AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

國府理「水中エンジン」再制作プロジェクトについて(全4回)―第3回:解釈行為としての再制作作業文:白石 晃一(アーティスト)

2017 08 17

國府理の「水中エンジン」再制作について、プロジェクトメンバーが綴る連載シリーズ第3回目。國府の生前から親交のある再制作担当者が、技術的資料の乏しい中で行った実体のないリバースエンジニアリング的な追体験を技術的側面から振り返る。

1. はじめに

2012年、國府がアートスペース虹において初めて「水中エンジン」を発表した際、筆者は制作の終盤部分とギャラリーへの設置を手伝った。

水中におどろおどろしく吊り下げられ、全体を大きく震わせながら危なげに動くエンジンの彫刻的魅力もさることながら、稼働にまつわる調整を行い、時には頭をかかえる國府の姿は、未完成な印象を含みながらも、当時の震災以降の社会状況とも重なり、なんともいえない魅力を感じさせた。

この5年後、本プロジェクト実行委員会委員長の遠藤水城から、「水中エンジンを再制作したい」という相談を受ける。詳しく聞くと、オリジナルのエンジンは残されておらず、関連する技術的な資料も残っていない。なおさら、作家自身が他界している状況で、エンジンを動かすというパフォーマティブな状態を再現することはかなりの困難を想像させたが、このままカタログでしか見ることのできない幻の作品になってしまう可能性を考えると、もう一度実物を見たいという気持ちが高まり、遠藤の申し出を受けた。


白石 晃一 SHIRAISHI Koichi

白石 晃一 SHIRAISHI Koichi ポートレート

ファブラボ北加賀屋 共同設立者・美術家・京都大学デザインスクール 非常勤講師。造形学修士(工芸・鋳金)・ファブアカデミー 修了。
金属造形やデジタルファブリケーションの技術を使い機械やコンピューターを組み込んだ彫刻を制作、自身でパフォーマンスを行ったり、観客参加型のイベントを仕掛け、国内外の公共空間を中心に発表を行う。
あらゆる人たちと共にプロジェクトを実践する場を求め、デジタルファブリケーションを使い誰もが共創できる市民工房、ファブラボ北加賀屋(2013〜)を共同設立。
近年はインターネットを使った知識・技術伝承システムの開発、共創活動の持続的組織構造の構築と実践、公共空間における芸術表現を実現する方法論とその影響について研究を行っている。

「AMUSE ARTJAM 2007 in Kyoto」『GO WEST!』審査員特別賞(ヤノベケンジ賞)2007年12月
「Art meets architecture competition」『Loop』入選 2005年9月

FabLab Kitakagaya
http://fablabkitakagaya.org/


PAGE TOP