AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

iPhone アプリでつくる未来
PIT システムの可能性文:木村 亮介(株式会社GOCCO)

2010 08 09

岐阜県大垣市に在る情報科学芸術大学院大学/岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー、通称「IAMAS(イアマス)」は、科学と芸術の融合により新しい文化を発信する教育研究機関である。IAMAS出身のベンチャー企業であるGOCCO社から、iPhone アプリを核としたビジネスソリューションへの取組みを寄稿いただいた。

なぜ iPhone アプリなのか

岐阜県大垣市に在る情報科学芸術大学院大学/岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー、通称「IAMAS(イアマス)」は、科学と芸術の融合により新しい文化を発信する教育研究機関である。大学院、アカデミーともに一学年20~30 名程度の少数先鋭型教育であり、未来を見据えた学生たちが様々なカタチでのイノベーティブな研究開発を行っている。もともと高度情報化を政策とする岐阜県が、県の情報産業拠点であるソフトピアジャパンとともに設立し、「情報」「科学」「芸術」の各分野から第一人者である教授陣が結集し、学生たちの自由な発想を伸ばすための高度な指導を行っている。
弊社はIAMAS の学生で起ちあげたベンチャー企業であり、IAMAS から生まれる様々なアイデアやプロダクトを社会に展開していきたいというコンセプトを持っている。起業のきっかけとなったのは、弊社技術顧問である赤松正行氏(現IAMAS 教授)が発足した「iPhone 勉強会」というプロジェクトへの参画で、そこでは、教員と学生たちが一丸となってiPhone アプリについて様々な角度から検証を行い、自身でのアプリ開発の実践・販売までを目的に研究開発していた。他大学の教員、学生、また学外の人間も参加するようになったiPhone 勉強会は「モバイルカフェ」というオープンなフォーラムに形を変え、毎週多岐にわたる業種・分野の人々が参加し、意見を交わし合い交流する場となっている。様々な人々との交流の中、iPhone アプリが各分野でのビジネスソリューションになり得ると考え、弊社が誕生した。

株式会社GOCCO

木村 亮介 KIMURA Ryosuke

木村 亮介 KIMURA Ryosuke

1979 年、名古屋市出身。
愛知教育大学教育学部美術科にてグラフィックデザインを専攻する。卒業後、東海大日本印刷株式会社(現株式会社DNP東海)にてディレクター業務を3年半勤めた後に退社、中国からアフリカまで1年半の間、世界中をバックパッカーとして旅する。現在IAMAS(情報科学芸術大学院大学)メディア表現研究科2年生。赤松教授のiPhoneプロジェクトを初め、GUNGUプロジェクトなどに携わりながら、コミュニケーションに関するインターフェイスデザインについて研究中。大学院での研究と地域産業の連動したモノづくりを目指し、大学院の仲間と株式会社GOCCO.を設立。同社代表取締役。

株式会社GOCCO. 

http://goccojapan.com

PAGE TOP