AMeeT
TECHNOLOGY

テクノロジー

ホテル アンテルーム 京都内に誕生
映像作品鑑賞に特化した“kumagusukuルーム”

2016 08 09

「京都のアート&カルチャーの今」を発信するホテル アンテルーム 京都が2016年7月14日、リニューアルオープンした。リニューアルの一環として8つのコンセプトルームが新設されたが、その内の1つであるKYOTO ART HOSTEL kumagusukuが手掛けた“kumagusukuルーム”は、4K対応のTVモニターを導入、長時間の映像鑑賞に最大限配慮しているなど、映像作品鑑賞に特化した空間となっている。本記事では、そのコンセプト、空間、特長などを紹介していく。

文:中本 真生(UNGLOBAL STUDIO KYOTO)

1. ホテル アンテルーム 京都のリニューアルオープン

「京都のアート&カルチャーの今」を発信するホテル アンテルーム 京都(※1)が、新たなコンセプトと共に67室を増室。2016年7月14日、リニューアルオープンした(※2)。リニューアル後は、「365日アートフェア」をコンセプトに、彫刻家 名和晃平が率いるSANDWICH(※3)のアートディレクションのもと、70組余りのアーティストによる200点以上もの作品が、館内の至るところに展示されている。作品は購入することもでき、展示作品は常に入れ替わるという。

ギャラリーノマルが手がける庭付ツインルーム(展示作品:木村秀樹) 画像提供:ホテル アンテルーム 京都

ギャラリーノマルが手がける庭付ツインルーム(展示作品:木村秀樹) 画像提供:ホテル アンテルーム 京都

金氏徹平によるコンセプトルーム(ツイン)  画像提供:ホテル アンテルーム 京都

金氏徹平によるコンセプトルーム(ツイン) 画像提供:ホテル アンテルーム 京都

中でも新設された8つのコンセプトルームでは、名和晃平、蜷川実花、ヤノベケンジ、金氏徹平、宮永愛子など世界的に活躍するアーティストたちが手掛けた空間が展開されている。その内の1つである、KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(※4)が手掛けたコンセプトルーム“kumagusukuルーム”について、そのコンセプト、空間、特長などを紹介していく。

※1)京都駅の南側に位置する専修学校をリノベートして生まれたホテル&アパートメント。2011年オープン。運営はUDS株式会社。館内には、ギャラリー・朝食レストラン・バーを併設し、さまざまな活動を通じて常に変化する「京都のアート&カルチャーの今」を発信している。
http://hotel-anteroom.com/

※2)リニューアルの詳細は以下ページ参照。
http://hotel-anteroom.com/press/

※3)京都市伏見区の宇治川沿いにあるサンドイッチ工場跡をリノベーションすることで生まれた創作のためのプラットフォーム。代表は彫刻家の名和晃平。
http://sandwich-cpca.net/

※4)“アート”と“ホステル”を合わせ、展覧会の中に宿泊し、美術を“体験”として深く味わうための宿泊型アートスペース。2014年四条大宮にオープン。運営は美術家の矢津吉隆。展覧会は、年一回のペースで開催され、その度に全く違う宿泊空間に変貌を遂げる。
http://kumagusuku.info/


PAGE TOP