AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

連載「巨大な書庫で迷子になって」(全3回)第1回:美術館とオンライン・アーカイヴ文:佐藤守弘(視覚文化研究)

2018 01 11

「巨大な書庫で迷子になって」は視覚文化研究者の佐藤守弘氏によるアーカイヴに関する連載記事(全3回)。「美術館とオンライン・アーカイヴ」と題された第1回では、単数形の"アーカイヴ(archive)"という言葉と、複数形の"アーカイヴズ(archives)"という言葉が含む意味の違いや、美術館における"コレクション"と"アーカイヴズ"の違いなどを挙げながら、丁寧に「アーカイヴとは何か」を読み解いている。第2回は「写真とアーカイヴ」、第3回は「サブカルチャーとアーカイヴ」という切り口でご寄稿いただく予定。

By Archivo-FSP (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

By Archivo-FSP (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

私は、さまざまなオンライン・アーカイヴを日常的によく利用している。著作権が切れた莫大な量の書籍の複製を公開している国立国会図書館デジタルコレクションや、京都関連の資料を集めた京都府立京都学・歴彩館の京の記憶アーカイブを使って何本か論文を執筆したし、最近興味を持っている土木工事写真については、土木学会附属土木図書館デジタルアーカイブスでさまざま興味深い写真を見つけた。研究のため、Internet Archiveで19世紀末から20世紀初頭にかけての英語で書かれた日本ガイドを何冊もダウンロードしたこともある。EUのEuropeanaやアメリカのDigital Public Library of Americaのようなアーカイヴ同士を横断検索できるポータル・サイトからは、とてつもない量の情報に接続できる。ほかにもよく使うオンライン・アーカイヴはあるし、私の知らないアーカイヴも当然まだまだある。

インターネットとは、いわば巨大な書庫のようなものである。しかしそれは大きすぎて、中に入ってしまうと自分がどこにいるのか分からなくなる。そういう巨大な書庫のなかで迷子になりかけているひとりの使い手の立場からオンライン・アーカイヴを考えてみようとするのが、この連載のねらいである。

まず断っておきたいのは、私はアーカイヴ/アーカイヴズの専門家ではなく、その作成や管理・運営の実践に携わったことがないということである。といいながら、アーカイヴに大なり小なり関わるテクストも書いている(※1)し、アーカイヴに関する講演をしたり、シンポジウムに関わったり(※2)もしていることから、あくまでも作る側ではなく、使う側から見たアーカイヴの問題について語っていきたいと思っている。

※1)私が書いてきたアーカイヴに関するテクストとしては、佐藤守弘「写真とアーカイブ――キャビネットのなかの世界」(原田健一、石井仁志編『懐かしさは未来とともにやってくる――地域映像アーカイブの理論と実際』学文社、2013年、212〜230ページ)、同「産業資本主義の画像=言語――写真アーカイヴとセクーラ」(『PARASOPHIA京都国際現代芸術祭2015[公式カタログ]』京都国際現代芸術祭組織委員会、2015年、150〜152ページ)、同「郷土を調べる子どもたち——『北白川こども風土記』におけるアーカイブする実践」(原田健一、水島久光編『手と足と眼ざし——デジタル映像アーカイブ研究と地域実践(仮題)』学文社、近刊予定)などがある。

※2「みずのき美術館の学習会 ~福祉施設の作品をアーカイブするには」(2017年1月29日、於・みずのき美術館)の第2部「価値と活用という視点で見るアーカイブ」(榊原充大氏と登壇)で「ミュージアムとアーカイヴズ——ニューヨーク近代美術館をモデル・ケースに」というタイトルで講演を行った——本稿はその延長線上にある。また「アーカイブサミット2017 in 京都」では、ミニシンポジウム「クールジャパンの資源化について」(2017年9月10日、於・京都府立大学稲盛記念会館)に細井浩一、森川嘉一郎、吉田力雄の各氏とともに登壇した。


佐藤 守弘 SATOW Morihiro

佐藤 守弘 SATOW Morihiro

京都精華大学デザイン学部教授。専門は芸術学、視覚文化論。近代における風景/トポグラフィの視覚文化研究、ポピュラー/ヴァナキュラー・イメージ研究など。単著に『トポグラフィの日本近代――江戸泥絵・横浜写真・芸術写真』(青弓社、2011年)。最近のオンライン・テクストに「場所と人間──トポグラフィの視覚文化論」(『10+1 web site』LIXIL出版、2017年8月)がある。

IN THE STUDIO:佐藤守弘の講義情報
http://d.hatena.ne.jp/satow_morihiro/

佐藤守弘の経歴/業績
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/
b-monkey/intro.html


PAGE TOP