AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

國府理「水中エンジン」再制作プロジェクトについて(全4回)―第1回:「問い」を喚起する装置としての「再制作」文:高嶋慈(美術批評/京都市立芸術大学 芸術資源研究センター 研究員)

2017 07 18

2014年に急逝した國府理の《水中エンジン》(2012)は、國府自身が愛用していた軽トラックのエンジンを水槽に沈め、水中で稼働させるという作品だ。浸水や漏電、部品の劣化などのトラブルの度に一時停止とメンテナンスを施されて稼働し続ける不安定な姿は、発表の前年に起きた原発事故に対する批評的応答であると言える。國府の創作上においても、「震災後のアート」という位相においても重要なこの作品は、インディペンデント・キュレーターの遠藤水城が企画する再制作プロジェクトにおいて、國府と関わりの深いアーティストやエンジン専門のエンジニアらの協力を得て、2017年に再制作された。 本稿は、今回の再制作について、プロジェクトメンバー4名がそれぞれの立場から執筆する計4回シリーズの第1回目である。再制作プロジェクトの概要の紹介とともに、作品の「同一性」、「オリジナル」概念や「記録・アーカイヴ」をめぐる問題について考察する。

國府理《水中エンジン》

國府理《水中エンジン》2012年/
再制作(水中エンジン再制作実行委員会による・オリジナルからの部品を含む)2017年
撮影:木奥惠三
小山市立車屋美術館での展示風景

私が研究員として所属する京都市立芸術大学 芸術資源研究センターは、2015年度に古橋悌二《LOVERS―永遠の恋人たち》(1994)の修復を行うなど、「現代美術の保存修復」を活動の柱の一つとしている。國府が京都市立芸術大学出身(美術研究科 彫刻専攻修了)ということもあり、今回の再制作プロジェクトでは、作業の記録・アーカイヴ化を担うことになった。以下では、《水中エンジン》という作品の概要と再制作プロジェクトの概要をまとめた後、本プロジェクトが喚起する問いとその意義について述べる。


高嶋 慈 TAKASHIMA Megumi

美術批評。京都市立芸術大学 芸術資源研究センター 研究員。現在、ウェブマガジン・artscapeにて、現代美術や舞台芸術に関するレビューを連載中。企画した展覧会に、「Project ‘Mirrors’ 稲垣智子個展:はざまをひらく」(2013年、京都芸術センター)、「egØ-『主体』を問い直す-」展(2014年、punto、京都)。


PAGE TOP