AMeeT
COLUMN

コラム

出会いと版画と・・・武田 史子(版画家)

2013 08 23

この2月に京都で開催された「京都版画トリエンナーレ」。
多くの種類の版画が出品され、私も有り難い事に推薦して頂き、展示しました。
ニッシャ印刷文化振興財団の方々にもご縁を頂き、コラムのお話を頂きましたので、なにを書こうか迷いましたが、自分の今回の制作に至るお話などしたいと思います。

御覧になられた方々も大勢いらした事かと思いますが、私の手法は自分で書くのも恥ずかしいですが、かなりの「正統派」だと思います。
非常に細かく時間も手間もかかる銅版画。
(加えて書けば、石油系溶剤使用の為ちょっと臭いです。)
詳しい作り方・手順は、ここでは省略しますが、アイディア出し、下描き・・そして銅版の腐蝕、試し刷り、手直し加筆、本刷りという過程を踏み、作品となっていきます。
今回の作品はそれとともに先ず、推薦者の方との打ち合わせに始まりました。
話を重ねていくうちに、なんとはなしには作品のカタチが朧げながらぼんやりと浮かびましたが、まだまだ漠然とした内容。
プレッシャーを感じつつも、なんとか答えたいという想いで悶々とするばかり・・・。
そのような中、定期購読している雑誌の中での言葉の出会いから始まりました。

  As for man,
  his days are I like grass,
  he flourishes like a flower of the field

  草のように黙し 花のように
  1回限りのいのちを 咲かせる 私たち
             <旧約聖書 詩編>

という文章が目に飛び込んできました。
私はカトリックではありませんが、なんていい言葉だろうと感じ、
どうにかしてこれを表現したい、具体的にではないにしても画面の底に流れるようにしたいと思いました。
1回限りの「いのち」。
枯れゆくものから再生、過去現在未来・・・・と、言葉が繋がっていきました。

それらの言葉から、内と外が直接的でないとしても繋がりを持ち
光と陰の対比、黒と白の中にちょっとした色を手彩色で差していこうと思い立ち、先ず硝子の作品「紡ぐ季節」を考え出しました。


武田 史子 TAKEDA Fumiko

武田 史子 TAKEDA Fumiko

1963年東京都生まれ
1991年 東京芸術大学大学院美術研究科修了(修了制作買上賞)
入選受賞歴等:第5回和歌山版画ビエンナーレ、 第2回高知国際版画トリエンナーレ、第2回さっぽろ国際現代版画ビエンナーレ、1997年The Royal Academy Illustrated A Souvenir of the 229th Summer Exhibition (The Royal Academy of Art/ London, U.K )
1999年 第23回リュブリアーナ国際版画ビエンナーレ 招待出品
2000年 文化庁買上げ優秀作品(現代選抜展・文化庁)、日本テレビ「美の世界」出演、2003年 The 11th International Biennial Print and Drawing Exhibiton 2003 R.O.C
(Taiwan Museum of Art / Taiwan )、2004年 文化庁国内研修員
2005年 Seoul International Print,Photo&Edition Work Arts Fair 等々
1990年より 銀座においてみゆき画廊、ギャラリー椿、ミウラアーツ等々で個展(新作発表)、その他に本間美術館(山形県酒田市)、東京會舘ギャラリー(丸の内)等個展多数。グループ展多数開催。
パブリックコレクション 東京芸術大学 本間美術館

武田 史子 TAKEDA Fumiko Print Works
http://www.h4.dion.ne.jp/~w-mark/
tf/top/tftop.html 

ギャラリー椿 WEBサイト
http://www.gallery-tsubaki.jp/
tsubaki.html 


PAGE TOP