PATinKyoto 京都版画トリエンナーレインタビュー 木村秀樹(PATinKyoto アドバイザー)

27, Dec 2012

PATinKyoto 京都版画トリエンナーレ
インタビュー 木村秀樹(PATinKyoto アドバイザー)

「PATinKyoto京都版画トリエンナーレ」はニッシャ印刷文化振興財団が特別助成及び一般助成を行う展覧会。会期は2013年2月23日(土)~3月24日(日)の約一か月間、会場は京都市美術館となっており、版画先進国日本ならではの状況の下で、進化を続ける版画表現の多様性に注目した内容となっている。本特集では、本展のアドバイザーであり、立ち上げ当初からコンセプトに深くかかわってきた木村秀樹氏(画家/版画家、京都市立芸術大学教授)に、開催の経緯や展覧会に込めた思いなどを伺った。


PAGE TOP
KYOTO EXPERIMENT × Panorama 国際共同プロジェクトジャパン・シンドローム インタビュー 高嶺格、橋本裕介

11, Oct 2012

KYOTO EXPERIMENT × Panorama 国際共同プロジェクト
ジャパン・シンドローム インタビュー 高嶺格、橋本裕介

「ジャパン・シンドローム」は美術作家 高嶺格が取り組む、京都の国際舞台芸術祭「KYOTO EXPERIMENT」とリオデジャネイロのダンスフェスティバル「Panorama」の国際共同プロジェクト。作品発表のスタイルを変えながら3年に渡って展開される予定で、2年目となる今回はブラジルからパフォーマーを招聘し、パフォーマンス作品を制作する。本プロジェクトの概要や上演作品について高嶺さんと、KYOTO EXPERIMENTプログラム・ディレクターの橋本裕介さんにインタビューを行った。


PAGE TOP
京都藝術2012インタビュー 後藤あゆみ、小島健史(京都藝術実行委員)

31, Aug 2012

京都藝術2012
インタビュー 後藤あゆみ、小島健史(京都藝術実行委員)

2012年9月15日~10月5日、京都市内各所で『京都藝術 2012』が開催される。京都藝術は広報誌『Kyoto Arts File 2012』を発行し、期間中に京都で行われる展覧会やイベントの告知を行ったり、期間に合わせてトークイベントを行うというアートプロジェクト。それによって「文化の全体像を見渡す機会をつくり、京都を拠点とする様々な施設、団体の連携を促すこと」を目的としている。2010年に初回が開催され、今回で第2回となる本プロジェクトについて、実行委員の後藤あゆみさん、小島健史さんにお話を伺った。


PAGE TOP
Let’s DANCE 署名推進委員会主催Let’s DANCE ダンス規制法を考えるつどい

29, Jun 2012

Let’s DANCE 署名推進委員会主催
Let’s DANCE ダンス規制法を考えるつどい

音楽家の坂本龍一氏や大友良英氏、弁護士の中村和雄氏など、9名の呼びかけによって組織されたレッツダンス署名推進委員会。風営法によるダンス規制からクラブシーンを守ることを目的として組織された本委員会主催によって、2012年6月10日、旧WORLDで開催されたトークイベント『Let's DANCE ダンス規制法を考えるつどい』の第一部を掲載する。


PAGE TOP
HAPS(東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス)インタビュー 遠藤水城、芦立さやか(HAPS)

12, Jun 2012

HAPS(東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス)
インタビュー 遠藤水城、芦立さやか(HAPS)

京都市が2007年に制定した、文化政策のマスタープラン"京都文化芸術都市創生条例"。本条例内において計画された"若手芸術家等の居住・制作・発表の場づくり"事業を推進するために、若い芸術家の総合サポート窓口として、各分野の専門家で構成されるHAPSが設立された。今回はHAPSの遠藤水城さん、芦立さやかさんにその活動領域や内容について、さらにはミッションとして掲げる「社会全体の豊かさ」と芸術との関係性についてお話を伺った。


PAGE TOP
ART KYOTO 2012インタビュー 石橋圭吾、森裕一(ART KYOTO実行委員会)

28, Mar 2012

ART KYOTO 2012
インタビュー 石橋圭吾、森裕一(ART KYOTO実行委員会)

2009年に第1回が開催され、京都初の現代アートフェアとして注目を集めた「アートフェア京都」。3度目の今年は「ART KYOTO」と新たな名称を打ち出し、会場も規模も大幅に拡大することになった。東日本大震災、原発問題、不況、円高、政治不信など、日本国内の状況が厳しさを増す中、関西に現代アートのマーケットを構築するべく活動を続ける実行委員のお2人に、今回のフェア開催にかける思いを語ってもらった。


PAGE TOP

PAGE TOP