AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

KYOTO STEAM 特集「国際アートコンペティション スタートアップ展」第4回:斬新な発想で生み出された最新の西陣織で、自然現象がもつ“美しさ”を魅せるインタビュー:鈴木太朗(メディア・アーティスト)、福岡裕典(有限会社フクオカ機業)

2020 02 13

3. アナログとデジタルの融合を目指す

――作品に採用する柄は、福岡さんのほうから提案されるのでしょうか?

(福岡)
そうですね。こちらからいくつか提案して、最終的には鈴木さんにセレクトしていただいています。作品に採用する柄は、今回も伝統柄になる予定です。鈴木さんとの検討段階で、抽象的な柄だと、「流れる水の色が変わると、柄が変わる」ということが鑑賞者に伝わりにくいのでは?という話がありました。
そこで、第一弾では「青海波柄」と「亀甲柄」というなじみのある伝統柄を採用することで、西陣織らしさを盛り込みつつ、アナログな織物と最新テクノロジーがうまく組み合わさったこの作品のコンセプトをダイレクトに伝える工夫をしました。
今回は、着物の帯のように縦長い織物生地になることもあり、より西陣織らしさが出る伝統柄を提案しました。たとえば、この桜の柄は、弊社が得意とするカーボン繊維のテキスタイルで採用したものです。西陣の帯メーカーとしての技術を新たな分野で生かしていくためにも、今回の制作でも伝統柄で勝負するのが良いのではと思っています。

伝統的な桜柄。フクオカ機業が自社開発・販売するカーボン(炭素)繊維で織り上げたもの。
伝統的な桜柄。フクオカ機業が自社開発・販売するカーボン(炭素)繊維で織り上げたもの。

(鈴木)
3つ目のアップデートは、注水・排水システムの全自動化です。実は、前回はチューブに通す色水を排水タンクに集めてした後、再度注水するために、色水を注水タンクに手動で移し替えていたんです。ものすごくアナログな方法ですが、45分に1回ほど色水を移し替えました。実は福岡さんにも会期中、この地味な作業をかなり手伝っていただきましたよね(笑)。

(福岡)
ええ、一緒にがんばりましたね(笑)。今回は、織り上げるチューブが前回よりも、やや細くなるんですよね?

(鈴木)
そうなんです。2mmチューブを使用します。水圧によりチューブ内を色水が通るか通らないか、ぎりぎりのラインを探る調整が必要ですね。今回は織物生地が大きくなるのに加えて、水循環システムを組んで全自動化するために、織物に色水を通すための水圧バランスをより細かく調整していきます。全自動化を実現できたら、設置できる場所の幅がかなり広がるので、今後の展開が楽しみなんですが、この作品を公開するまでは、ひたすら実験。トライ&エラーの日々ですね。

2020年1月、鈴木太朗さんのアトリエでの実験風景。
2020年1月、鈴木太朗さんのアトリエでの実験風景。

――第二弾の『水を織る』を制作する中で、改めて感じたこの作品の魅力はありますか?

(鈴木)
やはり、水がもつ、いままで見たことのない表情を表現できることが大きいですね。今回のアップデートを経て作品はより複雑化していますが、技術的なことよりも、普段、身近にありふれている水にこんなにも美しい表情があったんだ!と、純粋に気づいてもらえたらうれしいです。チューブの中を色水が動くというシンプルな構造の作品だからこそ、水ならではの動きや流れ、移り変わりを感じてもらえると思います。
また、西陣織の技術を知ることで、伝統産業って実は、最新テクノロジーの積み重ねでできているんだと、私自身、気づくことができたのも良かったです。何百年と、そうやって進化してきた京都の伝統技術とコラボレーションするからこそ、いまの社会に対してアプローチできる可能性もたくさんあるんだ感じました。
フクオカ機業とのコラボレーションは、未知なことに挑戦するおもしろさと、達成できたときのやりがいがあり、2年目もこの取り組みを継続できたことを喜んでいます。世に無いものを一緒に作り上げる楽しさを、今回も福岡さんやフクオカ機業の皆さんと共有できるとうれしいです。

PROFILE プロフィール

記事の冒頭に戻る

鈴木太朗 | SUZUKI Taro

1973年東京都生まれ。2005年東京藝術大学博士後期課程修了。アトリエオモヤ代表。空間演出研究所所長。東京藝術大学美術学部デザイン科准教授。美術博士。主な展覧会に「日本の表現力」(2007年、国立新美術館/東京)、「鈴木太朗展・そして、舞う」(2004年、スパイラル/東京)。アトリエオモヤとして「動きのカガク展」(2015年、21_21 DESIGN SIGHT /東京)、「TOKYO FIBER’09 SENSEWARE」(2009年、イタリア、イスラエル、東京他を巡回)。空間演出研究所として「TOKYO 数寄フェス」(2016年、不忍池/東京)。チーム合作として「The Book in The Sea」(2018 年、欧州文化首都/マルタ共和国)。主な受賞に東京藝術大学大学院修了作品野村賞(2005年、東京藝術大学)、「第7回文化庁メディア芸術祭」奨励賞(2004年、文化庁)、「NHK デジスタアウォード」グランプリ(2003年、NHK)。2012年にシャルル・ド・ゴール空港に常設作品設置。

鈴木太朗 公式サイト

有限会社フクオカ機業 | Fukuoka Weaving Co., Ltd.

京都西陣において、時代を先駆ける織物開発を行ってきた西陣織製造企業。伝統的な西陣織の技術・ノウハウを生かした「高性能繊維/ハイ・ファブリックス」の開発・製造を手掛ける。近年はシャトル織機を改良し、炭素繊維などによるハイテク織物の製造を行う。また、炭素繊維に他の繊維を組み合わせ、意匠性の高い特殊織物を開発することにも成功し、自動車、産業資材、鞄等のファッション分野まで多岐にわたる商品を製造している。

有限会社フクオカ機業 公式サイト

PAGE TOP