AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

修復・再制作プロジェクトにエンジニアとして関わった3人による対談:第3回(全3回)―遺し方に関する8つの議論対談:古舘健×三原聡一郎×白石晃一

2019 11 27

古橋悌二によるヴィデオ・インスタレーション作品『LOVERS――永遠の恋人たち――』、三上晴子による大規模なインタラクティブ・インスタレーション『欲望のコード』、國府理による軽トラックのエンジンを水中に沈め、稼働させる作品『水中エンジン』。これらの作品はいずれも、アーティストの死後、修復・再制作が行われている。AMeeTでは、それぞれの修復・再制作プロジェクトにエンジニアとして参加した3人による対談を掲載する。第3回では「作品をスコア(楽譜)として遺すこと」や「再制作チーム自体の複製」など、遺し方について議論されている。

対談参加者及びインタビュアーのプロフィールを読む

インタビュアー・編集:中本真生(UNGLOBAL STUDIO KYOTO)

目次

記事は全3回で、最終回となる今回は14章から21章までを掲載する。各作品の概要及び修復・再制作の概要は第1回に掲載。「実際にどのような方法・方針で修復・再制作を行ったか」「アップデート・改変についての判断」などについての議論は第2回に掲載

対談パート:遺し方に関する議論

  1. スコア(楽譜)からの再現
  2. 未来に投げかける~地中に埋められたエンジン~
  3. ノウハウの共有
  4. 村(再制作チーム)自体の複製と伝承
  5. 判断基準、ディレクションのやり方、コミュニケーションの取り方の保存
  6. 他者による解釈
  7. 作品が死ぬ/生きるということ
  8. 収蔵・再制作されることを意識して作品を作る

主な参考資料

PAGE TOP