AMeeT
COLUMN

コラム

京都の女性運動と「文化」 第2回(全3回)――〈シャンバラ〉以後、1980年代のリブ運動村上 潔(女性史研究者)

2014 07 08

前回は、女のスペース〈シャンバラ〉が、1970年代後半、京都の女性運動の「文化」発信/集積地として機能していたことを書いた(※1)。今回は、〈シャンバラ〉の「その後」を追っていきたい。

〈シャンバラ〉は、1982年5月に終焉を迎える。それは残念ながら、不幸な終わりかたであった。簡潔にいえば、店を立ち上げた当人であり、賃貸契約と立ち上げ時の借金の名義人であるMさん(ならびにMさんを支持する2名のスタッフ)と、その他のスタッフたちとの間で生じた確執がすべてを終わらせてしまった。きっかけは、Mさんが大工・室内装飾の仕事に専念するため京都を離れ、運営部を抜ける意思をスタッフたちにもちかけたことだった。スタッフ側はその行動方針を運動論的に問題視し、両者の対立が深まっていった。Mさんは、スタッフ側に対して賃貸契約と借金の名義変更をしてほしいと提案したが、それに関する具体的な議論はなされなかった。そして、1982年5月の第4回シスターズ総会で、突如、スタッフ全員総辞職、シスターズ解散、〈シャンバラ〉閉店、という結論が出された。

Mさんとその支援者によるこの動向の総括は、同年12月に発行された冊子(シャンバラの閉じ方を考える会『女のスペースって何だったの?――シャンバラ閉店てんまつ記』〔1982年〕)によって知ることができる(※2)。そこでは、スタッフ側の行為・スタンスは一貫して「反民主的・全体主義的」なものだったと批判されている。
ではスタッフ側はどう考えていたのか。元スタッフの証言があるので確認してみたい。

抽象的に言ってしまえば、その対立は、女の解放をめぐって、2つの思想性・方向性が顕著にあらわれた結果だったと思います。《個人の自己実現》と《女たちの共同性》。この2つが、運動にとって別のベクトルだとは思いませんが、私たちスタッフは、女たちの共同性を担保する《スペース》に強い愛着があったのです。そのときの私たちは、80年代に女たちが向かっていく方向性において「共同性」という側面が急速に失われ、《資本》が能力のある女たちを一本釣りしつつ、持ち上げ、利用しようとしていこうとする方向性に、警戒心を持っていたということもあります。80年代は女の時代ともてはやされ、女の自己実現はその頃のキーワードでもありました。(※3

※1)〈シャンバラ〉があった京都市中京区の円丸市場は、2014年5月末をもって65年の歴史に幕を閉じた。

※2)そのうち数編は、溝口明代・佐伯洋子・三木草子編『資料 日本ウーマン・リブ史Ⅲ――1975~1982』(松香堂書店、1995年)で読むことができる。

※3)栄井香代子・竹村正人・村上潔『「平成18年度京都市男女共同参画講座受講生参考資料(女性解放運動関係)収集調査」報告書』(NPO法人京都人権啓発センター・ネットからすま、2007年): 10-11


村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

村上 潔 MURAKAMI Kiyoshi

1976年、横浜市生まれ。
2002年から2005年まで、『remix』(アウトバーン)に、映画・音楽に関する記事を寄稿。その後、『音の力 〈ストリート〉占拠編』(インパクト出版会)、『VOL』(以文社)などに寄稿。
2009年、立命館大学大学院先端総合学術研究科一貫制博士課程修了。現在、立命館大学衣笠総合研究機構准教授(特別招聘研究教員)、ならびに神戸市外国語大学非常勤講師。専門は、現代女性思想=運動史。
著書に『主婦と労働のもつれ――その争点と運動』(洛北出版、2012年)など。現在の主たる研究テーマは、「〈新日窒労組主婦の会〉の歩みの記録とその女性運動史的分析」。定期的に水俣に通って調査を進めている。

村上 潔 紹介ページ
(「生存学」創成拠点 arsvi.com WEBサイト内)
http://www.arsvi.com/w/mk02.htm

AMeeT Column
京都の女性運動と「文化」 第1回(全3回):
序論――女のスペース〈シャンバラ〉の活動から
http://www.ameet.jp/column/
column_20140505/


PAGE TOP