるうち、徐々に、制作過程で「一回ある程度まで作ってから壊して、違うものに作り直して、作りかけで放置して」というようなことが増え始めた。作品の完成のポイントを操作するということにおもしろさを感じ出したんです。
例えば、ミロのヴィーナスなんかは今や腕がない状態、つまり欠損している状態で完成というイメージがあります。どこが形のゴールなのかということには時間による劣化も関わってくるし、人が物理的に加える力が関係する場合もある。
だから「ゴールを移動させてもいいのかな」と。

花岡伸宏 『無題(頭部、雑誌、畳)』 2017 二条城 桜の園(京都)

花岡伸宏 『無題(頭部、雑誌、畳)』 2017 二条城 桜の園(京都)
東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」での展示風景
撮影:来田猛

――鑑賞者にとってのゴールを曖昧にしたいということでしょうか。

(花岡)
そうですね。鑑賞者が作品を観て「まだここから変化していくだろう」ということをイメージするような...完成がふわふわ動いているような。

(ヒョンギョン)
観る人に簡潔な見方を与えたくないというか。

(花岡)
それもあるかも。「これが作品です」「これが完成です」という見せ方をしたくないとは思ってる。

(ヒョンギョン)
おもしろくないもんね。

※5)中本真生 編集[2009].“インタビュー|花岡伸宏”.&ART.2017-09-05参照.

※6)「洗面台やマンガ本、衣服など、身の回りの物と高い技術力による人物などの木彫を脈略なく切断し組み合わせることで、新たな意味を生成しようとするポエティックな表現を特徴とする。」(”花岡伸宏” より抜粋.東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」WEBサイト.参照2017-09-05.)

インタビュー風景
インタビュー風景

8. ルー・ヤン:作品と鑑賞者の関係
「私の作品が極端だからこそ、私の感覚と近い人に強く共感してもらえる」

――続いてルーヤンさんから、印象に残っている鑑賞者からのリアクションなどを教えてください。

(ルー・ヤン)
今回展示しているのは柔軟性のある作品ですが、昔作った作品にすごく極端なものがありました。その作品を発表した時に観客と衝突したことがあります。

(ヒョンギョン)
例えば?

(ルー・ヤン)
私の作品で日本に関係するものが2つあります。1つは日本で制作した作品、もう1つは日本の文化に関係する作品です。
前者は2011年に福岡アジア美術館で展示した、死んだカエルの下半身を電流で刺激して、そのカエルが踊っているかのように見せるという作品です。この作品には賛否両論がありました。でも、作品に使用したカエルの死骸は、生物学科の学生が解体した後のもので、生きたカエルを殺したわけではありません。そのことを記した注意書きも表示していましたが、この作品を観て不快になった方が大勢いて、ネット上には数多くの人が批判的なコメントを書き込みました。メールでの抗議もありました。今この作品を調べたら出てくるのはほとんど悪い評判です。

ルー・ヤン 『復活!カエルゾンビ水中バレエ!』 2011 ビデオ
※東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」の展示作品ではありません。

(ルー・ヤン)
先ほどヒョンギョンさんが“民族性”という言葉を使っていましたが、民族性に関する衝突もありました。
私は『エヴァンゲリオン』がとても好きなので、『エヴァンゲリオン』に対して尊敬の気持ちを伝えたいと思って『The Beast - Tributes to NEON GENESIS EVENGELION』という映像作品を作りました。この作品をネット上にアップロードしたところ、最もアクセスがあった地域は日本でした。
この作品はYahoo! JAPANの検索ランキングで2週連続1位になっています。YouTubeに書き込んであるこの映像に対する日本語のコメントについて、日本語が読める友達に「何が書いてある?」と聞きましたが、友達から「知らないほうがいい」と言われました(笑)。高評価もありますが、極めて少なく、悪い評判のほとんどが「中国人のくせになぜ日本のアニメを題材にしているのか」という内容でした。
もちろん悪いコメントは日本の方からだけではありませんし、民族性の問題は、日本に限った問題ではなく世界中に溢れています。私はヒョンギョンさんに賛成で、グローバル化が進む現在、別に民族という枠にこだわる必要はないと思っています。
『エヴァンゲリオン』は日本で生まれた作品ですので、自分の国で生まれた作品に誇りがあるのは当然です。この誇りから生まれる悪い評価もあって当然だと思っています。昔から「中国から伝来した文化を日本人が独自に変換して成熟していく」ということはあるので、逆に「中国人が日本の文化に興味を持って輸入する」ということも当然です。だから私は民族性を気にし過ぎず、自分のやりたいことをやろうと考えています。

ルー・ヤン 『The Beast - Tributes to NEON GENESIS EVENGELION』 2012 ビデオ
※東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」の展示作品ではありません。

(ルー・ヤン)
私の作品のほとんどはネット上にアップロードしているので、クリック数などによって、鑑賞者と直接会わなくても鑑賞者の反応がだいたいわかります。先ほど言ったように民族性ということにもこだわっていませんし、鑑賞者のコメントを見る前に既に心構えができているので、ネット上に悪い評価がいくらあっても、精神的なストレスはあまり感じていません。
世間には「現在インターネットの発達によって情報が氾濫している」という批判があります。しかし、ネット上では、私の国籍、名前、写真のような個人情報と作品が直接結びつかないので、より匿名な状態で作品を観てもらえることが多いです。そういう自由な環境での創作が私には一番向いていると思います。

