AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

建築アーカイブから見えてくるもの
―京都工芸繊維大学美術工芸資料館における活動を通して寄稿:松隈 洋(京都工芸繊維大学教授)

2014 06 30

京都工芸繊維大学美術工芸資料館は、デザイン、建築、絵画、彫刻、金工、漆工、陶磁器、繊維品、考古品など、多分野にわたる収蔵品の展示、アーカイブを行う教育研究施設。本稿では松隈 洋氏(京都工芸繊維大学教授)に、展覧会「村野藤吾建築設計図展」を中心とする同資料館の活動紹介や、それらの活動を通して見えた建築アーカイブの可能性などについて寄稿いただいた。

はじめに

京都工芸繊維大学美術工芸資料館は、1981年に設立された大学博物館である。所蔵する美術工芸品は、元々は、京都工芸繊維大学の前身のひとつである京都高等工芸学校の収集品にはじまる。京都高等工芸学校は、1902(明治35)年に創立され、ヨーロッパにおける新しいデザインの動向を研究し、わが国においてはじめて本格的なデザイン教育を開始した学校のひとつだった。創設時の教授陣には、著名な洋画家の浅井忠(1856~1907年)や、後に京都帝国大学の建築学科を創設する建築家の武田五一(1872~1938年)らがいた。その草創期に、彼らが教材としてヨーロッパで購入した最新のポスター類(その多くがロートレックやビアズリー、ミュシャら、アール・ヌーヴォーの代表的な作家たちのものであった)が収集品の端緒となったのだという。その他の収蔵品も、絵画、彫刻、家具、工芸品、繊維製品など多岐にわたっている。

このような歴史をもつ美術工芸資料館に、日本の近代建築を代表する建築家の一人である村野藤吾(1891~1984年)の建築図面資料が収蔵品として最初に登録されたのは、1996年12月20日のことである。これは、村野の没後、遺族から寄贈されたおよそ5万点を超える建築図面の整理が順次行われ、正式な登録手続きへと進む流れの起点であり、現在、約2万5千点が、収蔵品として登録されて、保管されている。ここでは、村野藤吾の略歴と収蔵までの経緯、過去12回にわたって開催してきた展覧会「村野藤吾建築設計図展」(1999~2013年)を中心とする活動について紹介しながら、建築アーカイブの可能性について考えてみたい。


松隈 洋 MATSUKUMA Hiroshi

松隈 洋 MATSUKUMA Hiroshi

1957年兵庫県生まれ。1980年京都大学工学部建築学科卒業、前川國男建築設計事務所入所。2000年4月京都工芸繊維大学助教授。2008年10月同教授。現在に至る。工学博士(東京大学)。専門は近代建築史。2013年5月DOCOMOMO Japan代表。著書に、『ルイス・カーン』、『近代建築を記憶する』、『坂倉準三とはだれか』、『残すべき建築』など。2005年~06年「生誕100年・前川國男建築展」事務局長、「文化遺産としてのモダニズム建築―DOCOMOMO20選」展(2000年)、「同100選」展(2005年)キュレーションの他に、レーモンド、坂倉準三、ぺリアン、白井晟一、丹下健三、村野藤吾など多くの建築展に携わる。文化庁国立近現代建築資料館運営委員。

京都工芸繊維大学美術工芸資料館
http://www.museum.kit.ac.jp/


PAGE TOP