AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

{1+デジタル}アーカイブズ
―建築資料をつかった試行錯誤文:本橋仁(早稲田大学理工学術院創造理工学部建築学科助手)

2015 12 02

建築の資料は、デジタル・アーカイブが一般化する以前から、マイクロフィルムによる記録がおこなわれてきた。単なる記録・保存のためであれば、それで十分かもしれない。ではなぜ、デジタルか。データにすることが生み出す効用を、建築資料を使った活動を通して、今一度考えてみたい。

ニコラス・ネグロポンテ(※1)が1995年に"being digital"で予見した未来にいま、やっと追いつき、その先へ進もうとしている。出版当時は実験段階であったVOD(有料動画配信)ビジネスは昨今急速に展開し、彼が「デジタル・ペルソナ」として描いた構想は、「OK Google」「Siri」として、誰しもが携帯電話で持ち歩いている現代である。「ネグポン」がその先に見据えた「楽観主義の時代」はもう到来し、いまや新しい世界を模索している時代と言えるのかもしれない。

アーカイブにおいても、例外ではない。ティム・バーナーズ=リー(※2)が提唱するセマンティックウェブの推進もまた、遅かれ早かれアーカイブの世界を飲み込んでいくだろう。いま、ウェブ全体は、単なる文字列から、それらが背後で意味づけられたデータの集積という側面を持ちはじめようとしている。この意味付けをおこなう「RDF(Resource Description Framework)」形式による記述は、政府や公共機関が進めるオープンデータによる情報公開の標準形式でもあり、多くのデータベースが同形式によりウェブを介して繋がろうとしている。

昨今のアーカイブの動きは、そのゴールにデジタル化、さらに公開をウェブ上にておこなうことを見据えて動いているようにさえ見える。わたしの専門は建築史であり、民家をめぐったり、近代建築を実測などして歩き回っている。もちろん、実物だけでなく文書資料も同じく重要な研究資料である。日がな一日資料を探し、国会図書館、国立公文書館のページを開き、検索でヒットしたにも関わらずウェブ公開されていない状況に接すると、少なからずイラッとしてしまう。それほどまでに、デジタル・アーカイブの恩恵にある種「毒されて」いる。

しかし、単にウェブで古文書にあたることができるというだけがデジタル・アーカイブの恩恵であろうか。ここで一度振り返り、単なるオリジナル資料を超えた、デジタル × アーカイブが織りなす、"効用"について一度考えてみる必要があろう。

※1)ニコラス・ネグロポンテ
Nicholas Negroponte(1943-)。通称「ネグポン」。MITメディアラボの創設者であり、彼の著した『being digital』は、現代の世界を予言する内容で、20ヶ国語に翻訳され世界に発信されるベストセラーとなった。さまざまな事柄がデジタル情報に取って代わられる世界に、積極的な明るい希望を見出すべきであるとして、彼はそれを「楽観主義の時代」と呼んだ。
Being Digital. Alfred. A. Knopf, Inc. 1995. 邦題『ビーイング・デジタルビットの時代』(福岡洋一訳. アスキー出版局. 1995.)

※2)ティム・バーナーズ=リー
Timothy John Berners-Lee(1955-)。World Wide Web(WWW)の概念をつくった人物であり、いまのインターネットの礎を築いた。現在は、ウェブページを単なる文書としてのページから、データとするセマンティックウェブの標準化を進めている。セマンティックウェブとデータとの関係性は、次が詳しい。
神崎正英「モノのウェブ、そしてリンクするデータ」2014年10月1日
http://www.infocom.co.jp/das/loddiary/2014/10/20141001001042.html


本橋仁 MOTOHASHI Jin

本橋仁 MOTOHASHI Jin

東京生まれ。2011年、早稲田大学創造理工学研究科修士課程修了。
2014年同博士課程退学(中谷礼仁研究室・建築史)。2012年、東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター 調査・研究アシスタント。2013年より早稲田大学理工学術院創造理工学部建築学科助手。2014年、株式会社メグロ建築研究所取締役。
2012年より現在まで旧本庄商業銀行煉瓦倉庫の調査・展示等活動に従事、2014年のベネチア・ビエンナーレでは日本館(commissioner: 太田佳代子)を担当。
撮影:中村年孝

本橋仁
http://archive-tektur.net/

メグロ建築研究所
http://meglab.jp/

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫
http://hanipon-renga.com/

早稲田建築アーカイブス
http://waarchives.org/


PAGE TOP