――先ほど、ご自身の作品について「悪い評判も多い」とおっしゃっていましたが、もともと賛否両論が起きやすいようなことを意識的にテーマに盛り込んでいるのでしょうか。それとも本来は自分が楽しんで作品を作っているように、他者にも作品を楽しんでほしいですか。

(ルー・ヤン)
私にとって、普通のエンターテイメントはちょっと物足りないと感じます。例えばホラー映画。多くの人が刺激を受けていますが私には物足りません。私が好きなことは一般の多くの人にとっては極端なのだと思います。ですから、多くの人に楽しんでもらえるような作品を作るのは到底無理なことです。自分の作品を無理矢理好きになってもらうことも不可能なので、自分の好きなことをやるだけです。
私の作品が極端だからこそ、私の感覚と近い人に強く共感してもらえます。先ほど自分の好きなことをやるだけと言いましたが、その結果としてできた作品がいろいろな人に興味をもってもらえるのはとてもうれしいです。

インタビュー風景
インタビュー風景

9. 終わりに

(花岡)
今回展示している作品は、映像作品として発表していますが、実物の凧を見せる予定はないでしょうか。

ルー・ヤン 『ルー・ヤンのゴンタウ・カイト』 2016 ビデオ

(ルー・ヤン)
分からないですね。花岡さんはどう思いますか。

(花岡)
二条城で凧が揚がっているのを見たかったなぁ(笑)。

(ヒョンギョン)
風がないんじゃない?

(花岡)
風はないけどどうにかして...。ロープを張るとかでもいいし。

(ルー・ヤン)
自分も凧を二条城で展示したいです。そういう構想もありましたが、二条城は世界遺産で規制が厳しいので今回は諦めました。

(花岡)
本物の凧を見たかったな。きっと映像で見るのとスケール感が違うから。

(ルー・ヤン)
自分もやりたいので…

(花岡)
どこかでやりましょう!

(ルー・ヤン)
もし機会があれば、一緒に協力して凧を空に揚げましょう。

2人に向けて、自分の作品を写真で紹介する花岡氏

2人に向けて、自分の作品を写真で紹介する花岡氏

本記事メインビジュアルのアザーカット

本記事メインビジュアルのアザーカット
取材・撮影:2017年8月19日 取材場所・協力:京都芸術センター

インタビュー風景
インタビュー風景

展覧会情報

このキャプションはダミーです。

東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」 チラシ

この夏、世界遺産・元離宮二条城と京都芸術センターに、
日本、中国、韓国を代表するアーティストが集結!

「アジア回廊 現代美術展」は、8月から11月に行われる東アジア文化都市2017京都のメインプログラムとして、日中韓の現代アーティスト25組を紹介します。
メイン会場は、江戸時代の始まりと終焉の地とも言われ大政奉還の舞台にもなった、世界遺産「元離宮二条城」と元小学校の建物を活用した国の登録有形文化財でもある「京都芸術センター」。二条城では、天守閣跡、堀、東南隅櫓、二の丸御殿台所など城内全域に作品が展開されます。今を生きる日中韓のアーティストたちによる多数の新作を含むダイナミックな最新現代アートを、400年以上続く伝統建造物や情緒溢れる元小学校の中で見られる貴重な機会になるでしょう。

展覧会名: 東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」
日 時: 2017年8月19日(土) - 2017年10月15日(日)
京都芸術センター|10:00 - 20:00 ※会期中無休
二条城|8:45 - 17:00(最終入城16:00)
二の丸御殿台所・東南隅櫓は9:00-16:45
会 場: 京都芸術センター、二条城
出展作家: 西京人
草間彌生
堀尾貞治+現場芸術集団「空気」
今村源
中原浩大
三嶋りつ惠
やなぎみわ
伊藤存
宮永愛子
花岡伸宏
久門剛史
谷澤紗和子
ヒスロム
中村裕太+谷本研
キムスージャ
チェ・ジョンファ
オ・インファン
ハム・キョンア
ミックスライス
ヒョンギョン
蔡國強(ツァイ・グオチャン)
楊福東(ヤン・フードン)
陸揚(ルー・ヤン)
何翔宇(ヘ・シャンユ)
陶輝(タオ・フイ)
料 金:

京都芸術センターは無料

二条城 有料エリア展示 単独チケット|当日 600円
セットチケット(二条城+有料エリア展示)|当日1,200円

主 催: 京都市、東アジア文化都市2017京都実行委員会
問合せ先: 京都いつでもコール
電話|075‐661‐3755
WEBサイト: http://asiacorridor.org

中本真生 Nakamoto Masaki
中本真生 Nakamoto Masaki

1983年生まれ。愛媛県新居浜市出身、京都在住。UNGLOBAL STUDIO KYOTO代表。&ART編集長。映像芸術祭MOVINGディレクター。

&ART
http://www.andart.jp/

MOVING公式WEBサイト
http://www.movingkyoto.jp/


東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」:アーティストインタビュー後半
インタビュー:花岡伸宏、ヒョンギョン、ルー・ヤン

Category: Feature





PAGE TOP