AMeeT
COLUMN

コラム

僕らは、日々変わる vol.3(カナミル)文・写真: オガワコウイチ(おやすみホログラム プロデューサー)

2020 06 11

八月ちゃんとカナミルによるオルタナティブユニット おやすみホログラム。AMeeTでは、同ユニットのプロデューサーであるオガワコウイチによる各メンバーとの会話を連載。 4年ぶりとなる第3回は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で半年間ライブが出来ていない状況の中、2ヶ月ぶりにカナミルと対面で会った際に収録。近況報告を中心としたとりとめのない話題の中に、人となりが滲む瞬間が垣間見える。八月ちゃん編は6月末に公開予定。

プロフィールを読む

文・会話編集・写真: オガワコウイチ(おやすみホログラム プロデューサー)
会話:オガワコウイチ × カナミル(おやすみホログラム)

恐らくだけど、僕らはコミュニティーに所属していない。
まるで宇宙の闇の中を静かに漂い続ける宇宙船のように。
今回のコロナの件を通してそれをいつもよりも強く感じている。

思想だったり、趣味だったり、そこから繋がる気が合う人たちだったり。
その流れの中に身を置くことで安心する瞬間もあると思うし、実際羨ましいと思ったりもするんだけど、違和感を感じた瞬間に居心地が悪くなってしまいどうにも息苦しくなる。
それを飲み込んでうまいこと人生を転がしていくのが大人なのかもしれないけど。
おやホロにおいて、僕らはそんなスタンスでこれまでやってきたように思える。

久々に会った彼女は健康そうで、いつもより柔らかな表情をしていた。
インタビューをしていて思ったのは、まあ大丈夫、収まるところに収まるよ、という彼女の明るい面が前よりも目立っていたことだった。

僕に関してもこの数ヶ月で作る曲の性質が変わってきた気がする。
会えなくなった分、自分と他人の距離についていつも考えている。

春が無かった2020年の5月の終わりの夜。
空いてる東京の道をドライブしながら話したこと。

カナミル
PAGE TOP