AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

連載「巨大な書庫で迷子になって」(全3回)第3回:ポピュラー・カルチャーとアーカイヴ——期待と困難文:佐藤守弘(視覚文化研究)

2018 03 31

「巨大な書庫で迷子になって」は視覚文化研究者の佐藤守弘氏によるアーカイヴに関する連載記事(全3回)。「ポピュラー・カルチャーとアーカイヴ——期待と困難」と題された第3回では、「クールジャパン」のアーカイヴが抱える課題や、パンクの資源化への抗議として500万ポンド(日本円で7億円強)に値すると言われるパンク・コレクションが、所有者であるジョセフ・コーによって焼き尽くされたエピソードなどを例に挙げ、ポピュラー・カルチャー/サブカルチャーのアーカイヴ、ひいては現代においてあらゆるアーカイヴが抱える困難に言及している。

中島敦(1909〜1942)に「文字禍(※1)」という短編小説がある。アーカイヴズ/アーカイヴについて考えるときに、よく思い出すのがこのテクストである。舞台は、古代アッシリアの都ニネヴェで、ある老博士が王から文字の霊が存在するか否かの調査を命じられる。当時は粘土板に楔形文字を刻印したので、「書物は瓦であり、図書館は瀬戸物屋の倉庫に似ていた」。調査の末、文字の霊とそれがもたらす病の存在を確信した博士は、王にその旨を報告したものの、失脚することになる。博士は「これが奸譎な文字の霊の復讐であることを悟った」。しかし、話はそれだけでは終わらない。

しかし、まだこれだけではなかった。数日後ニネヴェ・アルベラの地方を襲った大地震の時、博士は、たまたま自家の書庫の中にいた。彼の家は古かったので、壁が崩れ書架が倒れた。夥しい書籍が――数百枚の重い粘土板が、文字共の凄まじい呪の声と共にこの讒謗者の上に落ちかかり、彼は無慙にも圧死した。

「獅子という字は、本物の獅子の影ではないのか。それで、獅子という字を覚えた猟師は、本物の獅子の代りに獅子の影を狙い、女という字を覚えた男は、本物の女の代りに女の影を抱くようになるのではないか」という、「意味されるもの(シニフィエ)」=概念と「意味するもの(シニフィアン)」=音声との関係を考察したフェルディナン・ド・ソシュール(1857-1913)にも通じる、すぐれて記号論的な問いを立てたこのテクストは、最後に「意味するもの」=文字の復讐を据えることで、現代におけるアーカイヴの困難を示唆しているようにも読める。

連載最終回の今回は、ポピュラー・カルチャー/サブカルチャーのアーカイヴ/資源化に寄せられる期待とその困難を示すことで、現代におけるアーカイヴの重要性とその課題を少しでも提起することができればと考えている。

目次

  1. 「クールジャパン」のアーカイヴ
  2. サブカルチャーの資源化
  3. アーカイヴの破壊
  4. 終わりに

※1)連作「古譚」のひとつとして1942年に初出。「青空文庫」——これもデジタル・アーカイヴである——で読むことができる。
「青空文庫 図書カード:文字禍」


佐藤 守弘 SATOW Morihiro

佐藤 守弘 SATOW Morihiro

京都精華大学デザイン学部教授。専門は芸術学、視覚文化論。近代における風景/トポグラフィの視覚文化研究、ポピュラー/ヴァナキュラー・イメージ研究など。単著に『トポグラフィの日本近代――江戸泥絵・横浜写真・芸術写真』(青弓社、2011年)。最近のオンライン・テクストに「場所と人間──トポグラフィの視覚文化論」(『10+1 web site』LIXIL出版、2017年8月)がある。

IN THE STUDIO:佐藤守弘の講義情報
http://d.hatena.ne.jp/satow_morihiro/

佐藤守弘の経歴/業績
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/
b-monkey/intro.html


PAGE TOP