AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

ニッシャ印刷文化振興財団
本館・印刷歴史館 展示品のご案内

2014 09 11

日本写真印刷株式会社(以下、日本写真印刷)の本社敷地内にあり、当財団もセミナーや展示見学会などの事業活動で利用している建造物は、1906年(明治39年)に建築され、2012年(平成24年)12月9日に開催された文化庁の文化審議会文化財分科会の審議を経て、登録有形文化財に登録された。現在は通称「本館」として印刷技術の歴史を語る貴重な収蔵品の数々を展示している。

本館外観

日本写真印刷(株)本館について

日本写真印刷(株)の本社があるこの地は、遠く平安京時代、都の中心に位置し、嵯峨天皇や宇多天皇など歴代の天皇の退位後の住まいとされた朱雀院の跡地にある。 そして1906年(明治39年)、紡績会社(旧京都綿ネル)の本社事務所として建てられたこの建物は、すでに100年以上の歴史を有する大変貴重な明治時代の建物で、1948年(昭和23年)に日本写真印刷が引き継いでからも、第一本社棟が竣工する1980年(昭和55年)まで34年間にわたり長く本社棟として使われてきた。
その後、2003年頃から専門家による本格的な構造調査に着手し、2008年(平成20年)12月耐震補強を含む保存修理工事が完成、翌年の会社創業80周年に合わせ印刷歴史館も開設された。2011年(平成23年)12月には文化庁から国・登録有形文化財の登録認定を受け、今後長く文化と歴史を象徴した建物として保存され続ける。

本館に関する歴史

1895年(明治28年) 京都綿ネル(株)設立
1898年(明治31年) 当地に工場建設、操業開始
1906年(明治39年) 本館(事務所)を建設
1929年(昭和4年)   日本写真印刷(株)創業者・鈴木直樹氏が印刷業を開始
1946年(昭和21年) 日本写真印刷株式会社設立
1948年(昭和23年) 日本写真印刷(株)が当地(土地・建物)を取得
1980年(昭和55年) 第一本社棟竣工
2008年(平成20年) 本館の保存修理工事完成
2009年(平成21年) 印刷歴史館開設
2011年(平成23年) 本館が国・登録有形文化財に登録

意匠を凝らしたバルコニーを支えるエンタシスの石柱

意匠を凝らしたバルコニーを支えるエンタシスの石柱

疎水が流れていた1916年(大正5年)当時の正門と本館

疎水が流れていた1916年(大正5年)当時の正門と本館

屋上に設置された太陽光パネル

屋上に設置された太陽光パネル

職人の手作りによる上品な花房模様の天井

職人の手作りによる上品な花房模様の天井

1階の印刷歴史館入り口

1階の印刷歴史館入り口

2階のレセプション・ホール

2階のレセプション・ホール

印刷技術の変遷をたどる第二展示室

印刷技術の変遷をたどる第二展示室


PAGE TOP