AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

プログラミングを用いた映像制作のコツ 第1回 ~パタンの組み合わせと繰り返し~文:神田 竜/Kezzardrix(アーティスト)

2013 08 31

さて、もちろんプログラミングは何かを「自動的」にやるのが得意だ。しかしその自動化は手付けできることを代替するのではなく、自動的な処理ではないと表現できないようなことに対して使った時、初めて効果的になるだろう。

というわけで、本稿では筆者がプログラミングで映像を作る時によく使うアプローチを紹介しようと思う。筆者はKezzardrixという名前でライブビジュアルとかVJとか何か色々やってる人である。もちろん、プログラミングを使った映像制作には様々なアプローチがあるし、筆者が本稿で示すものはその1例でしかない。が、多分どこかの部分は他のアプローチにも転用可能だし、どこかの部分は他のアプローチでもすでに確認できる事項だと思う。

ひとまず、作者がこの原稿用に作ったジェネ系ネタの映像を見てみよう。openFrameworkで組んだものに、Yaporigami ※8 氏のHz records ※9 から出ている楽曲を突っ込んでintensity extreme ※10 で一発撮りしたものだ。

Generative Visual Example from Kezzardrix on Vimeo.

世間一般、と言って良いかわからないが、ジェネ系では割と基本的な表現技法の3Dワイアフレーム音反応バキバキ系だ。さて、openFrameworksやMax6の基本を覚えた初心者がこの映像を見せられて、さあこれを参考に音反応系の映像を作って下さい、と言われて出来るだろうか?多分結構キツい。このまま丸投げで学生の課題として与えたら死屍累々になるのは良く知ってる。

※8 日本と英国を拠点に活動する電子音楽家Yu Miyashitaによるビートミュージックプロジェクト。
Official Site UNDERARROW

※9 Hz-recordsはPakcheeとwk[es]が主宰する電子音楽レーベル。「2010年型の新しい音楽スタイルを東京(日本)から発信すること」「東京(日本)から世界に輸出すること」「新たな才能の発掘とチャンスを与えること」「電子音楽シーンの発展と育成」を目標/目的としている。
http://www.hz-records.com/

※10 Black Magic Design社による、AVキャプチャー。コンピュータの画面と音を同時にリアルタイムレコーディングできる。録画用のコンピュータが別に必要。この手の製品では比較的安い。
http://www.blackmagicdesign.com/jp/products/

PAGE TOP