AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴと美術アーカイヴの意義寄稿:加治屋健司(日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ代表、広島市立大学芸術学部准教授)

2012 10 31

日本の美術関係者に聴き取り調査を行い、それを口述資料として保存・公開している非営利団体、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ。本団体の代表である加治屋健司氏に活動の意義や、美術アーカイヴの現状について寄稿していただいた。

オーラル・ヒストリーの収録:中里斉氏(右)
聞き手は富井玲子(左)と池上裕子 (2008年12月20日、中里氏自宅)

1. 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴとは

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ は、2006年12月に設立された非営利団体で、日本の美術関係者に聴き取り調査を行い、それを口述資料として保存・公開している。メンバーは12名で、その多くは美術史を専門とする大学教員や美術館学芸員である。2007年8月から聴き取り調査を始め、2012年10月時点で聴き取り調査の数は69名分に達している。そのうち書き起こしや確認を終えた39名のオーラル・ヒストリーをウェブサイトで公開している。

現在の聴き取り調査は1950年代から1960年代にかけて活動した作家を中心に行っているが、当時の動向を知る批評家や研究者にも話を聞いている。調査の対象は日本在住の関係者に限定しておらず、アメリカに住む在外メンバー4名の協力を得て、海外にいる日本美術関係者のオーラル・ヒストリーも収集している。さらに、オーラル・ヒストリーのアーカイヴに多様性をもたせるために、比較的若い世代の作家を対象とした聴き取り調査も試みている。

私たちの活動以外にも、美術関係者に対するインタヴューは数多く行われている。学術研究や展覧会準備のために研究者や学芸員は日常的にインタヴューを行っているし、雑誌や書籍、ウェブサイトにも美術関係者のインタヴューは数多く掲載されている。しかし、前者のインタヴューは非公開が基本であり、後者は、展覧会や出版など特定の目的に向けて行われるため、話題が限定されている場合がほとんどである。それに対して、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴは、語り手の生い立ちから現在の活動までを網羅的に聴き取り、研究・調査などの目的に供するため、それを一般公開している。私たちは、公開したオーラル・ヒストリーの著作権を有しており、閲覧者が非営利的な目的(学術論文、美術批評、教育現場での使用など)で使用する場合は、アーカイヴの許可を得ずにオーラル・ヒストリーを使用できるようにしている。


加治屋健司 KAJIYA Kenji

加治屋健司 KAJIYA Kenji

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ代表。1971年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程、ニューヨーク大学大学院美術研究所博士課程、スミソニアンアメリカ美術館研究員を経て、2007年より広島市立大学芸術学部准教授。2012年コロンビア大学客員研究員。広島市在住。
共著に『マーク・ロスコ』(淡交社、2009年)、『Count 10 Before You Say Asia: Asian Art after Postmodernism』(国際交流基金、2009年)、共編著にFrom Postwar to Postmodern, Art in Japan 1945-1989: Primary Documents (MoMA Primary Documents) (Durham: Duke University Press, 近刊)、企画・編集に「ネゴシエーションとしてのアート」『表象05』(月曜社、2011年)、訳書=イヴ=アラン・ボワ、ロザリンド・クラウス『アンフォルム 無形なものの事典』(高桑和巳、近藤学と共訳、月曜社、2011年)がある。

日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ

http://www.oralarthistory.org/


PAGE TOP