AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

繊細な色表現を可能にした照明システム 「デジタルカラーライティング」文:品川育代(カラーキネティクス・ジャパン株式会社)

2010 05 17

90年代後半から、それまでの照明技法とは全く異なるLEDと制御技術を核とした新しい照明概念・手法が実現されている。さまざまな商業施設はもとより、コンサートやイベントでの照明や、コンテンポラリー・アートの領域でも盛んに用いられているその技法こそ「デジタルカラーライティング」である。

はじめに

夕暮れから夜にかけて東京の街を歩くと、百貨店や駅ビル、ブティック、ショールーム、ゲームセンターなど、多様な商業施設の外壁に、カラフルな光を目にすることができる。その表現はさまざまだ。遠くからも視線をとらえる鮮やかな色、限りなく白に近い淡く柔らかな色、中には、ゆるやかに色を変えていくものもある。

照明の分野においてカラフルな光を取り入れたい場合、10年ほど前までは、着色された電球や蛍光灯を使う、あるいは、白い電球や蛍光灯にカラーフィルターを組み合わせる、ネオンを使う、といった手法がとられていた。

照明分野に定着したこうした手法とは全く異なる照明システムが、1997年、アメリカで発表された。LED(発光ダイオード)と制御技術を核とし、カラフルな光の照射を可能とするそのシステムは、「デジタルカラーライティング」と呼ばれ、アメリカのみならず、日本を含むアジアやヨーロッパの照明の分野に革命ともいえる大きな変化をもたらした。

このデジタルカラーライティングについて、その開発された経緯、技術概要、特徴、課題を説明する。

目次

  1. 開発者の思い:「カラフルな光を、誰もが簡単に扱えるように」
  2. 「デジタルカラーライティング」という言葉
  3. デジタルカラーライティングの特徴
  4. デジタルカラーライティングの構成要素
  5. デジタルカラーライティングの主な構成要素(1) LED(発光ダイオード)
  6. デジタルカラーライティングの主な構成要素(2) 光を制御する技術
  7. デジタルカラーライティングの用途
  8. デジタルカラーライティングの普及の背景
  9. 今後の課題

(製品4点)デジタルカラーライティングで用いられる代表的な照明器具。100m以上先まで照らせる投光器、角型スポットライト、棒型ライト、小さな発光部がひも状に連なったものなどがある。いずれも光源は赤、緑、青のLEDであり、器具自体にマイクロプロセッサーが内蔵されている。


品川育代 Ikuyo Shinagawa

カラーキネティクス・ジャパン株式会社  広報

品川育代 Ikuyo Shinagawa

大学卒業後、照明メーカーに入社。1998年、上司の大槻清(現在、カラーキネティクス・ジャパン(株)代表取締役社長)がアメリカのカラーキネティクス社と出会ったことをきっかけに、日本におけるデジタルカラーライティングの事業立ち上げに参画。 2001年にカラーキネティクス・ジャパン(株)が設立されて以来、マスメディアや広報誌、ウェブサイトなどを通じて光表現の可能性を伝えるとともに、アーティストや文化施設とのコラボレーションを担当している。


PAGE TOP