AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

映像論「古な映像」文:山城 大督(美術家、映像ディレクター)

2014 07 01

2013年12月にアサヒ・アートスクエアにて発表され、大きな話題を呼んだ、山城 大督氏によるタイムベースドメディア作品《VIDERE DECK》。照明・映像・音響・オブジェによって構成された13分間の時間軸は、映像表現の新しい形式を提示した。山城氏にとっての「映像」への意識とは、「これからの映像表現」とは。 アーティスト・ステートメント形式による映像論としてご寄稿いただいた。

1. 眼(め)カメラ

癖。心揺さぶられる場面に立ち会うと、片方の眼を閉じる癖がある。何をしているのかというと、ファインダーを覗いているのだ。と言っても、カメラを構えている訳では無く、頭の中でカメラを用意し、もしこの風景を撮影したらどんな「画」になるのか、と詳細に想像しているのだ。10年くらい、カメラを持ち歩いて淡々と撮影していると、いつの間にか、大体の「画」が想像できるようになった。

山城 大督 『TOKYO TELEPATHY』 2011, Music:林洋介

2. 光が在れば、所有できる

カメラは光があれば、何でも撮影が出来る。偉人でも、映りたく無い人でも、国宝でも、ポルノでも。この世に存在する物は、全て平等に光が反射し、反射した光はフィルムやCCDを通して、写真や映像としての「画」になる。平等に存在するそれらの物質や現象から、僕らはファインダーを通して選択し記録する。臨場感、緊張感、事故感、構図やタイミング、内容などによっても、「画」におけるプンクトゥムの強弱は変化する。プンクトゥムの強い「画」を僕達は欲しがちである。

山城 大督 『Hello Everything』 2012, Music:蓮沼執太

3. 全てが同じ地平にある

記録された「画」を、構成し、繋ぎ合わせる操作をすると、更に新しい「イメージ」を作り出す事ができる。その行為が「編集」だ。編集する際、素材となる「画」は全て同じ地平に存在する。その「画」には一定時間見続けられる力があるのか。その「画」と「画」は最適な組み合わせであるかどうか。「画」は取捨選択される。編集者は四角いスクリーンの中で、記録された「画」と「画」を何度も見返す事になる。

山城 大督 『People will always need people.』 2009, Music:林洋介

4. 「画=フッテージ」を繋げると時間が生まれる

編集では、「画」と「画」をタイミングよく繋げる事で、時間が生まれる。5秒、3秒、12秒、4秒、4秒、12秒、5秒、の「画」を繋ぎ合わせると、45秒の一つの映像が出来上がる。45秒の時間、人々はその映像を見る事ができる。当たり前の事だが、45秒間の映像を見るには45秒の時間が必要になる。それぞれ、別々に存在していたはずの「画」が「編集」を通して、一本の時間軸へと変貌し、リニアな存在となるのだ。

山城 大督 『This alarm rings every hour.』 2006

山城 大督 『This alarm rings every hour.』 2006


山城 大督 YAMASHIRO Daisuke
(美術家、映像ディレクター)

山城 大督 YAMASHIRO Daisuke

1983年大阪生まれ。映像の時間概念を空間やプロジェクトへ展開し、その場でしか体験できない《時間》を作品として展開する。2007年よりアーティスト・コレ クティブ「Nadegata Instant Party (中崎透+山城大督+野田 智子)」を結成し、他者を介入させ出来事そのものを作品とするプロジェクトを全国各地で発表している。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)修了、京都造形芸術大学芸術学部卒業、山口情報芸術センター[YCAM]エデュケーターを経て、東京藝術大学映像研究科博士後期課程在籍。2011年より京都造形芸術大学、2013年より明治学院大学 非常勤講師。
主な個展に『VIDERE DECK /イデア・デッキ』(2013、アサヒ・アートスクエア[東京])、グループ展に『あいちトリエンナーレ2013』(Nadegata Instant Partyとして、中部電力本町変電所跡地[愛知])がある。

yamashiro daisuke WEBサイト
http://yamashirostudio.jp/


PAGE TOP