AMeeT
COLUMN

コラム

タイルホコラツーリズム ――信仰を観光する中村 裕太(美術家)

2014 11 21

京都の大路小路を歩けば、町家の軒下や辻などのいたる所で路傍祠(ろぼうし)に出会う。道祖神の信仰と結びついた地蔵菩薩や、大日如来などが祀られたそれらの祠は、町内というコミュニティによって受け継がれてきた。そのため早朝、町内のお年寄りが祠のお世話をして手を合わせている姿や、地蔵盆で子供達が数珠を回している姿は、京都固有の光景となっている。

京都市は「京都をつなぐ無形文化遺産」という事業で、「京の食文化」「京・花街の文化」に続き、第3号として「京の地蔵盆」を選定することを進めている(※1)。このように京都の地蔵祠は、地蔵盆などの風俗とともに語られてきたが、その〈イレモノ〉である祠について考える機会はあまりなかったのではないだろうか。京都市内の路傍祠を見回してみると、土台を石積みやモルタル造とし、祠を木組や石造の意匠とするものが主流であることが分かる。

図1 中京区壬生御所ノ内町

図1 中京区壬生御所ノ内町

ところが、局所的にモルタル造の祠や土台の構造に、マジョリカタイルやモザイクタイルを張り巡らせたいわゆる〈タイルホコラ〉に出会うことができる(※2)。京都市内の地蔵祠がおよそ5000体あるとされているが、これまで私が京都市内を街歩きして確認できたタイルホコラは41体である(※3)。グーグルマップにその分布を記したので参照してもらうと、西ノ京、三条商店街、大宮周辺に集中していることがわかる。

タイルホコラツーリズム

そこで、本コラムでは、〈タイルホコラツーリズム〉と題して、京都市内のタイルホコラを観光していくことで、その生態の一端を明らかにしていきたい。

※1)京都をつなぐ無形文化遺産 京の地蔵盆 http://kyo-tsunagu.net/jizo/

※2)タイルホコラの基準は、土台などに卍型のモザイクタイルのみを張り付けた祠は除外し、祠や土台をタイル張りにしたものだけを認定した。

※3)利光有紀「京都のお地さま わたしたちのまち探検」『季刊民族学』14(3)、p59-69、1990年、千里文化財団


中村 裕太 NAKAMURA Yuta

木ノ下裕一 KINOSHITA Yuichi

1983年東京生まれ、京都在住。2011年京都精華大学芸術研究科博士後期課程修了。博士(芸術)。博士論文「郊外住居工芸論―大正期の浴室にみる白色タイルの受容」。京都精華大学・京都造形芸術大学非常勤講師。〈民俗と建築にまつわる工芸〉という視点からタイル、陶磁器などの理論と制作を行なう。最近の展示に「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために」(森美術館、2013年)、「タイルとホコラとツーリズム」(Gallery PARC、2014年)など。またapplied arts(応用芸術)としての工芸を作り手の視点から読み解き、その制作の方法を探っていく〈APP ARTS STUDIO〉 という教育プログラムを運営。


PAGE TOP