AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

國府理「水中エンジン」再制作プロジェクトについて(全4回)―第2回:プロジェクトを支えた再制作物語文:はが みちこ(アート・メディメーター)

2017 07 27

國府理の「水中エンジン」再制作について、プロジェクトメンバーが綴る連載シリーズ第2回目。プロジェクトマネージメントと広報の担当者が、作家の一ファンとしての個人的感情をいかに整理し、どんな技術を用い、どのような心理的変遷を経たか。再制作物語に併走した当事者としての視点に美学的考察を交えながら語るよう試みた。

1. 心情整理

アーカイヴについて書かないといけない記事だが、私的な話から。

私にとって國府理は憧れの人だった。学生時代だった10年前に出会ってから、折々に展示があればできるだけ見に行き、その表現が提示する可能世界に魅了された。その誠実さから様々なことを考えさせられた。少し不器用なストイックさに心打たれた。また、その憧れを人に伝えるのを憚ったことはなかった。ある時の面接で「一番好きな芸術作品は何か」と尋ねられ、とっさに「國府理の《Mental Powered Vehicle》」と答えたことがある。グレートマスター達の作品を差し置いて、頭の中で瞬時に思い浮かんだにも関わらず、私はその作品の実物を見たことがなかった。見ていたのは残された映像だけである。それでも「精神の力が自動車を動かす」というコンセプトだけで、私はその作品がとても好きだった。この作品(2006)は技術的にはハンドル部にテルミンの機構を用いることで、ハンドルに手を触れなくても人体の静電気によって電流を発生させ、車体上のプロペラを回す仕組みになっていたようだ。(面接には落ちてしまったが、まあこれとは関係ない理由だろう。)

國府理「水中エンジン」再制作プロジェクトを構想したインディペンデント・キュレーターの遠藤水城も、実際には見たことのない《水中エンジン》という作品に心を動かされたのだという。再制作を申し出るという行動に彼を移させたのは、作品そのものだったかもしれないし、國府さんが水中エンジンを動かす姿を語る人々の話だったのかもしれない。(その辺りの経緯は、本連載最終回に予定されている遠藤さんの記事で語っていただけるものと思う。)そう、この作品の鑑賞には國府さんが動かしてくれるという体験が組み込まれていた。彼が動かすのではない水中エンジンを、心情的に受け入れられるかどうか。まずは一ファンとして、とても悩ましい問題に思えた。それでも、以前に自分でもこの作品の重要性について書いたこともあり、再制作行為自体には意義を感じた(※1)。

※1)「國府理の仕事と仲間たち」(アートコートギャラリー, 2015年5月1日-5月30日)に文章出展
(以下リンク先に掲載 http://www.artcourtgallery.com/wp-content/uploads/m_haga.pdf


はが みちこ HAGA Michiko

はが みちこ HAGA Michiko ポートレート

アート・メディエーター。現在、東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)に勤務。2011年京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程(創造行為論)修了(修士論文「ゲームとデュシャンー1920-30年代の非芸術的実践を中心にー」)。2016年より京都教育大学非常勤講師。企画に「VIRTUAL EFFECT」(2011年、Antenna Media、京都)、「THE BOX OF MEMORYーYukio Fujimoto」(2015-16年、 KYOTO ART HOSTEL kumagusuku、京都)等。

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
http://haps-kyoto.com/


PAGE TOP