AMeeT
COLUMN

コラム

黎明の軌跡
AUBE/中嶋昭文の作品について執筆・画像提供:東瀬戸悟(フォーエヴァー・レコーズ勤務)

2017 03 23

2016年11月より、糸魚健一さん主宰の京都のレーベル shrine.jpから、AUBE(オウブ)の90年代カセット・テープ作品群が月刊ペースでCD化されている。フランス語の「黎明」あるいは「白衣」「水力タービン」を意味するAUBEは、東山三条で生まれ育ち、2013年に54歳で世を去った生粋の京都人、中嶋昭文さんによるノイズ・プロジェクトである。多作家だった中嶋さんが生前に制作したタイトル数は、単独作、スプリット、参加コンピレーション、デザインワークなどを含めると実に300種に及ぶのだが、2000年代は国内での活動が少なく、インターネット上での情報もそう多くはないため、若いリスナーには馴染みが薄いだろう。

私の勤務するレコード屋、フォーエヴァー・レコーズに来るお客さんの一人として、中嶋さんと知り合ったのはAUBEを名乗る以前、1988年だったと思う。京都市立芸術大学デザイン科でプロダクトデザインを学び、卒業後に大阪船場のデザイン事務所で働いていた頃だ。最初の記憶では筒型図面ケースを持った品の良い黒装束の人。店のレコード棚をチェックする時は時折、分厚いシステム手帳を取り出しコレクション・リストと照らし合わせ、購入後は店舗、日付、値段を几帳面な文字でビッシリ書き込んでいた。スロッビング・グリッスル、キャバレー・ヴォルテール、SPK、ホワイトハウス、M.B.、カレント93、ライバッハ、エスプレンドー・ジオメトリコといったインダストリアル/ノイズを中心に、クラフトワーク、クラウス・シュルツェ、タンジェリン・ドリームなどの70年代ジャーマン・エレクトロニクス、現代音楽、ニューウェイヴ系シンセ・ポップなどが守備範囲。当時、台頭してきたハウス、テクノといった新型エレクトロニクス・ダンス・ミュージックは軽く横目で見る感じ。世代的にハード・ロックやパンクも通ってきたはずなのだが、ほぼ興味無さげ。コレクターとしては既に上級者で海外のレーベルやコレクターから直接購入したり、トレードを行っており、来店時に話をするうちに入手した貴重盤、限定盤などを分けてもらうようになり親しくなった。


東瀬戸 悟 HIGASHISETO Satoru
(フォーエヴァー・レコーズ勤務)

東瀬戸 悟 HIGASHISETO Satoru

1960年兵庫県生まれ。大阪在住。フォーエヴァー・レコーズ勤務。クラウトロック、プログレ、サイケデリック、ノイズ、現代音楽を中心に国内外のシーンに幅広く精通する。レーベル「AUGEN/HÖREN」を主宰し、ニプリッツ、鈴木昭男、宇都宮泰、山本精一、ジョン(犬)、灰野敬二、キャロライナー、エイプリル・マーチなどの作品/ライヴを企画制作。故クラウス・ディンガー、サーストン・ムーア、ジム・オルーク、メイヨ・トンプソン、モーマス、アンソニー・ムーアなど海外アーティストとの交流も深い。

フォーエヴァー・レコーズ
http://www5a.biglobe.ne.jp/~forever/


PAGE TOP