AMeeT
COLUMN

コラム

連載「都市空間と自律的文化へのアプローチ
――マンチェスター・ジン・シーン・レポート」(全4回)
第1回:サルフォード・ジン・ライブラリー村上 潔(女性史研究者)

2018 01 26

この連載では、「都市空間と自律的文化」というテーマにアプローチする(※1)。その手がかりとして、イギリス・マンチェスターのジン・シーンに注目する。

ジン(Zine)とは、「ファンジン(Fanzine)」の略語で、有志による非営利・少部数の自主制作出版物を指す。パーソナル(個人的)でありつつポリティカル(政治的)であること、DIY(Do It Yourself)の精神にもとづくアンダーグラウンドかつアマチュアリズムの活動であること、創作のなかにジェンダー・人種・階級・差別・抑圧など様々なテーマが内包されていること、パンク、アナキズム、ライオット・ガール・ムーヴメント、第3波フェミニズム、クィア・カルチャー、マイノリティ運動の発展に大きく寄与してきたこと、などがその特徴として挙げられる(※2)。

日本では2010年代以降、そのアート・ファッション的な側面に特化した受容が進み、東京を中心として各地で、スキル伝授を目的とした若者向けの「ジン制作ワークショップ」が多く開催されるようになった(そのなかにはジン・カルチャーの基本理念から外れた、有料のものもある)。一方で、一部の例外を除き、ジンを自分のペースで好きなように作ったり、ジンをみんなの前で読んだり(リーディング)、ジンについて語り合ったりするための定期的な集まり(ミーティング)や、ジンを収集(アーカイヴィング)し、それを共有(シェア)するといった活動は、立ち遅れてきた。

そこで、「自律的文化」の意義を重視するこの連載では、いわゆる「ブーム」の裏側にある取り組みの重要性について伝えていきたいと考えている。

次に、なぜマンチェスターか。もちろん、イギリス最大のジン・シーンはロンドンにある。専門のジン・ライブラリーをもつ大学図書館や美術館があり、イベントやミーティングも毎週のようにどこかで開催されている。だがその恵まれた状況は逆に、街の雰囲気を感じられるローカルな文化や、生活のリズムに密着した文化のありかたを捉える際にはデメリットになる。ロンドンだから(日本でいえば、東京だから)成り立つ特殊性から文化を捉えるよりも、どこでも成り立ちうる普遍性から文化を捉えるほうが――とりわけ、「京都」のような都市の文化シーンを考えるうえでは――有益なのではないかと筆者は考える。そうした問題意識のもと、2017年12月13日から19日にかけて、「マンチェスターにおけるジン・ライブラリーならびにジン・シーンの現状調査」を実施した。この連載はその成果をまとめたものとなる。

※1)もちろん、都市空間“の”、でもあるのだが、そこに収斂されない要素もふまえて、また、双方の関係性それ自体を重視する意味で、“と”でつなげることにした。

※2)ジンに関する簡潔な紹介のうち、Web上で日本語で読めるものとして、野中(2017)がある(参考文献・参照リンクは記事末尾に一覧)。


村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

1976年、横浜市生まれ。湘南経由、町田市育ち。
2002年から2005年まで、『remix』誌(アウトバーン)に、主に映画・音楽に関する記事を寄稿。その後、『音の力 〈ストリート〉占拠編』(インパクト出版会)、『VOL』誌(以文社)などに寄稿。
2009年、立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。現在、立命館大学衣笠総合研究機構(生存学研究センター)客員研究員、神戸市外国語大学非常勤講師、立命館大学産業社会学部非常勤講師。専門は、現代女性思想・運動史。
著書に『主婦と労働のもつれ――その争点と運動』(洛北出版、2012年)など。現在の主たる研究テーマは、フェミニスト・アーカイブ活動(Feminist Archive Action)、フェミニスト・ジン・シーン(Feminist Zine Scene)、ジェントリフィケーションと女性コミュニティ(Gentrification and Women's Community)。

著者紹介ページ

村上潔
(arsvi.com:立命館大学生存学研究センター)
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm

AMeeT Column

「京都の女性運動と「文化」 第1回(全3回):序論――女のスペース〈シャンバラ〉の活動から」
http://www.ameet.jp/column/column_20140505/

「京都の女性運動と「文化」 第2回(全3回)――〈シャンバラ〉以後、1980年代のリブ運動」
http://www.ameet.jp/column/column_20140708/

「京都の女性運動と「文化」 第3回(全3回)――1990年代、リブとして生き続けることの模索」
http://www.ameet.jp/column/column_20140926/


PAGE TOP