AMeeT
ARCHIVES

アーカイヴと再制作

京都の一般民家等に残る古文書調査
「市井の古文書調査は市民目線で」寄稿: 向坂 正美(特定非営利活動法人 史料データ保存ネットワーク)

2012 02 06

京都の民家や社寺、町村などには非常に多くの歴史資料が残存している。その中でも歴史的に価値のあるものとされた史料は、行政(資料館や博物館を含む)や大学などによって調査がなされ、適切な環境下で保存されている。しかし一方で、その調査・保存の対象から漏れた史料は、日常的に廃棄されていくのが現状である。それは一般民家や小規模な社寺、小村の集会場などに人知れず埋もれている史料などである。それらが世代交代や建物の建替えなどの節目に於いて捨てられていくのである。このような史料について調査・保存をする活動をしている「史料データ保存ネットワーク」からの寄稿。

1. NPO法人 史料データ保存ネットワーク
設立に至る経緯

代表である向坂正美は、元々歴史には全く興味を持たず40歳台後半まで過ごしていた。父親が他界した後、自家の先祖のルーツについて調べていたことを知り、引き続いて調査をしたいという気持ちの高まりもあって、ゆっくりとしたペースではあったがそれを行うとともに、新史料を発見する喜びも味わうことになった。
必然的に古文書とも出会う事が多くあり、何度か古文書教室にも通うこともあった。そのような環境の中で、市井の史料(特に古文書などの紙史料)が急速度で遺失・散逸している事を知った。ところが現状では組織的に市井の史料の調査・保存をしている団体が皆無に近い状態であることが分かり、どうしても自分がそのきっかけを作らねばと言う義務感にかられ、会社を早期退職して2010年2月にNPO法人を設立した。その前身となる「任意団体 史料データ保存ネットワーク」の活動を含めると、すでに約3年強の活動実績となっている。

2.市井の史料は軽んじられる?

日本の文化行政は、脆弱だと評されることが多いようである。確かに不況になれば一番に予算を削られるのは文化部門である。ということは行政が文化に対して不要不急で後回しにしても良いと考えているからであろう。またその中でも京都や奈良のような古い都は、古代や中世の史料が非常に多く残っているためか、近世以降の史料調査が充分にされているのか疑問に感じることもある。
もちろん多くの人が知っているような事柄については調査研究がなされているが、市井に残存する史料の調査研究は充分とは言えない。やはり重要度からすると古代・中世・近世・市井の史料の順となるのか。本当はどれも重要であり、すべてが調査研究されない限り日本史の空白は埋めることができないはずである。
いずれにしても市井の史料は、まだまだ多くが埋もれていて人の目に触れていないのが現状であることは間違いない。


向坂 正美 SAGUISAKA Masami

アジア歴史資料センターWEBサイト

1948年京都市生まれ。大手家電メーカーを2007年に早期退職。
2008年から市井の古文書などを調査・保存する団体として任意団体「史料データ保存ネットワーク」を立上げ活動開始。2010年2月にNPO法人化。久美浜町にて古文書を活用して区誌編纂に関わる。2011年、京都市内において成果発表展示会を開催。現在は京都市内を中心に活動中。
また、2011年には京町家保存活動団体「京町家なう、」を立ち上げ活動中。
趣味は、居合道・射撃・パラグライダー(休止中)・スキー。


PAGE TOP