AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

「複製技術の演劇」私論寄稿:あごう さとし(劇作家・演出家・俳優・ロボット演劇オペレーター)

2013 11 20

デジタルデバイスや特殊メイクを使用した演劇作品を制作するあごう さとし氏に、現在の創作活動における主題である「複製技術の演劇」について論じていただいた。なお、あごう氏は演劇の複製可能性を検証することを目的とした「パサージュ」シリーズの新作『-複製技術の演劇-パサージュⅢ』を2013年11月22日~11月24日(こまばアゴラ劇場/東京)、2013年12月20日~12月22日(大阪府立江之子島文化芸術創造センター/大阪)の期間上演する予定。

1. なぜ一人でやるか

現在、「あごうさとし」という個人名で表現活動をしています。2011年に所属していた劇団が解散した時に考えたことは、「私は集団があるから、演劇をやっているのだろうか?」ということです。同時に、「どのような状況にあっても、私は演劇をやっていくのだろうか?」或いは、「芸術とは個によって始められるものではないのか?」ということを自分自身に問いかけました。そして、「折角一人になったのだから、どこまでやれるか試してみよう」と思い立ったのです。
一人で演劇活動をするといっても、一人芝居を上演するということではなく、複数人の登場人物がいる作品に取り組むことを目指しました。
そのアプローチの一つが「デジタルデバイスと生の身体の関係」です。作品創作の一助としてのデジタルデバイスではなく、相手役として存在することは可能か? ということを考えました。


あごう さとし AGO Satoshi

あごう さとし AGO Satoshi

劇作家・演出家・俳優・ロボット演劇オペレーター。
大阪府出身。
同志社大学法学部卒業。広告会社でコピーライターとして勤務。退職して、2001年、WANDERING PARTY の旗揚げに参加。第3回公演以降、全ての作品の作・演出をつとめる。2011年劇団解散後は、利賀山房で上演したイヨネスコ作「授業」を皮切りに、「複製技術の演劇」を主題にデジタルデバイスや特殊メイクを使用した演劇作品を制作する。昨今は、平田オリザ氏が手がけるロボット演劇のロボットオペレーターとしての活動も加わる。
本年7月31日より初の映像インスタレーション作品「nothing at all」をアテネContemporary Art Meeting Pointにて展示。2014年9月よりアトリエ劇研ディレクター(芸術監督)就任予定。

2010年度京都市芸術文化特別制度奨励者
2013--2014年度公益財団法人セゾンフェロー対象者

神戸芸術工科大学非常勤講師/京都造形芸術大学非常勤講師/天理医療大学非常勤講師/心斎橋大学講師

受賞歴
日本演出者協会主催「若手演出家コンクール2007」最優秀賞受賞
「利賀演劇人コンクール2012」奨励賞受賞

あごう さとし WEBサイト
http://www.agosatoshi.com


PAGE TOP