速報 『京都藝術』京都の文化の全体像を見渡すための試み

24, Jun 2010

速報 『京都藝術』
京都の文化の全体像を見渡すための試み

2010年8月の1ヶ月間京都各所にて開催される『京都藝術』。これは広報誌『Kyoto Arts File 2010』を発行し、その時期京都で行われるイベントや展覧会情報の告知を行ったり、その期間に合わせてトークイベントや、京都ギャラリーツアーなどのイベントを行うというプロジェクトだ。 「全体を見渡せる機会をつくる」「連携を促す」といったの従来のアートイベントにはなかった『京都藝術』のコンセプトなどについて実行委員のAntenna(※1)の田中英行さん、市村恵介さん、0000(オーフォー)(※2)の緑川雄太郎さんにインタビューにて語ってもらった。


PAGE TOP
財団助成イベント連動企画超京都 現代美術@杉本家住宅

21, Apr 2010

財団助成イベント連動企画
超京都 現代美術@杉本家住宅

5月に京都市指定有形文化財である杉本家住宅にて、ニッシャ印刷文化振興財団が助成するアートフェアが開催される。次代を担うアーティストが誕生する環境として国内外から注目を集めてきた京都において、国内各地の現代美術専門有力ギャラリーが手を携え、京都出身アーティストの作品や、現代日本を象徴する現代美術作品、それらの周辺情報が紹介される。
(今夏、杉本家住宅は重要文化財指定を受けます。)


PAGE TOP
京都芸術センター開設10周年さらなる彼方へ

03, Mar 2010

京都芸術センター開設10周年
さらなる彼方へ

2000年4月、京都の芸術文化振興の拠点として、元明倫小学校を改修し開設した京都芸術センターは、この4月に開設10周年を迎える。京都芸術センターは10年間で、何を生み出したのか。京都芸術センターのこれまでを振り返り、そして、これからを想像/創造する開設10周年記念事業がいま開催されている。


PAGE TOP
イベント連動特集「Hi,Q!」展

18, Jan 2010

イベント連動特集
「Hi,Q!」展

-国内初展示- 日米欧5芸術大学学生による俳句をテーマにした世界巡回展 「Hi,Q!(ハイ、クー!)」を開催します。


PAGE TOP
wah見返りのない“企て”

17, Dec 2009

wah
見返りのない“企て”

出どころのわからない声のような名前「wah/ワウ」を冠したアートユニットがある。明確な作者が不在であるとともに、いわゆる「作品」も不在、当然コピーライトを主張する術も持たない彼らの"企て" を、インタビューを交えて探った。


PAGE TOP
アート&テクノロジー展―高橋匡太/疋田淳喜/吉岡俊直―

10, Nov 2009

アート&テクノロジー展
―高橋匡太/疋田淳喜/吉岡俊直―

現代美術の最前線で活躍する三名の作家が、さまざまなテクノロジーを通して実現される個性豊かな作品群で競演する展覧会。当Webマガジンのコンセプトとも親和性の極めて高い試みをディレクションした平芳幸浩氏の論考と作家三名のインタビュー。


PAGE TOP

PAGE TOP