AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

アナザ・サイド・オブ
『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』文:杉原 永純(山口情報芸術センター[YCAM]キュレーター)

2017 07 18

「映画制作の自由を模索する」をテーマとする、山口情報芸術センター(以下、YCAM)の映画制作プロジェクトYCAM Film Factoryの第一弾として制作された映画監督 柴田剛の新作映画『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』(2017年7月21日(金)まで渋谷ユーロスペースにて上映中)。本記事では、同映画のプロデューサーであるYCAMの杉原永純氏に、同映画に関して、プロデューサーの目線から寄稿していただいた。文中では「『ギ・あいうえおス』メンバーそれぞれに別個の事実があり、そのあわいとしてこの映画が存在する」ということへの言及、及びその状況を生み出す制作体制に対する意識などに触れられており、そこに杉原氏の映画制作について批評が表れている。

『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』 スチル

『ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし』 スチル

先立ってAMeeTで公開された柴田剛(※1)監督インタビュー(※2)を大変興味深く読んだ。足掛け3年ぐらい柴田監督とは付き合っているが、今回の映画の原型になるアイディアもこの記事からいくつか知り得た。

プロデューサーとして、記事公開前にこのインタビューの原稿を確認したのだが、その際、私が編集者に伝えた「監督本人がインタビューで伝えたかったこと、監督が制作時に考えたこと、経験したことも全て真実であると思います。 しかし、一方で自分が傍で見て来たことも別個の事実としてあって、それが『ギ・あいうえおス』メンバーそれぞれにあり、そのあわいとしてこの映画が完成したような気がします。」という言葉をきっかけに、プロデュースした側から何らか記事を書けませんか、というお誘いをAMeeTよりいただいた。まだ自分自身クリアになっていない部分もあるが、プロデューサーからの返歌として、できる限り書いてみる。

目次

  1. 柴田剛監督指名
  2. 『堀川中立売』の「嫌な気持ち」
  3. 映画(人)として「振る舞う」ことから距離をとる
  4. バンドとして映画を撮る
  5. 「ギ・あいうえおス」の撮影現場と運動神経
  6. ギャグレベル

作品・上映情報

※1)1975年生まれ。映画監督。代表作『おそいひと』『堀川中立売』では国内外の賞を受賞。MVや映像作品も発表している。平成22年度愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品の制作作家に選出され『ギ・あいうえお ス ―ずばぬけたかえうた―』を制作。
TOY FILM PROJECT( 玩具映画及び映画復元プロジェクト )に参加。
主な受賞・出品に2005年 ハワイ国際映画祭 Dream Digital Award 受賞、第5回東京フィルメックス コンペティション 部門出品、2009年 ドイツ・フランクフルト日本映画祭(NIPPON CONNECTION 2011) NIPPON VISIONS AWARD(最優秀賞)受賞、第10回東京フィルメックス コンペティション部門出品などがある。
http://www.shibatago.com/


杉原 永純 SUGIHARA Eijun

杉原  永純 SUGIHARA Eijun ポートレート

1982年生まれ。福井県出身。東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻製作領域(現・プロデュース領域)修了後、2011年、東京・渋谷にオープンしたミニシアター「オーディトリウム渋谷」にてプログラム編成に携わる。2014年4月より山口情報芸術センター[YCAM]シネマ担当。「YCAMシネマ」や「YCAM爆音映画祭」など映画上映プログラムを担当すると同時に、柴田剛監督を第一弾作家として迎えた映画制作プロジェクト「YCAM Film Factory」では、プロデュースを行なう。
これまで、柴田剛「ギ・あいうえおス 他山の石を以って己の玉を磨くべし」(2016年/長編映画)、空族+スタジオ石+YCAM「潜行一千里」(2016年/マルチスクリーン・インスタレーション)、染谷将太「ブランク」(2017年/短編映画)、染谷将太+菊地凛子+金林剛+YCAM「ブランクVR」(2017年/インスタレーション)のキュレーションとプロデュースを行なっている。

山口情報芸術センター[YCAM] オフィシャルサイト
http://www.ycam.jp/


PAGE TOP