AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

プログラミングを用いた映像制作のコツ 第1回 ~パタンの組み合わせと繰り返し~文:神田 竜/Kezzardrix(アーティスト)

2013 08 31

ここまではopenFrameworks本にも載っている簡単なコードですぐ書けるし、どんな動きが出てくるか簡単に予想できると思う。
が、例えばこの3つを組み合わせて同時に音に合わせて動かすと何が起きるだろう。下記のリンクでは3つの「動きのパタン」の各パラメータを少しずつ変化させることで、「動きのパタン」を同時に適用している様が確認できる。

sample2 from Kezzardrix on Vimeo.

どうだろうか。最初の個別の「動きのパタン」を見ていた時からはちょっと予想できなかった動きが出てきたのではないだろうか。

ここまで来るとプログラミングを使って映像制作をするメリットが少し見えてくる。手付けだけでの映像制作では、「移動」の「X方向」への反応をちょっと修正しよう、と思っただけでも割と大変だと思う。ましてや、制作中の画面を覗き込んだ上司やクライアントが、あ、これバスドラ一発毎にランダムな動きにしといてよろしく!とか言い放って去っていったら最悪だ。しかし、プログラミングを使えばこれが出来る。しかも、リアルタイムに映像を動かしながらできる。

それから先に述べたように、プログラミングは「自動的」に何かを行うことが得意だ。次にここで「移動」「回転」「スケール」それぞれのパラメータの音への反応具合を、自動的にランダムで変更するようにしてみよう。変更するタイミングはある一定以上の音が入力された瞬間だ。ついでに「プリミティブス」が「ワイアフレーム表示」か「ポリゴン表示」かの切り替えもランダムにした。

sample3 from Kezzardrix on Vimeo.

こんな風に、単純な動きをまず組んでおいて、その組み合わせとパラメータをリアルタイムかつ自動的に変更出来るのがプログラミングでの映像制作における強みである。もちろん上に挙げた例以外にも様々な単純な動きが考えられると思う。

PAGE TOP