AMeeT
COLUMN

コラム

連載「都市空間と自律的文化へのアプローチ
――マンチェスター・ジン・シーン・レポート」(全4回)
第3回:創造の「スペース」としての《ジン・クラブ》村上 潔(女性史研究者)

2018 03 31

《ジン・クラブ》は、誰もが来ることのできる、月に一度出現するスペース。そこでは、読んだり、おしゃべりしたり、ジンを作ったり、プロジェクトに取り組んだり、新しい技能を修得したり、ジンに関わるあらゆることをする![…]これはドロップ・イン・セッション(ふらっと立ち寄る交流の場)。だから開催時間中いつ来ても大丈夫。

(Pen Fight Distro n.d.=2018)

前回(本連載第2回)は、筆者がマンチェスターで参加したワークショップ《メイク・スタッフ[MAKE STUFF](以下、MS)》を紹介することを通して、①ジン・ワークショップの(あるべき)実施形態、②ジン・ワークショップのプロジェクトがコミュニティにおいてもつ役割と意義、③その取り組みが都市空間に自律的文化を浸透させていく可能性、について確認した。

その続きとなる今回は、筆者がマンチェスターで参加したもう一つのワークショップ《ジン・クラブ》を紹介する。そこから、④上記の3点がMSの事例に限って見出される特徴ではないことを確認したうえで、⑤ジンに関する活動の舞台となる空間が自律的な創造と協同を誘発する可能性についてアプローチしてみたい。

前回見たように、本来、ジン・ワークショップは、ジン・カルチャー/DIYカルチャー、そしてクリエイティヴなコミュニティ形成において、大きな役割を果たすものである。それは、日本で一般にイメージされるような「制作技能の伝授・指導」がなされるからではなく、「自発的に創造性を高め合う環境づくり」の実践であるからにほかならない。そこで最終的に目指されるのは、①自律的な空間の創造と、②コミュニティにおける文化基盤の構築、という2点である。その試みの過程は、都市空間に自律的文化を浸透させていくうえで必要不可欠なものだ(※1)。このことを意識したうえで、以下、話を進めていきたい。

※1)前回の9ページを参照されたい。
http://www.ameet.jp/column/1464/9/


村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

1976年、横浜市生まれ。湘南経由、町田市育ち。
2002年から2005年まで、『remix』誌(アウトバーン)に、主に映画・音楽に関する記事を寄稿。その後、『音の力 〈ストリート〉占拠編』(インパクト出版会)、『VOL』誌(以文社)などに寄稿。
2009年、立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。現在、立命館大学衣笠総合研究機構(生存学研究センター)客員研究員、神戸市外国語大学非常勤講師、立命館大学産業社会学部非常勤講師。専門は、現代女性思想・運動史。
著書に『主婦と労働のもつれ――その争点と運動』(洛北出版、2012年)など。現在の主たる研究テーマは、フェミニスト・アーカイブ活動(Feminist Archive Action)、フェミニスト・ジン・シーン(Feminist Zine Scene)、ジェントリフィケーションと女性コミュニティ(Gentrification and Women's Community)。

著者紹介ページ

村上潔
(arsvi.com:立命館大学生存学研究センター)
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm

AMeeT Column

「京都の女性運動と「文化」 第1回(全3回):序論――女のスペース〈シャンバラ〉の活動から」
http://www.ameet.jp/column/column_20140505/

「京都の女性運動と「文化」 第2回(全3回)――〈シャンバラ〉以後、1980年代のリブ運動」
http://www.ameet.jp/column/column_20140708/

「京都の女性運動と「文化」 第3回(全3回)――1990年代、リブとして生き続けることの模索」
http://www.ameet.jp/column/column_20140926/

「都市空間と自律的文化へのアプローチ――マンチェスター・ジン・シーン・レポート(1):サルフォード・ジン・ライブラリー」
http://www.ameet.jp/column/1380/

「都市空間と自律的文化へのアプローチ――マンチェスター・ジン・シーン・レポート(2):ワークショップ《メイク・スタッフ》が示す可能性
http://www.ameet.jp/column/1464/


PAGE TOP