AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

財団助成イベント「MOVING Live 0 in Kyoto(京都公演)」レヴュー寄稿:小吹隆文(美術ライター)
撮影:井上嘉和

2014 10 06

映画やプロモーションビデオなど従来的な意味での作品だけでなく、ファインアートとしても独立したポジションを確立しつつある映像表現。そこに音楽を掛け合わせ、ライブパフォーマンスとして提示したらどうなるか。京都・五條會舘で「MOVING Live 0」は、新たな可能性に満ちた冒険であった。気鋭の映像作家とミュージシャン4組が繰り広げた舞台の模様を報告する。

イベント名: MOVING Live 0 in Kyoto(京都公演)
出  演: 柴田剛 + 池永正二[あらかじめ決められた恋人たちへ]、宮永亮 + 志人
山城大督 + swimm、浦崎力 + てあしくちびる ※ミュージシャンとして参加。
日  時: 2014年9月6日(土) 14:30open 15:00start
会  場: 五條會舘(京都市下京区西高瀬川筋五条下る平居町61)
主  催: MOVING 実行委員会
共  催: 京都芸術センター
協  力: みずのき美術館
助  成: 一般財団法人 ニッシャ印刷文化振興財団、公益財団法人 花王芸術・科学財団、公益財団法人 三菱UFJ信託地域文化財団
URL: http://moving-kyoto.jp/

2015年2月に開催予定の映像芸術祭「MOVING 2015」。このイベントは、デジタル技術の発達やメディア環境の変化により年々存在感を増している映像表現の現在と、その可能性を提示することがテーマとなっている。過去には、2011年に2度のプレイベントが、続く2012年には第1回が開催され、「MOVING 2015」は第2回に当たる。そして、来たる第2回の約半年前に当たる2014年9月に京都・五條會舘で行われたのが「MOVING Live 0」だ。

「MOVING Live 0」の特徴は、ビジュアル×サウンドをコンセプトとしたライブパフォーマンス・プログラムであることだ。出演者は、映画監督や映像作家などのビジュアルアーティスト4名と、それぞれ異なるジャンルとスタイルで活動するミュージシャン4組。彼らが1組ずつユニットを組み4つの共演を果たすことで、分野を超えたスペシャルなコラボレーションを実現しようというのだ。

公演が行われた9月6日はあいにくの雨だった。会場の五條會舘は築100年前後とも言われる木造の古い建物で、かつては歌舞練場として使用されていた歴史を持つ。舞台には花道があり、左右両サイドには提灯が並ぶ伝統的な日本の劇場スタイルをとどめているが、現在は多目的のイベント会場として用いられ、平時は公開されていない。空調は一応設置されているが、お世辞にも十分とは言えず、当日は蒸し風呂のような悪条件のなかでライブパフォーマンスが繰り広げられることとなった。

sample1

五條會舘 photo by INOUE Yoshikazu


小吹隆文 KOBUKI Takafumi

小吹隆文 KOBUKI Takafumi

美術ライター。約15年間の情報誌編集部勤務を経て、2005年よりフリーランスで活動。主な活動媒体は、京都新聞、Richer、Lmaga.jp、美術手帖、artscapeなど。ブログ「小吹隆文 アートのこぶ〆」(休止中)、ツイッターで自らの発信も行っている。

小吹隆文 アートのこぶ〆
http://blog.livedoor.jp/artkobujime/

twitter公式アカウント
http://twitter.com/#!/kobukitakafumi


井上嘉和 INOUE Yoshikazu

井上嘉和 INOUE Yoshikazu

1976年生まれ。自分の身の回りで鳴る音、表現を定着していくことを目的とした活動を軸に、写真機を使った表現活動を行っている。日本、海外の様々なアーティストから信頼され、アンダーグラウンド、メジャー問わず撮影しているカメラマン。


PAGE TOP