AMeeT
COLUMN

コラム

京都の女性運動と「文化」 第1回(全3回):序論――女のスペース〈シャンバラ〉の活動から村上 潔(女性史研究者)

2014 05 05

世の中には、知られていてもよいのに知られていないことがたくさんある。私が研究している、現代の――つまり、そう昔のことではないのにもかかわらず、ということなのだが――女性思想・女性運動もそうしたもののひとつだ。

ふつうの人は、①現代の京都に成熟した女性運動があったことを知らない。そして、②その女性運動が、街のなかで「文化」を生み出し、定着させる役割を担っていたことを知らない。

まず①について。これは、なにもこのジャンルに限った話ではないが、いわゆる東京中心主義というのがある。東京の目立った組織や、そのキーパーソンの活躍が絶えず「正史」として語られ、それによって、ほかの地域の活動が「なかった」ものにされてしまう構造である。女性運動、特に今回取り上げるウーマンリブ運動でいえば、〈リブ新宿センター〉という場所と田中美津という人物が、その「正史」の代表だ。いわゆるフェミニズム業界の人でも、リブといえばそれしか知らない人は多いはずだ。

そして②の問題。これはやっかいで、まず、日本の女性運動の歴史においては、『青鞜』のような文化そのものの運動成果がある。なので、女性運動がなにかしら「文化」と密接な関係をもっていることは、誰でもわかる。しかし、ではそのあと何が知られているか、という話になると、まず出てこないだろう。むしろ、政治的な女性運動――特にリブのような急進的な運動――は、「文化」を否定・拒否するかのような印象をもっている人が多いと思う。つまり、大衆的な文化(映画・小説・歌謡曲など)が内包する無自覚的性差別構造や、またハイ・アートの世界の構造そのものの(男性中心主義的)権威性は、女性運動からすれば批判・攻撃すべき対象であるゆえ、そうした関係が「女性運動は文化と無縁」という印象につながることは想定できる。また、(リブを「輩出」した)全共闘運動においては、そうした反権威的・急進的姿勢がいわゆる「アングラ」文化に接近・接続していったわけだが、ここには女性の存在が――特定の「アングラの女王」的役割を担った女性たちを除けば――見いだせないことも、現代の女性運動と文化を切り離して認識させる一つの要因となっている。

そこでこの小稿では、京都の女性運動、さらに限定してリブ運動における「文化」実践の一端――本当にごく一端にすぎないが――を紹介しようと思う。


村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

1976年、横浜市生まれ。
2002年から2005年まで、『remix』(アウトバーン)に、映画・音楽に関する記事を寄稿。その後、『音の力 〈ストリート〉占拠編』(インパクト出版会)、『VOL』(以文社)などに寄稿。
2009年、立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。現在、立命館大学衣笠総合研究機構准教授(特別招聘研究教員)、ならびに神戸市外国語大学非常勤講師。専門は、現代女性思想=運動史。
著書に『主婦と労働のもつれ――その争点と運動』(洛北出版、2012年)など。現在の主たる研究テーマは、「〈新日窒労組主婦の会〉の歩みの記録とその女性運動史的分析」。定期的に水俣に通って調査を進めている。

村上 潔 紹介ページ
(「生存学」創成拠点 arsvi.com WEBサイト内)
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm


PAGE TOP