AMeeT
COLUMN

コラム

オケアノスにブイを放って赤松 正行(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー[IAMAS]教授、メディア作家)

2010 09 28

クラウドなボクたち

映画「マトリックス」で用いられた携帯電話Nokia 8110 (c) 2006 L. Collard

映画「マトリックス」で用いられた携帯電話Nokia 8110
(c) 2006 L. Collard

"There's a phone at Wells and Lake. You can make it." ... "Go."
「ウェルズ通りとレイク通りの角に公衆電話がある。お前ならできるはずだ。」...「行け!」

映画「マトリックス」(ウォシャウスキー兄弟)の冒頭、トリニティは携帯電話で指示を仰ぎながら、敵の包囲網からの脱出を計る。仮想世界と現実世界を繋ぐ有線電話に辿り着かなければならないからだ。1999年制作の映画ゆえに、いささか時代がかった点が散見されるものの、派手なアクション以外にも示唆的な描写があちらこちらに散りばめられている。

翻って今日、見知らぬ街で「◯◯にいるんだけど、美味しいランチ教えて」とツイートすれば、1分も経たないうちに何軒かのお勧めのレストラン情報が返って来る。フォロワーからのリプライもあれば、まったく見知らぬ人からのリプライもある。おそらく地名でサーチしているかロケーション・サーチしているに違いない。


Twitterでのタイムライン(Twitter for iPhoneでの表示)

Twitterでのタイムライン
(Twitter for iPhoneでの表示)

ともあれ、こうして誰かさんのお勧めに従って行動するのは愉快だ。これで失敗するどころか、大満足の結果になることがほとんどだ。下手なガイドブックやコンシエルジュ・サービスより役に立つし、断片的な情報から、さらに詳細を探求し判断を下す楽しみもある。

これはマトリックスの世界と同じだ。いや、それよりも何倍も世界が広がっていると言える。電話は基本的に一対一の通話であり、他愛ない雑談にしろ、文脈を踏まえた会話になる。一方、Twitterは多対多の発言プールであり、脈絡のないツイートが次々と浮かび上がる。

その中には前述の質問と回答のように関連性のある応答も有り得る。だが、大半は各自がその時々の状況に応じて投稿しているから、結果的に関連性のない多種多様なツイートから成るタイムラインが形作られる。そして、時には反応が起こって会話や議論になることもあれば、リツイートの嵐となって大きな言論が生まれることもある。


プルキンエ細胞(A)とグラニュール細胞(B)のニューロン (Drawing by Santiago Ramón y Cajal, 1899)

プルキンエ細胞(A)とグラニュール細胞(B)のニューロン
(Drawing by Santiago Ramón y Cajal, 1899)

このようなTwitterの様相はニューロンの発火や意識下の思念のようである。タイムラインを眺めて何かを汲み取ることは無意識の言語化のようにも感じる。当然のことながら、自分の思考は他者のツイートの影響を受けるので、自分で考えたことなのか、誰かが考えたことなのか、極めて曖昧になってくる。

これを表面的で幼稚な思考様式だと非難する人や、多数意見が猛威をふるう危険性を危惧する人もいるだろう。ただ、あまりにも雑多なツイートが豪雨のように降り注ぐTwitterは、メリットもデメリットも飲み込む大海のようにうねっている。そして、思いもかけなかった意外な関係性の発露に、私たちは魅せられている。

まさにタイムラインは「手術台の上のミシンと蝙蝠傘の偶然の出会いのように美しい」(ロートレアモン)のであり、Twitterはこの手術台として機能している。ただし、ミシンと蝙蝠傘の2種類だけでなく、日々何千何万ものツイートが出会っているのだから、これは現代の奇跡、あるいはテクノロジーの魔術と呼びたくなる。



赤松正行 Masayuki Akamatsu

赤松正行  Masayuki Akamatsu

1961年、兵庫県生まれ。メディア作家。神戸大学文学部哲学科心理学専攻卒業。神戸市役所ソーシャルワーカーを経て、1997年、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)助教授に就任。2002年より同アカデミー教授。2006年、京都市立芸術大学大学院美術研究科にて博士(美術)を取得。
10代半ばよりエレクトロニクスを用いた音楽制作を始め、1980年からはコンピュータを使用、音楽だけでなく映像やネットワークなど様々なメディアへと制作範囲を広げる。特に、作品と鑑賞者の関係性や、作品自体の自律性に注目し、人とメディアの可能性を拡張することに興味を持っている。
代表作には、50台のコンピュータによって音と映像を提示する「incubator」、鑑賞者の時間体験をリアルタイムに映像化する「Time Machine!」、パフォーマーの身体をコンピュータ制御する「Flesh Protocol」、ラジオ放送を解読してロボットが演奏する「decipher」、画像解析を駆使した映像音響による即興ダンス「陶製の身体」などがある。ソロやセッションによる演奏活動も多く、「Maxの教科書」(共著)や「iPhone SDKの教科書」などの著作もある。また、neumannpianoおよびThe Breadbaord Bandのメンバーとしても活動中。
近年はモバイル・デバイスにおける表現研究や、人と社会への影響の考察に取り組んでいる。特に、開発したiPhone用ネイティブ・アプリケーションは30個を超え、App Storeで公開している他、数十台のiPhoneによる展示・パフォーマンス「Snowflakes」などの作品制作や、ソーシャルARシステム「セカイカメラ(頓智・)」などへと展開している。

赤松正行
http://akamatsu.org/


PAGE TOP