AMeeT
COLUMN

コラム

音楽の余暇阿部 海太郎(作曲家)

2015 08 27
『メトロポリス伴奏付上映会』演奏風景| 2015年2月20日(金)、21日(土)|京都芸術センター 講堂|映像芸術祭

『メトロポリス伴奏付上映会』演奏風景| 2015年2月20日(金)、21日(土)|京都芸術センター 講堂|
映像芸術祭"MOVING 2015"公式プログラム  photo by INOUE Yoshikazu

京都、二月。『メトロポリス伴奏付上映会』。
mama!milkの生駒祐子さん、清水恒輔さん、そして金沢から来た照明の巽勇太さんと一週間の滞在制作をしました。今この文章を読んでくださっている方の中で上映会にもお越しいただいた方にはあらためてお礼申し上げます。また、この貴重な機会を与えてくださった京都の皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。この企画は2009年に金沢で始まりましたが、当時はこうして京都で上演できる日が来るとは思ってもいませんでした。『メトロポリス』という不朽の名作を、今日の私たちがそれぞれの土地で生き返らせる。この試みを、フリッツ・ラングもまた愉しんでいるだろうと思っています。

僕にとってmama!milkは数少ない友人のうちの二人で、すなわち心から尊敬できる音楽家です。その唯一無二の音楽性はどこから来ているのか。就中、二人の才能の賜物だと思っています。しかし同時に、東京という街が彼らのような音楽を育むことができるかというと、すぐには首肯できない自分がいます。逆に言えば、mama!milkの創造性のある部分は、やはり京都という街が育んだのではないかと思うのです。

果たして京都という街の何がmama!milkの音楽を形作っているのか。京都でmama!milkの二人と一緒に過ごし、ともに制作に取り組んだ一週間は、mama!milkの音楽の何たるかを理解するチャンスでもありました。


PAGE TOP