AMeeT
COLUMN

コラム

AUBE 初期作品の再来 / 中嶋昭文さんの情熱と創造の姿勢 前編執筆:坂口卓也(音楽愛好者)

2017 06 09

はじめに

3月の下旬、京都を拠点に発信されているWEBマガジン「AMeeT」から、ソロ・ノイズ・ユニット、AUBE(オウブ)の中嶋昭文さんについての寄稿を依頼された。ノイズとは本来「非音楽的な音・物音・雑音・騒音」を意味する単語だが、今や世界各地で創生されている慣習的構造を持たない否定形の音楽を指す。その内でも、AUBEのノイズは日本発祥ならでは、或いは京都でしか生まれ得なかったとも言える音楽であり、代替の存在しないノイズである。だが、中嶋さんは残念なことに4年前他界されてしまった。「AMeeT」編集サイドの或る方はかつてAUBEのライヴにも立ち会われたことがあり、中嶋さんの業績は正当に評価されるべきだという確信を持たれている。ずっとAUBE再評価実現への道を考えておられた様なのだが、昨年ようやく、京都のレーベルshrine.jpによるAUBE初期作品の再発シリーズが始動した。

これと同調する形で「AMeeT」はインターネットにおいては顕かに不足しているAUBEに関する情報の発信を始め、まず東瀬戸悟さん(レコード店Forever Records店長、レーベルaugen/hörenオーナー)による記事

『黎明の軌跡 AUBE/中嶋昭文の作品について』

を公表している。

今般東瀬戸さんによる推薦があり、中嶋さんと交流があった私がAUBEの紹介を行わせて頂く次第となった。既に彼が中嶋さんの活動を総説してくださっているので、下記の構成によりAUBEについて語ってみたい。最初の2章を前編、残り2章を後編として掲載して頂こうと思っている。

  1. ノイズ - AUBEが演奏するノイズという音楽について
  2. 再来 - AUBE音源再発CD化の意味について
  3. 中嶋さんの音創り - AUBEの演奏姿勢について
  4. 連鎖 - 創ることに対する中嶋さんの情熱について

坂口 卓也 SAKAGUCHI Takuya
(音楽愛好者)

東瀬戸 悟 HIGASHISETO Satoru

1955年生まれ。’70年代後期から現在迄、ロサンジェルス・フリー・ミュージック・ソサエティ(LAFMS)関連の著述をAmalgam、Jam、Heaven、宝島、ミュージック・マガジン、G-モダーン、音人など諸誌、および自作ブックレットを介し発表。”Suppression Disorder” をはじめとするAUBE 3作、インキャパシタンツ、ゴミカワフミオ、ソルマニアなどアルケミー・レコードのCD諸作、渚にて最初の3作および頭士奈生樹のセカンド・アルバム、古くはピナコテカ・レコードのカセット群などの解説を執筆。自主レーベルNEURECを興し、好きな音楽を出版している。ブログ 『音薬談』ではLAFMSからブルー・オイスター・カルトまで様々な音楽に言及して来た。

坂口卓也 ブログ 『音薬談』
http://onyak.at.webry.info/


PAGE TOP