AMeeT
COLUMN

コラム

日本盆栽「小さな巨木」
-盆栽を体感する川﨑仁美(盆栽研究家)

2016 11 08

盆栽とは何か

図2 鉢植えから盆栽へ 写真/林口哲也

図2 鉢植えから盆栽へ 写真/林口哲也

盆栽もお茶の世界と同じく100人いれば100通り、百人百様の好みの世界。盆栽は見る者の解釈にゆだねられるので「自分の好みを知っているか」がまず鍵になる。定義はナンセンス、という玄人さんが多い上に流派もないため、一般には解りにくい世界になっていることは否めないが、解り始めると底なしの面白世界が待っている。有るようで無い、無いようで有るのが「形」でもある。素人にとっては目安になる道標、玄人にとっては原点回帰の道標として機能するのが理想と据え、私の活動の主である講演・解説ツアーではサイズ・樹種・樹形、鉢植えを盆栽に仕立てる技術工程、樹造りや鉢合わせの意味を解説している。自己流ではあるが自身が盆栽か否かを判断している時に用いる基準を宣言として紹介する。

「現代盆栽」宣言

  1. 自然への敬意があるか
  2. 命の継続が図られているか
  3. 「小さな巨木」という仕掛けがあるか

PAGE TOP