AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

タイムベースド・メディア・インスタレーション『HUMAN EMOTIONS』の再制作・修復・保存に関する資料と議論 (全4回)―どのような形で作品を残すべきか第4回:再制作・修復・保存に関する15の議論 後半

2018 06 12

16-4.もう一つの基準としての“作家の思い入れ”

(山城)
置き換えるのが一番難しいのは“切り株”かな。本当に難しい。これは無理だと思う。“切り株”は後輩から譲ってもらいました。その後輩は革製品を作っていた場所を改装して住んでいるのですが、そこを訪ねた際、改装中に出てきた不要な木材の山の中から見つけた。後輩に「もらって帰っていい?」と聞いたら、「いいですよ、考えが変わらないうちに早く持って帰ってください!」と言われたので持って帰った。彼はその後、「やっぱり返してもらえないですか?」と言いに来たけど断った。これは絶対に置き換えられないですよね。どこを周っても見つからない。同じような“切り株”を用意したらいいかと言われればそれは違う気がしますね...。

切り株(写真はARTZONEでの展示時)
“切り株”(写真はARTZONEでの展示時)。
撮影:表恒匡

――え、そうなんですか?今までの話の流れだと、修復目的ならば同じような“切り株”に置き換えてOKかと思ったんですけど...。さっき堤さんが言っていた「鑑賞者が分かるか分からないか」という観点でいうと、同じような“切り株”を選べば多くの人にはわからないのではないでしょうか。

(堤)
たぶん、わからないですよ。

――やむを得ず修復する場合、「鑑賞者が分かるか分からないか」といった基準とは別に、「作家として違和感を感じるかどうか」という基準があるということでしょうか。

(山城)
その質問の答えになるかはわからないけど、“時計くん”と“切り株”どちらをなくすとショックかと聞かれたら“切り株”ですね。

(野田)
主観的なものの良さで発言してない?

(山城)
完全に自分の主観。そういうもんじゃないの?“時計くん”は、同じか近いものへ置き換え可能ということがわかっているんだけど...あの“切り株”に関しては、「同じものを用意できるやつがいたら出てこい!」という心境なんだよね。

(堤)
じゃあ、“切り株”がなくなったら『HUMAN EMOTIONS』は再制作できないんですね。意外と“切り株”っていう...。

――相当意外ですけど...。

(山城)
“小さい椅子”も、“紙皿”も用意できるけど、“切り株”は...。

――野田さんが指摘したように、「作家の個人的な思い入れ」「そのオブジェへの愛情」「執着」を除けば、“切り株”も形状が近いものに置き換えできますよね?置き換えできないのは、全く同じ形状のものが用意できないからですか?

(山城)
う~ん。

(堤)
いや、山城さんは、あの“切り株”が好きなんですよ。

(野田)
だからものの良さなんですよね。「作品にとってこの“切り株”は重要だ」という基準じゃなくて、オブジェとして、あの“切り株”から良さを感じ取っているから“切り株”がないと困る。

(山城)
その通りなんだけど...。

(野田)
作家が選んだものが構成要素に入っているということは作品にとって重要だとは思う。でも線引きを明確に伝えないと基準がわからない。修復という観点において、“時計くん”の代替案を出されたときの「それだったら置き換えてもいい」という気持ちと、“切り株”に対しての「これじゃなきゃだめだ」という気持ちの違いをちゃんと言葉で伝えたほうがいい。

――今のままだと、「“切り株”がなくなったらこの作品はリタイアさせるべき」という解釈もできる。

(山城)
“切り株”は、これまでの4回の展示で全部置いているから...。

(野田)
それは、ものの佇まいとしての良さがあるから配置しようと思ったわけでしょ?もう少し明確な指標を示してもらわないと...。

(山城)
今日一番難しいな...。

(野田)
ルールがわからなくなってきた。もうちょっと確信めいた回答がほしいかな。

――仮に「作家の個人的な思い入れ」「そのオブジェへの愛情」「執着」によって置き換えできないから、“切り株”がないなら作品が成立しないということであれば、作家の主張としてそういう記述を残しておくのはありだと思いますよ。それを山城さんが亡くなった後などに再制作する人が、受け入れるかどうかは別の問題として。

(野田)
あと、展示の時に「何を置いて何を置かないか」を決める際、実はそういった作家の主観によるものの良さの判断によってオブジェが選ばれているということも、前提としてどこかに記述されるべきですよね ※10 。そこって実は言葉にしたことはなかった。

ラフォーレミュージアム原宿での展示の全景
ラフォーレミュージアム原宿での展示の全景。
フル・ヴァージョンである本展示も含め、再制作において、すべての構成要素(物質)が配置されたことはない。何を置いて何を置かないかは、都度山城が選択している。
撮影:丸尾隆一

(堤)
他のオブジェは、もう少し記号的に選んでいるということですよね。

(山城)
思い入れのないものを、オリジナル・ヴァージョン搬出時に捨てたのかもしれない。例えば自分にとって思い入れのない“小枝”は、撮影時に使用した“小枝”でなくても、再制作時に「多くの人がイメージするような、所謂“小枝”らしい“小枝”」を改めて準備すればいいと思っていた。つまり、この“小枝”がいいとは思っていない。一方“切り株”に関しては「この“切り株”」がいいと考えている。ものによって微妙にその度合いは異なります。もちろん“時計くん”はかなり上位ですよ。「この“時計くん”がいい」と思っているけど、「ロストしたら交換してもいい」とは思える。でも“切り株”くらい思い入れの強いものになると、「おいおいおいおい、交換か...それはすぐには答えられないな」と...。

小枝(写真はラフォーレミュージアム原宿での展示時)
“切り株”の上にのっているのが“小枝”(写真はラフォーレミュージアム原宿での展示時)。
撮影:丸尾隆一

――すぐには結論が出せないということでしょうか。

(山城)
難しいけれど、ちゃんと答えないといけないですよね。代替品を選ぶのにかなりの困難が予想がされますが、やむを得ない場合は“切り株”も置き換えていいです。今“切り株”を置き換えるということを考えたら本気で悲しい気持ちにはなりましたけど...。思い入れの順序としては、“切り株”が一番上だったんだなということが、自分でも今わかりました。

※10 山城は、『HUMAN EMOTIONS』の次作となったタイムベースド・メディア・インスタレーション『TALKING LIGHTS / トーキング・ライツ』(以下、『TALKING LIGHTS』)についての美術家 八木良太と対談を行っている。同対談で、八木から『TALKING LIGHTS』に関して「物のチョイスに、山城くんらしさが現れている感じもおもしろかったし。でも骨董ってある観点から危ない。」「好みが入り込み過ぎてしまう恐れがある。」という指摘を受けている。それに対して山城は「「作品として置きたいわけじゃなく、ただ自分が好きだから置いているんじゃないの?」というような、自分でもギリギリありかなしかわからないラインの物も選んだ。歯止めがきかなくて(笑)。」と回答している。ここから他作品でも、構成要素のチョイスに「作家の個人的な思い入れ」「ものの良さ」が関係していることがわかる。

中本真生 編集[2016].“次代を担う若手美術家二人による初の対談 八木良太 × 山城大督 対談 [後半] ”.AMeeT.2018-05-30参照.

PAGE TOP