AMeeT
COLUMN

コラム

絵画をめぐって世界に触れる山田純嗣(美術家)

2016 10 05
図2 《(14-4) 日月山水》

図2 《(14-4) 日月山水》

絵画とは何か

PATinKyoto2016において、一般財団法人ニッシャ印刷文化財団賞をいただいた作品、《(14-4) 日月山水》は、大阪河内長野市にある金剛寺の《日月山水図屏風》(室町時代、六曲一双)(図1)を基にした作品です。この作品を含め、私は近年「絵画をめぐって」としたシリーズの作品を作っています。その作品群は、いずれも古今東西の名画をモチーフにしたもので、その制作手法は、まず元の名画に描かれている世界を石膏などを用いて立体として作ります。それを名画と同じようにセッテングして撮影し、原寸大まで引き伸ばしてモノクロにプリントします。その写真の上から全体的に均質に描き込んだ銅版画を重ね、最後にパネルに張りこみ、樹脂やパールで表面加工を加え、平面作品として完成させます。今回のPATinKyoto2016での展示では、そのモチーフとなった立体、写真に重ねる銅版画の原稿となるトレーシングペーバーに描いたドローイングもパネルの完成作とともに展示しました(図2)。

私たちが絵画を見る、絵画を体験するということはどういうことなのか、その体験している「絵画」とは何なのか、私は制作を通してそれを探っています。人は、目の前に広がる美しい風景に出会った時に、「絵みたい」と思わず口をついてしまうことがあります。目の前にあるものは「絵」ではないのに人の中には「絵」がある、その時の「絵」とは何なのか、それを探っているような感覚です。今回は、壁面に展示されて屏風状に前面に張り出したメインのパネル作品と、テーブルに置かれたモチーフとなった立体、壁面に貼り付けられたごく薄い紙に描かれたドローイング、それら3点の組み合わせによるインスタレーションという構成としました。絵画を解体し、形式から宙吊りにして、インスタレーションとしてもなお、その空間全体から「絵画」を感じることのできる作品、絵画とは何かを考えるような作品となればと考えました。

今回の《(14-4) 日月山水》は日本の古典絵画をモチーフとしていますが、これまでにモチーフとしてきたものは、日本のものに限らず、西洋の絵画もモチーフとしてきました。そうして制作していくうちに、東洋の絵画と西洋の絵画の空間認識の違いを発見することがしばしばあり、大変興味深く、絵画の広がり、奥深さを感じます。その発見は、私の制作のプロセス、立体を作ってカメラで撮影するという中で発見することが多いです。


山田 純嗣 YAMADA Junji

山田 純嗣 YAMADA Junji

1974年長野県飯田市生まれ、名古屋市在住。1999年愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了。美術家。「インタリオ・オン・フォト」と名付けた独自の技法で、絵画、写真、立体を用いて二次元と三次元を往還しながら絵画について探求している。主な展覧会として、2016年「PATinKyoto 第2回 京都版画トリエンナーレ2016」京都市美術館、一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団賞受賞、2015年「絵画をめぐって」Bunkamura Gallery(東京)、2014年「絵画をめぐって 理想郷と三遠法」一宮市三岸節子記念美術館(愛知)2013年「アイチのチカラ!戦後愛知のアート、70年の歩み」愛知県美術館、2012年「ポジション2012 名古屋発現代美術」名古屋市美術館、2009年「現代絵画の展望 12人の地平線」旧新橋停車場鉄道歴史展示室(東京)など。

山田純嗣 Junji Yamada Official Website
http://junji-yamada.com

図1 《日月山水図屏風》(室町時代、六曲一双)

図1 《日月山水図屏風》(室町時代、六曲一双)


PAGE TOP