AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

プログラミングを用いた映像制作のコツ 第1回 ~パタンの組み合わせと繰り返し~文:神田 竜/Kezzardrix(アーティスト)

2013 08 31

今回は完全にランダムに組み合わせを行う感じにしたが、膨大な組み合わせからかっこいいものを探して取り出すところに、作家性のようなものが宿らないかなーなんて思って日々制作している。

本稿では、最終出力からは複雑に見える映像も、単純な動きをプログラミングし、その組み合わせで実現できることを示した。複雑な出力を得るのに複雑なプログラミングは必ずしも必要ではないわけで、単純なルールの組み合わせから多様なバリエーションを作り出せることが、プログラミングでの映像制作の醍醐味である。で、それをリアルタイムに回して色々試し、作者にも予測出来ない映像がポッと出てくる瞬間に立ち会うとアガる。本稿で、少しでもプログラミングでの映像制作に興味を持ってもらえる人が増えれば幸いである。

PROFILE プロフィール

記事の冒頭に戻る

神田 竜 | RYO Kanda/Kezzardrixプログラマ/アーティスト

アーティスト/プログラマ。Kezzardrix名義でインタラクティブな映像と音楽、モバイルデバイスを用いたパフォーマンス等を京都、大阪を中心に行う。VJとしては、関西のクラブを中心に活動しながら、SonarSound Tokyo等の大規模フェスにも出演。映像メンバとして参加する「SjQ++」では、2013 Ars Electronica Awards of Distinctionを受賞。アート作品や、デジタルサイネージ、iOSアプリ、テレビ番組等におけるインタラクティブな仕掛けのサポートプログラマとしても多岐に渡る活動をしている。他の賞歴として文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品や学生CGコンテスト優秀賞等。映像作家100人 2013選定。openFrameworksやMax6等の講師としても活動している。

PAGE TOP