AMeeT
FEATURE

特集

ART KYOTO 2012
インタビュー 石橋圭吾、森裕一(ART KYOTO実行委員会)

2012 03 28

京都ならではのアートフェアとは

――会場が宝ヶ池と烏丸三条の2カ所になりますが、それについて反対はありませんでしたか。 (石橋)
国立京都国際会館は確かに広くて立派ですが、「アートフェア東京」の会場である東京国際フォーラムほどの規模はありません。だから1会場だけでは大規模とは言い切れないと思いました。それに、ホテルモントレ京都とは過去2回にわたって良好な関係でやらせていただいたので、地下鉄烏丸線で繋がっている2会場をお客様に行き来してもらうのが良いだろうと。実行委員の誰が言い出したのか定かではありませんが、割とすんなり合意が得られました。それと、地下鉄沿線で連動企画をやって盛り上げようという話もすぐに決まりました。京都には遠方から連泊で来られる方が多いので、いろんな所でイベントが観られる方が、わざわざ来た甲斐があると感じてもらえるのではないかと。

――確かに公式関連イベントが幾つもありますね。これらも実行委員会で企画されたのですか。 (石橋)
「MOVING」という映像企画は以前から行われていたし、主催者もしっかりしているので、僕らは何もしていません。ホテルアンテルーム京都の「ANTEROOM PROJECT」は、僕からアンテルームと名和晃平さんにお願いしました。藤井大丸の「grassland」は、『SHAKE ART!』というフリーペーパーを作っている若い子たちにも出番があった方がいいと思い、藤井大丸と彼らを繋ぐ役割を担当しています。あと、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAと京都造形芸術大学ウルトラファクトリーのイベントは、井村さんから働きかけていただきました。現段階では以上ですが、今後会期が近づいて来るに連れてもっと増えると思います。

プレ企画 vol.1「映像作品上映会 MOVING」 会場風景 京都シネマ 2011

映像芸術祭“MOVING 2012” プレ企画 vol.1「映像作品上映会 MOVING」 会場風景 京都シネマ 2011 photo by OMOTE Nobutada

――「ART KYOTO」を核にして、京都市内一帯で同時多発的にいろんなイベントが起こっている状況にしたいということですか。 (石橋)
森さんはよくご存知ですが、海外のアートフェアに行くと必ず地元のギャラリーの引率でツアーがあって、有力ギャラリーのオープニングパーティーに連れて行かれるんですよ。中にはお城のようなギャラリーもあって、「なぜ日本ではこういうイベントの作り方ができないのか」と毎回思います。それらと比べるつもりはありませんが、海外のフェアみたいな状況が当たり前になってほしいと思っています。

――「ART KYOTO」は、日帰りよりも数日滞在する方がより楽しめるアートフェアであると。 (石橋)
京都まで来られた方々に対して、一日だけじゃもったいないという気持ちがあります。過去2回のフェアでも2、3泊して、滞在中に何度も会場に来られるお客様が大勢いました。そして、何度も来られるお客様ほど最後には作品を購入されます。そうしたこともあって昨年はホテル型のアートフェアとして売れ行きはかなり良かったです。平均額も高かったし、僕が知る限りホテル型のアートフェアでは国内で断トツの成績だと思います。単なる賑やかしのイベントで終わらず、実利に繋げたいというのは、我々の本音として当然ありますから。
(森)
石橋君がデポジット制を導入したのは素晴らしいアイデアだったと思います。そういうのは今までなかったし、何か買う気にさせるというかね。アートフェアは、もちろん見るだけでも良いのです。全ては見ることから始まりますから。でも、掌というか、作品を買って帰ってもらい、家で愛でていただく所まで行けたら、ギャラリーとしては最高に嬉しいです。

――今回の料金システムもデポジット制ですか。 (森)
今回は違います。デポジット制無しで、2会場統一・3日間有効券で1,500円です。
(石橋)
過去2回は購入意欲があるお客様とそうでない方をセグメントするために、敢えて2,000円という高めの料金設定をして、その代わりにデポジット制にしました。しかし、今回は2つの会場に溢れんばかりにお客様がご来場されることを最優先に考えています。それに、デポジット制には作業がとても繁雑になるというマイナス面もあります。今回会場が2つになり、しかも国立京都国際会館は作品単価も高くなると思うので、デポジット制のメリットがあまりないと判断したのです。
(森)
今回は規模を大きくして行う1回目だから、動員という実績を優先したい。だから料金についても実験的な試みをしてみようと思ったのです。

森裕一 石橋圭吾
森裕一 石橋圭吾
森裕一 石橋圭吾

PAGE TOP