AMeeT
COLUMN

コラム

原神松雄由良泰人

2012 01 20
12月10日にCLUB METROで行われた、レイハラカミ生誕41周年のお誕生日会「広い世界」でオープンリールを操作する大野松雄氏と筆者。(写真:梅原渉氏)

12月10日にCLUB METROで行われた、レイハラカミ生誕41周年のお誕生日会「広い世界」でオープンリールを操作する大野松雄氏と筆者。(写真:梅原渉氏)

2011年7月に学生時代よりの友人、レイ・ハラカミが急逝した。
彼とはお酒を飲んでばかりだったのだけれど、仕事を少しだけしたことがある。
2001年に彼のリミックスアルバム「レッドカーブの思い出」が計画されていた時に、僕は京都の白川通にあった居酒屋でハラカミに提案したことがある。「大野さんにリミックスしてもらったらどうだろう?」と。
大野さんとは大野松雄さんのことである。音響デザイナーの草分けで、数々のテレビ番組から映画、演劇や博覧会パビリオンの音響設計だけでなく、映画監督までこなす数々の実績のある人だ。今年は大野さんを題材にした映画「アトムの足音が聞こえる」が公開された。僕は大野さんが京都に亡命(詳しくは映画を参照)して以来、いろいろとお手伝いをさせてもらっていた。

原神の快諾を得て史上最高齢のリミキサーが誕生し、僕はまたお手伝いをすることとなった。
ハラカミから素材のテープが届くと「由良君、素材を全部聞いて使えそうなのをピックアップしといてよ」とテープを渡された。準備をして大野さんのところへ作業に行ったのだが、すでにほとんどの骨格は出来上がっていた。せっかく準備をしたので僕の選んだ素材を伝えると「わかった、何とかやってみるよ。コーヒー飲みに行こう」とその日はあまり仕事をせずおしゃべり(大野さんはダベリングと言う)で一日が過ぎた。次の日に大野さんのところへ行くと僕が選んだ素材が見事にミックスされていた。
大野さんはあまり仕事をしているところを人に見せず一人集中してこっそりとやるのだ。他人がいると集中できないのだろう。

そして僕は言いたい放題リクエストをし、コーヒーを飲み、大野さんはいろいろなテクニックを駆使した音を聞かせてくれた。例えば「アナログメロディ」と大野さんが命名した、オープンリールをスクラッチして出す音にテープディレイをかけると生まれる摩訶不思議な音(鉄腕アトムの飛行音などで使われた音がそれだ)。そんな音が重なり、聞いたことも無い音が出来上がっていく毎日を楽しんだ。
だが次第に「これは好き勝手やりすぎているのでは?」と突然不安になった。直ぐ様ハラカミを呼び出して確認してもらったのだが、彼は気に入ってくれた。それどころか、彼の手を抜いて仕事が出来ない性格が災い(?)して細かなところにこだわりはじめ、音の微調整など一緒に作業をすることとなった。そして最後に大野さんが手を入れ仕上げたのが「put off and other」である。


由良泰人 YURA Yasuto

由良泰人  YURA Yasuto

1991年ごろより個人映像の制作を始める。作品発表を京都、東京などの日本を中心にヨーロッパやアジア地域など海外でも活発に発表する。映像作品以外にもインスタレーション作品の発表、コラボレーションでの制作、コンピュータ技術書の執筆やアニメーション制作など多岐にわたる活動をしている。主な発表としてヨーロピアン・メディアアート・フェスティバル(ドイツ)、オーバーハウゼン国際短編映画祭(ドイツ)、EXiS(韓国、AVID賞受賞)、WROメディアアート・ビエンナーレ(ポーランド)、KIRIN CONTEMPORARY AWARD(奨励賞受賞)、第5回テクノアート大賞(大賞受賞)ほか。

レイ・ハラカミ
http://www.rei-harakami.com/

大野松雄
http://www.ohno-matsuo.com/

映画「アトムの足音が聞こえる」
http://www.atom-ashioto.jp/

京都シネマ公開イベント「原神松雄」
http://kyotocinema.jp/report/
re2011/re_2011_22.html

大野松雄氏のスタジオにて「put off and other」制作中。(2001年4月)

大野松雄氏のスタジオにて「put off and other」制作中。(2001年4月)

アナログメロディ録音中の大野松雄氏(2001年4月)

アナログメロディ録音中の大野松雄氏(2001年4月)


PAGE TOP