AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

「PiKAPiKA >> Ka-Ta-Ka-Ta」
〜映像技術の生と死を見つめる〜文:トーチカ(ナガタタケシ+モンノカヅエ)

2017 05 27

懐中電灯などの光源の軌跡を焼き付ける事で絵を描くライトペインティングの技術を用いたプロジェクト『PiKAPiKA』や、アナログスチルカメラをレンズ部分に組み込んだオリジナルのフィルム映写機を用いた作品『Ka-Ta-Ka-Ta』など、映像技術に寄り添いつつ、時に俯瞰しながら、多様な作品を生み出してきたトーチカ。今回はお二人に、映像技術の変遷とトーチカの創作との関わりについて寄稿していただいた。

19世紀末に映画が生まれてから今日に至るまで、映像の記録・表示メディアには様々な変化があった。たとえば、私達トーチカが生きてきた30余年だけでも、記録メディアは、映画フィルムから「ビデオ戦争(※1)」を経て、ビデオテープ、光ディスクへと変化し、現在ではデジタルデータの動画ファイルによる管理が進み、映画フィルムやビデオテープは店の棚から消えてしまった。表示メディアは、テレビはブラウン管から液晶へと薄型になり、プロジェクターは小型化と高輝度化が進み、さらには立体視の3D映像の一般普及、VRやARのゴーグルの製品化と、技術の進歩に呼応して、日々多様に変化している。

今回は、これまで私達が制作してきた作品を紹介しながら、「映像技術の進歩と記録メディアの変化」=「映像技術の変遷」と私達との関わり方について解説していきたい。

目次

  1. 映像技術の変遷の流れに沿った作品たち
  2. 映像技術の変遷に対する眼差し
  3. Ka-Ta-Ka-Ta ― 映像技術の生と死を見つめる装置

※1)ビデオ戦争(ビデオせんそう)とは、ビデオテープレコーダや光ディスクに関する規格争いである。VTR創世期以降、さまざまな規格争いが展開されている。(“ビデオ戦争”.ウィキペディア日本語版.参照2017-05-16.)


トーチカ TOCHKA

トーチカ TOCHKA ポートレート

ナガタタケシとモンノカヅエの2人による映像および現代美術作家。1998年に京都造形芸術大学で協同制作活動をはじめる。空中に光で描くライトペンディング技法によるアニメーション作品を中心に、様々な手法で「活動絵画(=活動写真+絵画)」を生み出している。制作においては「実験精神」を掲げ、試行錯誤の中から、ハッピーアクシデント(偶発的な幸運な出来事)を誘う。芸術活動のほか、テレビコマーシャルやプロモーションビデオなどの制作も行っている。ナガタは大阪電気通信大学で准教授も務めている。
主な作品に「PiKAPiKA」(第10回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞、クレルモンフェラン国際短編映画祭LAB部門グランプリ)、「TRACK」(オランダ国際アニメーション映画祭ノンナラティヴ部門グランプリ・観客賞グランプリ)、最新作は、東アジア文化都市2017京都プロモーション映像「Time Travel Guide feat. Shing02」。

トーチカ オフィシャルサイト
http://tochka.jp/

東アジア文化都市2017京都プロモーション映像
「Time Travel Guide feat. Shing02」
https://youtu.be/ToAXqvTdeSg/


PAGE TOP