AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

デジタル・アーカイブにみる新しい公共性のかたち―フランドル建築アーカイブセンターとアレハンドロ・デ・ラ・ソタ財団の事例から寄稿:藤本 貴子(国立近現代建築資料館研究補佐員)

2015 01 20

筆者は2013年10月から2014年9月の一年間、2013年度文化庁新進芸術家海外研修員として国外の建築アーカイブで研修・調査を行ってきた。研修を行った組織は4カ国4ヶ所、調査のために訪れた組織は8カ国40ヶ所にのぼる。今回は数ある世界の建築アーカイブ組織の中でも、非常にユニークなデジタル・アーカイブ活用の取り組みをしているアントワープのフランドル建築アーカイブセンターとマドリッドのアレハンドロ・デ・ラ・ソタ財団の事例を報告する。

はじめに

アーカイブという言葉は元々、ギリシアの執政官(アルコン)の住所・逗留地=文書保管所を指すギリシア語"arkheion"が語源だといわれている。情報の保管が今よりも困難で高価だった時代に、保管人は情報を司ることで権力を掌握し、文書保管庫は権力を担保する証となった。しかし時代とともに、アーカイブの持つ意味も役割も変わりつつある。筆者は2013年度文化庁新進芸術家海外研修員として4カ国4ヶ所の建築アーカイブ管理組織で研修を受け、8カ国40ヶ所の組織を訪問調査したが、その殆どが特定の個人/団体の存在を担保する証として資料を保管しているわけではなく、研究資料としての使用を促進し広く文化に貢献することを目指していた。

最初に研修を行った米国議会図書館では、整理された資料を誰でも無料で閲覧することができ、多くのデジタル画像をウェブサイトから利用することができた。建築家の事務所で10年間、広報・展示・事務所の新たな活動のために建築資料を扱ってきた筆者にとっては、一般に開かれた形の資料管理が非常に新鮮に感じられ、「歴史資料の公共性」について目が開かれるような思いだった。歴史や文化と関連させながら建築資料を自由に読み解いていくことで、新しい世界が立ち現れる。特にアメリカにおいて「公共」という言葉は、日本のように「道徳」や「規律」ではなく、「自由」や「共有」といった概念を想起させるように思われた。

その後研修・調査に訪れたヨーロッパの国々でも、殆どの建築アーカイブ管理組織が閲覧機能を備えており、普及活動を行っていた。資料を広く公開し周知させる試みは、出版や展示といった活動を通して様々なかたちで過去にも行われてきたわけだが、近年はインターネット技術の向上により、新たな局面を見せているように思われる。


藤本 貴子 FUJIMOTO Takako

1981年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒業。磯崎新アトリエ勤務のち、文化庁新進芸術家海外研修員として建築アーカイブの研修・調査を行う。2014年10月より国立近現代建築資料館研究補佐員。

文化庁 国立近現代建築資料館
http://nama.bunka.go.jp/


PAGE TOP