AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

“sonihouse”が目指す音楽の場寄稿:鶴林 万平(sonihouse)

2014 03 16

スピーカーを媒介に音と空間、そして聴き手を有機的に結び付け、そこに豊かな音楽的循環を生むことをコンセプトに活動を続ける"sonihouse(ソニハウス)"。今回は音響設計・製作を担当する鶴林 万平さんに、「"sonihouse"が目指す音楽の場」についてご寄稿いただいた。

1. "sonihouse"とは

"sonihouse"は12面体スピーカー"scenery(シナリー)"をはじめとするオリジナル/オーダースピーカーの受注・製作・販売をしています。また"scenery"を介して人と音楽が出会う場を企画したり、"scenery"を使用したライブの音響を請け負っています。

音響設計・製作を担当する鶴林が、京都の美術系大学を卒業後、「音響再生と空間の不分立」をテーマとして12面体無指向性スピーカーの製作を手掛けたことが活動を始めたきっかけです。当時は"soni sound project"という名前で、12面体スピーカーの製作と、12面体スピーカーを使用したライブパフォーマンスやインスタレーション、ワークショップなどを行っていました。

"sonihouse"という名前は、音そのものを表す言葉「sonic」、音が生じるという意味の言葉「soniferous」の"soni"と、「自宅=house」を合わせた造語です。自宅を音響機器が固定された器としてとらえ、理想の音響環境を生活空間に構築し、観客をその場に招くことで、"soni sound project"がさらに発展すると考え、"sonihouse"としての活動を開始しました。

スピーカーから再生される音は、音源(ソース) - アンプなどのオーディオ機器 - スピーカー - 空間 - 聴者へと伝わり、すべては強く影響しあう一つの「系」となります。このとき、スピーカーは中点となる重要なポジションを担います。部屋の壁面・天井・床、それぞれの吸音と反射の比率。機器を設置する床の強度。形状から、気温・湿度・その他...あらゆる要素が複雑に影響しスピーカーからの再生音を左右します。

それは単純な足し算・引き算ではなく、時間を経て淘汰と安定を繰り返し変化する生態系に似ています。空間は住人により観察され、吟味され、バランスを細かく調整されます。そういった時間と手間をかけた音響空間を個人で完結するのではなく、場として他者に開放し共有することで、音楽と音をめぐるコミュニケーションの問題にもう少し踏み込んでいけるのではないかと考えたのです。

現在では、もうすでにミュージシャンが大きなホールや有名なライブハウスで演奏することを目指すような時代は終わったのではないかと考えています。生楽器でも電子音を中心とした手法でも、静的な音楽を演奏する場にS/Nの良くない(騒音の多い)演奏会場は向いていません。演奏家も観客も、小規模でも、その繊細な音楽をうまく表現できる質の高い音響環境を欲しているのではないでしょうか。

もっと親密で音に集中できる環境。
大音量ではなく小音量の美しさが際立つような、演奏者と聴衆が静寂を共有し合うような美しいライブ。
私たちはそんな音楽体験との出会いを実現してみたい。
そうすることで演奏家、聴衆、そして演奏空間の3つが有機的に結びつき豊かな循環を生む。そこに理想的な音楽が現れるものと考えます。

家宴 -IEUTAGE- vol.10 On the Corner

2012.2.18 『家宴 -IEUTAGE- vol.10 On the Corner』 @sonihouse(奈良)
出演:安藤雅信(ギャルリ百草廊主、陶作家)、中上修作(古美術 中上)
料理:森田三和(MIA'S BREAD)

トウキョウの家宴 vol.2 maltiform

2012.6.10 『トウキョウの家宴 vol.2 maltiform』 @AKICHI RECORDS(東京)
出演:evala(port主宰、ATAK所属)、高橋健太郎(文筆家/音楽制作者)、
山崎真央(AKICHI RECORDS) 料理:トラネコボンボン (撮影:後藤武浩)


鶴林 万平 TSURUBAYASHI Manpei
(sonihouse)(音響設計・製作)

鶴林 万平 TSURUBAYASHI Manpei

1975年
大阪生まれ。京都造形芸術大学 美術学部洋画コース卒業。2001年より美術作家として活動する。

2004年
12面体スピーカー開発をはじめる。

2006年
スピーカー製造専業メーカーに就職、市販スピーカーの企画、設計、製造に携わる。その傍ら2007年より奈良の自宅を拠点にsonihouseとしての活動を始める。

2010年
電子音 vs 自然音という二項対立の消滅した音をコンセプトに設計された12面体同軸・無指向性スピーカー"scenery"(シナリー)を完成させる。

sonihouse WEBサイト
http://www.sonihouse.net/


PAGE TOP