AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

タイムベースド・メディア・インスタレーション『HUMAN EMOTIONS』の再制作・修復・保存に関する資料と議論 (全4回)―どのような形で作品を残すべきか第4回:再制作・修復・保存に関する15の議論 後半

2018 06 12

16-3. 構成要素の破損・ロストをどこまで認めるか

――展示によって、それぞれの構成要素間の距離や位置関係は異なりますが、基準はあるのでしょうか。

(山城)
ああ...すごく難しい質問ですね。「この辺りに人が1人座れるといいな」とか、自分の中にはありますよね。それを言語化できていないだけで...。

図面
本記事掲載にあたり、当時の図面を参考に山城が制作したオリジナル・ヴァージョンの図面。
PDFで閲覧する
図面
再制作時、キュレーターに展示プランを提示するために制作したラフォーレミュージアム原宿の図面。
PDFで閲覧する
2つの図面を比較すると、「会場のサイズ・形状が異なること」「それに伴いオブジェ間の距離・位置関係が微妙に異なること」などがよくわかる。

――まだ言語化していないだけで、重視していないわけではないですよね。

(山城)
そうですね。

――それが「構成要素を増やすか減らすか」にも関わってくる ※8 ということですよね。

(山城)
うんうん。

――過去3回の再制作において、すべての構成要素が揃ったことは一度もありません。フル・ヴァージョン ※9 であるラフォーレミュージアム原宿での展示でさえ、“小さい椅子”、“マイク”、“天井吊り照明器具”などがありませんでした。今後も全ての構成要素が揃っていない状態での展示を認めていくでしょうか。

写真はARTZONEでの展示(オリジナル・ヴァージョン)。 “時計くん”の前に、撮影時に使用した“マイク”、“マイクスタンド”、“小さい椅子(3脚)”などが並んでいる。 撮影:表恒匡
写真はARTZONEでの展示(オリジナル・ヴァージョン)。
“時計くん”の前に、撮影時に使用した“マイク”、“マイクスタンド”、“小さい椅子(3脚)”などが並んでいる。
撮影:表恒匡
写真はラフォーレミュージアム原宿で展示されたフル・ヴァージョン。 “時計くん”の前に、“マイク”、“マイクスタンド”、“小さい椅子”などはない。 撮影:丸尾隆一
写真はラフォーレミュージアム原宿で展示されたフル・ヴァージョン。
“時計くん”の前に、“マイク”、“マイクスタンド”、“小さい椅子”などはない。
撮影:丸尾隆一

(山城)
理想として「今残されているオブジェは全て置きたい」という気持ちはあるけど、それができない場合の展示も認めていくと思います。オリジナル・ヴァージョンの展示では、壁なども含めて、映像に映っている空間と、同一の空間が鑑賞者の目の前にあった。「ARTZONE以外の場所で展示する」という時点で、構成要素(物質)だけでなく、多くのものが失われているわけだから、1つの破片が無くなったことによって1%減ることも認めるという判断です。

(堤)
そうですね。壁の出っ張りとか。

(山城)
そうそう、ARTZONEの壁を全部引っこ抜いて保存することはできない。持ち帰りできるポータブルなものとして、“切り株”とか“お皿”を持って帰ったんだけど、それらはあくまで持ち帰ることができたから持ち帰っただけであって、そもそも全部持ち帰れたと思っていない。最初から100%持ち帰れていないから、今手元にあるものを全部置いたからと言って100%再現できているということにならない。つまり、構成要素が数点ないから成立しないということにはならない。

――では、何かしらのやむを得ない事情で構成要素(物質)の多くがロストしたと仮定したとき、構成要素(物質)の何がロストすると、あるいはいくつロストすると作品が成立しないと判断しますか。

(山城)
すごい質問ですね。

(堤)
あり得ますからね。

(山城)
例えば、“時計くん”は既製品の時計と電灯を組み合わせて作っています。骨董屋とかを巡ると、時計は全く同じ製品を見つけることが難しくありません。電灯の方が見つかり難くのですが、これと本当によく似た、色違いを売っているのを見たことがあるので、同じか近いものに置き換えることは可能です。

“時計くん”は既製品の時計(上部)と電灯(下部)を組み合わせて作られている。 撮影:表恒匡
“時計くん”は既製品の時計(上部)と電灯(下部)を組み合わせて作られている。
撮影:表恒匡

――重要な構成要素である“時計くん”でさえ、ロストした際には置き換え可能ということですね。では、作家として「この構成要素がなくなったから作品をリタイアさせる」という判断はしないと考えているのでしょうか。

(山城)
はい。例えば、20年後に“時計くん”がロストしていて、同じ形のものが同じような条件で見つかった場合、「置き換えて展示しましょう」と言いますね。

――では数に関してはどうでしょう。極端な話、オリジナル・ヴァージョンの展示の際に保存した構成要素(物質)が、半分以上ロストしても、作品として成立しますか。もちろん、これはやむを得ない場合に修復可能かどうかの話で、積極的に置き換えたり、複製することを認めるという趣意の質問ではないです。

(山城)
修復という目的であれば、置き換えていいと思う。

※8 山城は、本インタビュー内で「会場のサイズがARTZONEに比べて狭い場合などは、「すべてのオブジェを持ち込むと、さすがに展示空間が詰まってしまうから、このオブジェは外そう」というふうに個別に判断していくということですよね。」という質問に対し、「そうです。その結果、フル・ヴァージョンと言いつつ、すべてのオブジェが揃わなかったのが、ラフォーレミュージアム原宿での展示です。」と回答している。詳細は13. “展示空間の条件”に関する議論を参照。

※9 映像のチャンネル数が8チャンネル(=ARTZONEで展示されたオリジナル・ヴァージョンと同数)の展示がフル・ヴァージョン。ヴァージョンの定義の詳細は6-2. ヴァージョンの定義に掲載。

PAGE TOP