AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

実写映像が持つ無限の闇文:宮永 亮(映像作家)

2017 09 12

ビデオカメラでとらえられた実写映像素材のレイヤーを、幾重にも渉り重ねる手法を用いて作品制作を行う映像作家 宮永亮。今回は同氏が一貫して表現の素材として採用している「実写映像」について、小論を寄稿していただいた。近年、CGやARなどの新しいテクノロジーの出現により、相対的に不自由さ、不完全さが増した実写動画だが、その不自由さ、不完全さゆえに実写動画が新たに獲得したリアリティーとは。また最終頁では、この考え方がどのように同氏の表現において応用されているのかにも触れられている。

MOVING Live 2016 YYBY + 宮永亮 ライブ風景

"MOVING Live 2016" YYBY + 宮永亮 ライブ風景
2016年11月6日(日) METRO[京都]
photo by INOUE Yoshikazu

1. 実写表現とCG

本稿では、私が自身の表現の素材として採用している、「実写」について改めて考えてみたい。

現代の「動画」(moving image)という領域において、実写は決して唯一の選択肢ではなく、飽くまでもワン・オブ・ゼムの扱いである。例えば全ての素材がデジタル的に作られた、ベジェ曲線(※1)オブジェクトの2Dモーショングラフィックス、「不気味の谷」(※2)を超えつつある3DCG、オーディオビジュアルイベントに於いて、リアルタイムで音声に同期するインタラクティブな線描CG、などなど数多の例を挙げることができる。

Eadweard Muybridge『The Horse in Motion』

Eadweard Muybridge『The Horse in Motion』

「現代の」と述べたのには理由がある。かつての動画というものは、そうではなかったからだ。動画の歴史を遡れば、その始まりには「写真」と「アニメーション」がある。マイブリッジの『The Horse in Motion』の成り立ち(※3)や、ゾエトロープ(※4)という原始的な機器の存在を考えれば、実写(写真)の独立したフレームと、アニメーションという連続したフレームが融合されたことによって動画の歴史が準備されたことが見えてくる。そして動画の歴史には必ず、現実世界をレンズによって切り取るという「光学的な現実のトリミング」行為と、それがもたらす制約が付いて回ってきた。

一方で昨今のCGベースの表現の多くは、シミュレートされた仮想世界があり、そこにまた仮想のカメラのフレームを持ち込む、という順序でイメージが生成される。この仮想世界内では、「光学的な現実のトリミング」そのものがシミュレーションの対象となっていて、原理的にはほぼ無限と言ってよい、カメラワークと光条件の組み合わせがあり得ることとなる。

現状では、実写であれCGであれ、最も多くの人が目にする動画というのは基本的には同じフォーマットにおいて視聴される。ある画面アスペクト比の矩形、すなわち動画のフレームという窓を通して映像内の世界を覗き込むというものが基本となっている。いわば実写であれCGであれ(あるいはその混合であれ)、同じ土俵での勝負をしている、という状態だ。統一された視聴フォーマットの中で、前者と後者の手法の違いによる空間表現力は大きく異なってくる。単純にカメラワークと光の条件という観点から比較すれば、後者のアドバンテージは前者とは比べ物にならないほど大きいといえるだろう。CG世界のカメラは、その世界のいかなる場所にも瞬時に行くことができ、いかなるアングルからでも、過不足ない光量の元で動画のフレーミングを行うことができるからだ。そしてそれは何度でも(!)やり直しが可能な、可逆的なプロセスなのである。

では、そういった可逆性のアドバンテージを持たない実写表現は一体どのような意味を持つのか。それが今回、私が考えてみたい内容である。

※1)Adobe Illustratorなどのグラフィックソフトにて採用されている線の描画法。JPGなどのラスター画像と違い、計算式に基づきソフト上で描画される線のため、拡大、縮小した際にも輪郭の荒れが起こらない利点を持つ。

※2)映像においては、3DCGを使った人物描写のリアリティーが増して行く場合、ある一定のレベルを超えると突然その描写が人間に嫌悪感を抱かせるものとなり、さらにリアリティーを増し現実の人間と見分けが付かなくなればその嫌悪感か解消されるという、CG描写について人間への類似度とそのイメージへの感情的反応の関係を表すグラフに現れる顕著な特性の事を言う。

※3)『ウィキペディア日本語版』におけるエドワード・マイブリッジのページの項目「高速度撮影」「連続写真」参照。

”エドワード・マイブリッジ”.ウィキペディア日本語版.参照2017-04-17.

※4)静止画を素早く入れ替えることで、あたかも動いているかのように見せる器具。(”回転のぞき絵”.ウィキペディア日本語版.参照2017-04-17.)


宮永 亮 MIYANAGA Akira

宮永 亮 MIYANAGA Akira ポートレート

1985年北海道生まれ、京都市在住。 京都市立芸術大学大学院修了。平成23年京都市芸術文化特別奨励者。ビデオカメラでとらえられた実写映像素材のレイヤーを、幾重にも渉りスーパーインポーズする手法を用いて作品制作を行っている。それはモンタージュの様に素材の順時的羅列によるストーリーの提示ではなく、時間軸に対し、レイヤー構造という異なる方向を持つ軸をビデオアートに持ち込むことで、新たに合成されるなナラティブの枝を作品内に現出させようとすることであり、そして時間芸術の中での非時間性への模索でもある。主に現代美術の領域で、現代映像美術家としてビデオ作品、ビデオ・インスタレーション、スチル作品等の発表のほか、VJ活動やMV制作を行っている。 2015年には、作家事務所であり、映像/デザインプロダクションとして「ViDeOM」名義を立ち上げ、その代表・ビデオグラファー・映像編集者としてよりコマーシャルな領域へも目を向けている。

MIYANAGA Akira Official Site
http://akiramiyanaga.com/


PAGE TOP