AMeeT
COLUMN

コラム

僕らは、日々変わる vol.1(カナミル)文:オガワコウイチ(おやすみホログラム プロデューサー)

2016 08 28

東京アンダーグラウンドシーンを中心に活動するアイドル おやすみホログラム。AMeeTでは、同ユニットのプロデューサーであるオガワコウイチ氏による初のコラムと、各メンバーとの会話を掲載する。第1回はカナミル編。メンバーへの眼差しと、彼女らとの距離感がリアルに描写されている。

プロフィールを読む

文・会話編集・メインビジュアル撮影:オガワコウイチ(おやすみホログラム プロデューサー)
会話:オガワコウイチ × カナミル(おやすみホログラム)

時々、人が誰にも向けていない歌を、どんな気持ちで聴いているのだろうと無性に気になる瞬間がある。

それを口に出して伝えてくれる人もいるし、その感想が興味深かったりする。
ただ、当たり前だけどそれができるのはライブに来て僕と直接話せる状況にある人だけだ。
その他大勢の歌を聴いてくれた人たちが感じたことを僕は知ることができない。

そんな歌を彼女たちは歌っている。

おやすみホログラム ライブ風景 撮影:KENTA SOTOBAYASHI
おやすみホログラム ライブ風景 撮影:KENTA SOTOBAYASHI

彼女は京都メトロで行われたあるイベントを境に少しずつ変わっていった。
初めての遠征ということもあり、色々とバタバタとしていた中でのライブで緊張や焦りがあったのだろう。
自分のパフォーマンスに不満も持っていただろうし、それをどうしてよいかもわかっていなかった(多分)。

最後の曲で彼女はステージを降り客席で歌い始めた。
曲が終わり客席からステージに戻る際に彼女はマイク越しに叫んだ。

「どけよ! 邪魔なんだよ!」

それまでは少し大人しかった彼女が観客に初めて見せた荒々しい姿である。
この出来事を境に彼女はゆっくりと変わっていき、Have a Nice Day!との共作『エメラルド』以降大きく変化を遂げることになる。

PAGE TOP