AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

映画前史博物館 訪問記
―映像技術の生と死を巡る旅文・写真:トーチカ(ナガタタケシ+モンノカヅエ)

2018 02 09

映像技術に寄り添いつつ、時に俯瞰しながら、多様な作品を生み出してきたトーチカ。今回はお二人に、ドイツ西部にある映画前史博物館の訪問記を寄稿していただいた。記事内では、同館に展示されている映画が発明される以前の視覚的装置や、当時の人々が作り出したコンテンツなどを写真・動画付きで紹介している。また同時に、それらと現代の映像技術(VR、ストリーミング配信)との共通点に触れることで、「過去と現在がどのようにつながっているのか」について考察している。

文・写真(※1):トーチカ(ナガタタケシ+モンノカヅエ)

めまぐるしい映像技術の変遷の流れに沿いつつ、時に俯瞰しながら様々な制作スタイルをとってきた私達トーチカにとって、映像とは「光と闇、あるいは、生と死が繰り返される、鑑賞者が手に取ることのできないイリュージョンである」と、前回の記事(※2)でお話しさせていただいた。そして、「その生と死を見つめ続けていきたい」と締めくくった。

今回は、ドイツの映画監督であるヴェルナー・ネケス(※3)の発案により作られた、ドイツ西部のミュールハイム・アン・デア・ルールにある映画前史博物館(※4)を訪問した。同博物館は、貯水タンクに設置された世界最大(※5)の中に入ることができるカメラ・オブスクラと、1100点にもおよぶ、映画が発明される以前の視覚的装置の常設展示施設を有する。

記事を通して、映画が生まれる前何がおこっていたのかを、3つの視点で見つめ直し、そして現在とどのようにつながっているのか考察していきたい。

目次

  1. 写真機を「カメラ」と呼ぶ由来を知る
  2. 映画興行の源流をたどる
  3. もう一つの現実を作りだそうとしている様々な試み

※1)特に明記のない画像はすべて、博物館で筆者が撮影。その他はパブリックドメインの画像を利用。

※2)トーチカ 執筆.“「PiKAPiKA >> Ka-Ta-Ka-Ta」 〜映像技術の生と死を見つめる〜 ”.AMeeT.2018-01-06参照.

※3)ヴェルナー・ネケスは1986年に『フィルム・ビフォー・フィルム』という映画を作っている。同作は映画の発明に先立つさまざまな視覚的装置についてのドキュメンタリー映画で、私達が作品制作にあたっておおきな影響を受けた映画でもある。

※4)映画前史博物館に関しては、Wikipediaに詳しく書かれている。

※5博物館のホームページによる情報。1992年時点である可能性も有。


トーチカ TOCHKA

トーチカ TOCHKA ポートレート

ナガタタケシとモンノカヅエの2人による映像および現代美術作家。1998年に京都造形芸術大学で協同制作活動をはじめる。空中に光で描くライトペンディング技法によるアニメーション作品を中心に、様々な手法で「活動絵画(=活動写真+絵画)」を生み出している。制作においては「実験精神」を掲げ、試行錯誤の中から、ハッピーアクシデント(偶発的な幸運な出来事)を誘う。芸術活動のほか、テレビコマーシャルやプロモーションビデオなどの制作も行っている。ナガタは大阪電気通信大学で准教授も務めている。
主な作品に「PiKAPiKA」(第10回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞受賞、クレルモンフェラン国際短編映画祭LAB部門グランプリ)、「TRACK」(オランダ国際アニメーション映画祭ノンナラティヴ部門グランプリ・観客賞グランプリ)、最新作は、東アジア文化都市2017京都プロモーション映像「Time Travel Guide feat. Shing02」。

トーチカ オフィシャルサイト
http://tochka.jp/

東アジア文化都市2017京都プロモーション映像
「Time Travel Guide feat. Shing02」
https://youtu.be/ToAXqvTdeSg/


PAGE TOP